本を読んで土用を知る

「オーク200古本祭り」売り上げの各書店への分配作業で大阪古書会館へ。

大切な売り上げをお預かりしていた訳ですから、慎重に間違いないように確認、チェックしながらお金を封筒に入れて作業完了。

次回は11月21日(金)~27日(木)の開催になります。

土用が各季節の終わりにあることを最近ハッキリと知りました。夏の土用以外に、春や秋にもあるらしいことは何となく知っていましたが、正確ではなかったのです。

中国で四季感覚が定着した後に五行思想(木、火、土、金、水をエレメントとする世界観)が勃興し、それぞれ春(木)、夏(火)、秋(金)、冬(水)と割り当てて、残った土には春夏秋冬のそれぞれ終わりの17日を割り当てて季節の変わり目の意義を持たせたそうです。可哀想に土だけ四つに分割されたわけです。したがって本来、夏の土用は夏ではなく、いわんや夏の最も暑い日でも無いのだそうです。

何がなんでも四季と五行を一致させようとしたようで無理を感じます。

宮崎市定先生の本で知りました。




大阪、堺市、羽曳野市、泉佐野市など、大阪南部方面は当店の苦心の重点施策地区です。真夏の前に古本、古書や、蒐集品、資料等の売却をお考えでしたら、ぜひとも大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にご相談下さい。現在日曜祝日一切なしで無料出張買取しています。見積もりも無料。実績膨大。新しい本、古い本、古書、文庫、単行本、一般書、専門書、美術館関係書、漫画等、ご遺品などを、誠実に求めています。(しかしながら、極僅かに一部の、日本文学全集、世界文学全集など買い取りできない本や雑誌がございます。ご了承ください。そして汚れた本や書き込みが激しい本なども買取価格が少し安くなったりする事があります。) 古書・古本出張買取を強化しております。宅配買取も絶賛受け付け中。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。ご遠方からの宅配買取も歓迎。送料着払い。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

このページの先頭へ