筑摩書房、偉い

先日、筑摩書房の昔の世界文学大系で、予定されていた作品が収録されなかったことを書きました。

無責任な会社だという印象を与えるといけません。

筑摩書房は後から出版した「筑摩世界文学大系」という全集の「コンラッド」の巻に、問題の「ノストローモ」をちゃんと収録しています。

約束はいつか果たす会社なのです。

ただ、このコンラッドの巻は今、文学全集の端本に似合わぬ、かなりの高値を古書業界で呼んでいるようです。「ノストローモ」の日本語訳が読めるのは、この巻だけだからです。どんな小説かは、古本屋で探して読んでください。

ちなみに映画「エイリアン」に登場する宇宙貨物船の名前が「ノストロモ」だったこと、映画の好きな人はご存知ですよね。


芦屋市の古本出張買い取りは、池崎書店にお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。何はともあれ一度、お気軽にご連絡ください。


タグ

対称

先日、ふと手にした「仏典をよむ」という新潮文庫を読みかける前に、著者の末木文美士さんの名前に気をひかれました。

なかなか珍しいお名前です。姓も名も。

「すえきふみひこ」とお読みするとのこと。

そしてお名前の漢字は5文字すべて左右対称です。

4文字名前では結構あるのですが、5文字すべては珍しいのではないでしょうか。

私の名前など、1字も左右対称がないのです。

だからどうなんだ、と言われても困るのですが、こういうお名前はバランスが取れて美しいと思います。



茨木市の古本出張買い取りは池崎書店にお任せ下さい。どうか大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にご連絡、ご用名ください。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。見積もり費用や出張費用、梱包資材費用など、全て無料です。お気軽にご連絡をおねがいいたします。



タグ

小林秀雄

先日の旅行では小林秀雄が話題になりました。

小林秀雄の講演の雰囲気がユニークなので、そのユニークさを伝えようと、Yさんが獅子奮迅の名演技をしてくださいました。

新潮社から小林秀雄の講演カセットテープが出ていて、昔、私もそれで楽しんだことがありました。

今はそのテープがCDになってもっと充実しているようです。

ただし、お値段が少し高い。

でも、講演速記録の幾つかは質疑応答も含めて「学生との対話」という、新潮文庫の形でも出してくれています。

声で聞くあの絶対的な面白さはありませんが、文字でもかなり雰囲気は出ています。

それを読んだうえで、古今亭志ん生そっくりの声や話し方が楽しめるCD版に進むのが、小林秀雄の正しい楽しみ方ってえものじゃないかい?諸君もそう思わないかい?(小林秀雄の真似)


吹田市の古本の出張買取は、どうぞ池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にご連絡、ご下命ください。買取経験豊富な店主が懇切丁寧に無料出張、無料査定いたします。量の多少にかかわらず、御用命ください。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。p>




タグ

ヨーロッパは面白い

中島義道さんの「ウィーン愛憎」という本を読むと、ヨーロッパで日本人が生きてゆくのは、大変だということがよく判ります。

福田恆存もヨーロッパで、現地の人達といろんな手続き上のことで喧嘩をしたことが彼の本に書かれていますが、1950年代の福田から、1980年代の中島さんまで、年月が経っても実情は変わっていないようです。

彼らの経験は、あくまで、生活の必要上の諸手続きの中での軋轢ですから、客観的に読んでいても状況が分かりやすい。

原則主義と、反面としての例外要求。どちにせよ、ヨーロッパの人たちは徹底的に自分を通しにかかるようですね。

お二人と渡り合ったヨーロッパの人たちはこの二面性を鮮やかに浮き彫りにします。

住まないとわからないことがいろいろと書かれていて、興味深いです。



河内長野市の古本出張買い取りは池崎書店に安心してお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にご相談くださいませ。古書買取のお問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。FAXでもどうぞ。072-462-1172です。お客様は何のご用意もいりません。そのままで何も捨てずにご連絡ください。


タグ

弥太郎さんをなだめる

筑摩書房刊「明治文学全集」は全集の値崩れ激しい現代でも、ある程度の相場を保っています。

編纂方法に筋が通っていて、他に代えがたい内容だからでしょう。

その中の一冊、「明治記録文学集」に収録の横山源之助著「明治富豪史」は関係者からの聞き書きが貴重で、面白いです。

三菱創始者の岩崎弥太郎が癇癪を起こすと家では誰もなだめられず、家中戦々恐々で手がつけられなかったとか。そこで、弥太郎の気性を飲み込んだ芸妓が夜中でも本郷の屋敷へ、人力車差し回しで呼ばれたそうです。

部屋に入ると百目蝋燭を4,50本、明々と灯した中に弥太郎が一人あぐらをかいてうつむいて黙って座っていて、前に銚子が何十本も並んでいる、という殺伐とした光景だったそうです。

大富豪になるような人は、なかなか気難しいのでしょうね。このお姐さんは酒の相手をしながら上手に弥之助の気持ちをほぐしたと書いてありました。


吹田市の古本出張買取は池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお電話、メールしてください。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。夜間もご遠慮なく。店主もしくは経験豊富な専門のスタッフが、丁寧に査定、適切にご提案いたします。お気軽にご相談ください。

タグ

このページの先頭へ