月報の編集後記は語る

以前にも書いたかと思うのですが、私、実は文学全集好きなのです。

特に世界文学全集やら日本文学大系などといった大風呂敷が特に好きです。

それらに挟み込まれた月報も貴重ですが、各巻月報の終わりの辺りに置かれている、「編集後記」や「編集室だより」といった出版社の自画自賛の文章が面白い。

第一回配本から第十回配本まで辺りのそれらの文章はだいたい判を押したように、「編集室に、本全集に対するお誉めや激励のお便りをたくさん戴いており感激しています、これからも予定通りの配本を目指します云々」の類が多いようです。とても元気です。

これが後の方の配本、つまり全集が完結に近づくにつれ、「配本が遅れがちになり申し訳ありません、なるべく早くお届けしたいと思いますので、もうしばらくお待ち下さい」という哀願の調子になってくる。特に本邦初訳、新訳を誇らしげにうたっている世界文学全集の類ではかなりの確率でそうなります。

まるで忙しい時期の蕎麦屋さんみたいな言い訳です。「作ってるところです」「いま出ます」ですね。

つまり翻訳が難しい巻は配本順を最後の方にしていても、それでもなおかつ遅れてしまうのです。逆に言うとそれを読みたいと、待っている読者のイライラもつのってきます。

手元にある「筑摩世界文学大系」全102冊(昭和33年3月に第1回配本)の最後の方の月報はそういう苦しい言い訳ばかりでまことにお気の毒。

やっとあとは「ディケンズ」と「論語」と「コンラッド」の3巻を残すのみになったというのが昭和41年9月の時点です。月報には「間もなく訳稿完了いたします」と書かれています。まさに「いま出るところ」です。

ところがドッコイ、次に「コンラッド」が出たのが何と昭和42年12月。蕎麦なら伸び切っていますよ。しかも勝手に内容が変更されて当初収録が予定されていた目玉作品が収録されていません。天ぷらそばを頼んだら天ぷらが入ってなかったのと同じです。「ノストローモ」という作品が翻訳できなかったみたい。内容見本を見てこれを楽しみにしていた人の人権はどーなる?と言いたいですね。

次の「論語」は昭和43年3月。最後の「ディケンズ」はそれから更に1年以上経って、昭和44年7月に出ました。これでやっとこさ、めでたく完結。

最後の月報には、当然あるであろうと思われた編集後記すらありませんでした。その代りか、お詫びとお礼の書かれた小さな紙切れが挟まっていました。

当時の大学紛争のあおりをモロに受けて、先生方が翻訳どころではなかったんだろうと思いますが、「完結したんやから文句ないやろー、コラ」的な開き直りにも見えます。




尼崎市での古本の出張買取は池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお電話、メールして下さい。古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ でも承っております。年中無休24時間受け付けです。


タグ

革には脂を

冬の晴天が続くと空気の乾燥が激しくなります。

湿度30%台というような日が続くと指の先が割れてきたりしますね。

古本屋が気をつけないといけないのは革装の本です。乾燥で革表面の薄い層がペリペリと剥落しだすと止まりません。

しまいに皮の内側ももろくなって茶色の汚い粉末と化してゆくのです。

これを避けるにはこまめに手にとって自然に脂分を補給してやるのが一番。

私は大きな声では言えませんが、顔の脂を使うことがあります。特に鼻の周りの脂が良いようで。

新潮社が昭和30年から40年台にかけて出していた堀辰雄全集や小林秀雄全集は背革のしっかりした美しい本ですが、私のこの手入れのために、半世紀以上たった今でも革のしっとりした手触りと光沢、金文字のくっきりとした印字は出版された当時の姿を保っています。

もっともこの方法は、あくまで私個人が読むための本だけで、お客様に販売する革装の本にはワセリンやオイルなどを薄く伸ばして塗布してますので、ご心配なく。


奈良市の古本の出張査定、出張買取は池崎書店にお任せください。ご不要になった古本、古書、書籍、雑誌等の整理をお考えの時は大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店までお気軽に電話、メールを下さい。お客様の準備は一切御無用です。今、本が置かれているそのままの状態で結構です。一切、何も捨てずにご連絡ください。年中無休です。


タグ

鋭い

筑摩書房、みすず書房、白水社、中央公論社など、好きな出版社がいくつかあります。

おもに文芸書を中心として、人文系を得意とする会社です。

それらは何十年か前には、いろんな全集本の出版でも定評がありました。その意味では古本屋を儲けさせてくれた会社でもあります。

そうそう、そうした会社がもう一社ありました。

先に揚げた会社よりも、ひときわ文芸書に力を入れていて、私の好きな本、全集等を沢山出してくれました。

特に戦後から昭和50年ころまでのその会社の本は、本の姿が良く、造本もしっかりしていて好みでした。

昨日、家人が「三島由紀夫さんの本で儲けさせてもろてたんと違うん?」と何気なくつぶやくのを聞いて、私は「鋭いなー❢なるほど」と感心したのでした。



大阪市の古本出張買い取りは池崎書店に是非ともお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にご相談くださいませ。古書買取のお問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。FAXでもどうぞ。072-462-1172です。お客様は何もご用意はいりません。そのままで何も捨てずにご連絡ください。




タグ

タイムカプセル

昔の本はつくづくタイムカプセルだと思います。

内容のことだけでなく、挟まれているものなどを含めて全体がその時代を伝えてくれます。

例えば、誰も読んだ形跡がない古い世界文学全集を手にとって函から出すと、パラフィン紙が破れもシワもなくかかっています。60年ほど前の本とは思えません。

表紙を開けると月報や全集の内容案内、吉永小百合さんの笑顔の新刊案内などが挟まれています。

内容案内の宣伝文句がすごい。いわく、家宝的全集。最高最良の翻訳。一冊に二千枚から三千枚収録。函入堅牢豪華本。特漉上質紙。最上特製バックラム装などなど(筑摩書房の世界文学大系の宣伝文句)。これで一冊450円前後だったんですから。今では薄い文庫本ぐらいしか買えません。

本文に取り掛かると、誰も読んだことがない証拠に、頁同士が裁断時の圧力で端の方がくっついています。それを1ページ毎パリパリと引き離すと、初めて活字面が今の空気に触れるのです。代わりに60年前の空気も僅かでしょうが開放されているのでは。かすかに刊行当時のインクの香りさえ残っていることもあります

60年間、暗闇の中に眠っていた活字が、嬉しそうに、読んでくれと目に迫ってきます。

悲しいかな、三段組の本文は活字が小さすぎて、すぐにパタンと閉じてしまいました。

次に開かれるのは何年後でしょうか。

御客様に買っていただきたいものです。



岸和田市、熊取町は当店の買い取り推進地区でございます。お部屋を整理なさいませんか。すっきりと気持ちよく、ご不要になった古本、古書、図書、蔵書、資料の売却や、興味が無くなったコレクションの整理等をお勧めします。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の古本出張買取、古本高価買取の池崎書店にお電話、メールなどでお気軽にご連絡、ご相談下さいませ。お客様のご自宅、書庫、会社、倉庫、物置、御蔵、などへお伺いいたします。お客様の準備は一切御無用です。今、そのままの状態で結構です。本棚のまま、箱に入ったまま、床に置いたままで良いのです。梱包資材はすべてご用意しています。年中無休の無料出張買取体制で頑張っております。夜中でもご連絡ください。誠実な高価買取実施中。夜間買取多数。早朝買取もいたします。お客様のライフスタイルに柔軟に適応します。買取実績極めて多数です。只今古い本、蔵書、図書、昔の和本や、明治の本や、大正の本、または昭和の本、平成の本、過去の古い本色々、絶版文庫、新書、単行本、料理本、手芸本、実用書、一般書、専門書、学術書、洋書、原書、郷土史料、資料、民俗学、思想、哲学、宗教、個人全集、全集、画集、文庫本、雑誌、書道関係、建築関係、万博関係、漢方、東洋医学、鍼灸関係、易占、武道、タレント関係、写真集、画集、美術関係、絵葉書、地図、古地図、児童書、絵本、昔の沿線案内、音楽や映画のDVD、CD、LP、昔のチラシ、古い映画のチラシやパンフ、広告、昔の車のパンフ、昔の家電のパンフなど、古い玩具、デザイン関係、キャラクターグッズ、双六、ポスター、肉筆物、原稿、書簡、錦絵、浮世絵、刷り物、引き札、広告、書画骨董、色紙、短冊など多くの本や資料を求めています。何が価値あるか、変化の激しい時代です。なにも捨てず古本屋を読んでください。捨ててしまってからでは遅いのです。捨てるのは一瞬、後悔は長く続きます。何気ない紙切れに思わぬ高値が付くことがよくあります。1000冊単位、万冊単位の大量買取、会社整理、ご遺品整理も承ります。専門スタッフが懇切丁寧に、無料査定いたします。最高、最適の方法をご提案いたします。(ごく一部の日本文学全集、世界文学全集等に買い取りできない本がございます。日焼け、ヤニ焼けなどは買取価格がかなり安くなることがあります。) 古書・古本出張買取を強化しております。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または適正に評価、誠実に買取がモットーです。 買取のお問い合わせ にて承っております。あらゆる地域からの宅配買取も送料当方負担で絶賛大歓迎中、ご連絡を。空前絶後の買取をいたします。


タグ

凄すぎる全集

小説家の丸山健二さんの全集が出るらしいですが、どうやら桁外れな全集らしい。

まず、全100巻くらいになりそうという事。

従来作の全面改稿や、書下ろしを主体に収録するという事。

10年ほどで完結するだろうという事。

どれ一つをとっても常識を超えています。

出版社も、病院待合室備え付けの毎日新聞の書評欄でちらと見て、記憶にない所やなーと思っただけで、知らない会社です。100巻というのは大きな出版社でも躊躇する規模ですね。

もし完結すれば、刊行中の吉本隆明全集とともに、勇気ある試みとして、後世、評価されるかもしれません。


奈良市、神戸市で御蔵書、資料、コレクションの整理や、売却などをお考えでしたら、是非とも大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にご相談ください。さあ、冬晴れの間にお部屋の整理をなさいませんか。只今本、蔵書、図書、古い本、戦国時代、江戸時代、明治の本や、大正の本、昭和の本、平成の各時代の本、各種雑誌色々、美術本、書道関係、デザイン関係、音楽書、演芸関係、資料、専門書、学術書、実用書、文庫本、新書、絵葉書、昔の旅行パンフレット、昔の沿線案内、料理本、手芸本、LP、CD、映画や音楽のDVD、地図、鍼灸関係、建築関係、推理関係、万博関係、アイドル関係、写真集、古い車のパンフ、古い家電のパンフ、古い玩具、キャラクターグッズ、古いポスター、昔の映画パンフやチラシ、肉筆物、掛軸、版画、書簡、原稿など、広範囲なものを求めています。買取実績は圧倒的多数です。(一部の日本文学全集、世界文学全集など、残念ながら買い取りできない本や雑誌もございます。切り取りや、書き込みの多い本もお安くなる場合がたまにございます。) 古書・古本出張買取を強化しております。休日なしで、連日、無料出張買取行っています。夜間買取歓迎。早朝も大歓迎です。適正に査定。誠実に買い入れ。しかも高価買い入れしています。お客様は一切何もして頂く必要はありません。本箱に入れたまま、床に積み上げたまま、物置や蔵に入ったままで結構です。お客様のご自宅、会社、物置、御蔵にお伺いいたします。会社整理、倉庫整理、書庫整理、遺品買取、1000冊単位、万冊単位の大量買取もお申し付けください。専門のスタッフが丁寧に査定させていただきます。ご納得していただいた上でお売りください。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。休日なしの無料出張買取見積もりしています。ご遠方のお客様からの宅配買取絶賛大歓迎。ご遺品整理や、会社整理も承ります。受託など、お客様に最良の方法をご提案いたします。大量買取得意です。







タグ

このページの先頭へ