次は何?

元号が変わるので、何やかやと議論されているそうですが、いろんな方面で影響が言われています。

昔は報道各社がスクープ合戦をして「大正」の後は「光文」に決定とニュースに流れて、あわてて「昭和」にしたのは有名な話ですが、今回も何例かが候補になるらしいです。

決定に際しては、漢学者や歴史学者、国文学者や哲学者さんなどが動員されるのでしょうが、その学者間の嫉妬や、やっかみなどを調整するのが一苦労だとも聞きます。

もう、いっその事、理系の学者も混じればいいと思います。

漢字2字は絶対なんでしょうかね。1字や3字なんてのも、斬新かも。

西暦一本のほうが便利かもしれませんが、

    降る雪や 明治は遠く なりにけり

みたいに、文学的な感性と強く結びついて、シンボライズされる運命の元号。

「平成」発表時に感じたような変な違和感をもう一度味わえそうです。



芦屋市で御蔵書、資料、コレクション、骨董の整理や、売却などをお考えでしたら、是非とも大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお電話、メールをください。スタッフ一同お待ちしています。溜まった本を整理して、広くなったお部屋で気持ちよくエンジョイ生活しましょう❢只今広範囲に本を求めています。買取実績極めて多数です。千冊、万冊単位の買取、いつでもお受けしています。古書・古本出張買取を強化しております。休日なしで、連日、無料出張買取行っています。お客様のご自宅、会社にお伺いします。夜間買取歓迎。早朝も大歓迎です。適正に査定。誠実に買い入れ。高価買取いたします。お客様は決して何もして頂く必要はありません。本箱に入れたままで結構です。遺品買取、大量買取もお申し付けください。荷造り資材など無料でご用意します。最適のご提案をさせていただきます。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。休日なしの無料出張買取見積もりしています。ご遠方のお客様からの宅配買取絶賛大歓迎。ご遺品整理や、会社整理、お蔵整理も承ります。大量買取得意です。専門スタッフが懇切丁寧に、無料査定いたします。お客様に最適の方法をご提案いたします。特に泉州地域は当店が担当しています。空前絶後の買取をします。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

このページの先頭へ