闘牛とハンニとマッカーサー

先日の出張買取の中に、昔、大阪で出ていた夕刊紙「新大阪」の昭和22年1月から半年分のコピー合本がありました。

パラパラめくっていると、新大阪新聞社主催「南予闘牛大会」の記事がでかでかと何日も掲載されているのが目に付きました。

あー、これが井上靖の芥川賞受賞作品「闘牛」のモデルになった大会やな、と思い出しました。

この闘牛大会は、当時起こった地震の救援金を集めるために同社の小谷正一が企画し、昭和22年1月25日から27日まで西宮球場で開催されて、大変な評判だったものです。大会の前から終わるまで、連日大きなスペースに闘牛の写真や記事をたくさん載せた為、「牛新聞」と当時言われたらしいです。

井上は、実際の大会の経緯をほとんどそのままに物語を展開して、小谷をモデルにした主人公の恋を小説の筋にからめました。

井上靖は小説では、期待の最終日の日曜に雨が降り、興行的には失敗として小説をほろ苦く終えていますが、実際は最終日の翌日月曜も闘牛試合をしていて大成功にも見えます。

現資料(コピーですが)に当たると、いろいろなことが判ってきます

ちなみに同時期の記事として、作家、相場師、新聞社オーナー、愛国者、反戦家など複雑な顔を持ち姿をくらましていた伊東ハンニが突然現れたことや、2月1日にはマッカーサーがゼネストを中止させたリ等が載っていて、戦後の落ち着かない世相が実感できます。

この夕刊「新大阪」全体を扱ったのが、足立巻一さんの小説「夕刊流星号」です。

四條畷市の古本買い取りは池崎書店にお任せください。ご不要の古本や資料等の整理をなさいませんか。どうか大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお電話、メールしてください。20年以上の多数の買取実績がございます。お客様のご自宅、書庫、物置、会社、倉庫、御蔵にお伺いいたします。冊数が少なくてもご遠慮なくご相談ください。高価買取実施中。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。出張料、見積料、梱包代などすべて無料です。空前絶後の買取を目指します。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

このページの先頭へ