定量とは

仕入れた本の中に「神曲 地獄篇」の文庫本がありました。



トレビ文庫という、あまり見かけない文庫本です。私も初めて見ました。ダンテの「神曲」ですから当然翻訳ですが、それが口語定型定量訳 西沢邦輔と銘打っています。口語定型訳は他でも時々目にしますが、定量は初めてです。耳慣れません。原文に合わせて、行数や言葉の数も一定にしているのでしょうか。わざわざ断っているのは新機軸だったのでしょうね。



ただ現在、西沢さんご苦心の翻訳が広く読まれている様子がないのは事実でしょう。読んでみても、七五調でありつつ口語ですので難解な感じはしませんが、なんとなく標語(飛び出すな 車は急に 止まれない等)みたいで違和感があります。定量にこだわりすぎたような気がします。



わかりやすく受け入れられやすい翻訳をするのは難しいですね。「神曲」の翻訳は私はやっぱり寿岳文章さんのが一番好きです。



慶応大学の藤谷道夫先生が、大変綿密でそれでいて読みやすい翻訳を進めておられるようですので、その完成が待たれます。



交野市の古本の出張買取は、どうか池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にご連絡ください。買取経験豊富な店主が懇切丁寧に無料出張、無料査定いたします。量の多少にかかわらず、御用命ください。お引越し整理、御遺品整理もお任せ下さい。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、FAX、または 買取のお問い合わせ にて年中休みなく24時間承っております。p>



タグ

おすすめ詩文集

奈良の古本屋さん「キトラ文庫」の安田有さんが詩文集「昭和ガキ伝」を出されました。私家版を除くと3冊目の詩集とのこと。28年ぶりと後書きに書かれています。



早速読ませていただきました。著者のお人柄そのまま、気取らず、いきどおらず、焦らず。しかし世の中の変わり具合に少し不安げな視線を注ぎながら、静かに、少しユーモラスに詩の言葉をつむいで来られたのだなあ、と思いました。



「消しゴムの使い方」「人魚と古本屋」など、お仕事にちなんだ詩作品も収録されています。



発行 出版舎 風狂童子  価格 2000円。本当に素晴らしい本です。



四條畷市の古本出張買い取りはぜひとも池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。お引越し整理、御遺品の整理も御用命下さいませ。

タグ

予定通りゆきたい

昨日は大阪組合へ、前日の落札品を受け取りに。詩集関係や、音楽関係、洋書も少し。



来月3月の最終日から即売会が、4月、5月と断続的ですが続きますので良い本は仕入れたいのですが、なかなか予定通りには行きません。大きな市もありますし、その前に確定申告も控えています。



慌ただしくご同業に寄らせていただいて帰路につきました~。



大東市の古本出張買い取りは、池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。何はともあれ一度、お気軽にご連絡ください。お引越し整理、御遺品整理も御用命下さいませ。

タグ

2019年2月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古書 古本 大阪 買取

総会の夜はふけて

昨日は当番の市会でした。最初は少ない目かなと思っていましたが、意外と出品が増え、結構な賑わいになりました。



終了後は市会の総会。会計報告などで、来年度の課題なども浮き彫りになったようです。全員で取り組むべきでしょう。



その後は懇親会。盛りだくさんの料理に満腹でした。有志で某所で二次会。ディープな古本屋の夜は更けてゆくのでした。



柏原市の古本買い取りは是非とも池崎書店にお任せ下さい。池崎書店にお電話、メール下さいませ。年中無休です。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ でも承っております。お引越し整理や生前整理、御遺品の整理もお任せ下さい。24時間受付中。量の多少にかかわらず、本が置かれているそのままの状態で、お気軽にご連絡ください。

タグ

2019年2月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古書 古本 大阪 買取

Oさんの俳句

古本屋俳人Oさんの近詠です。



   午後遅く 届く手紙や 春浅し



   人は皆 やさしくあれと 冬の華



   様々な 白を織り交ぜ 雪景色



   初春や 下戸の家にも 酒があり



いずれも日常のちょっとしたスケッチですが、感受性の細やかなアンテナが立ってないとすくい取れない情景ばかりです。強引な句づくりではなく、力みがありません。



タグ

このページの先頭へ