利晶とは

所用で大阪組合へ。

珍しく1階も2階も静かでした。いつもは業者が何人かいて、がやがやと賑やかですが、たまにはこんな時もあるのですね。

帰り道、堺市内を抜ける際に、フェニックス通りに面して総ガラス張りの壮大な建物が出来かかっているのが目に入りました。

「さかい利晶の社 3月20日オープン」の横断幕が掛かっていたので、帰って調べると堺市の新たな文化、観光拠点とのこと。

利は利休から、晶はもちろん鳳晶子、つまり与謝野晶子から一字ずつ取ったのでしょう。

ネーミングはかなり安易で、下手をすれば意味不明ですが、力が入っている事は周辺の整備状況からもよく判ります。

面白そうなので完成したら少し覗こうと思います。



柏原市、羽曳野市は当店の重要営業地域です。花満開になる前に御蔵書、資料、コレクションの整理や、売却などをお考えでしたら、ぜひ大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にご相談してください。心からお待ちしています。只今明治の本や、大正の本、昭和の本、平成の各時代の本、各種雑誌、美術本、音楽書、資料など、広範囲に本を求めています。買取実績ものすごく多数です。(でも、極一部の日本文学全集、世界文学全集など、残念ながら買い取りできない本や雑誌もございます。切り取りや、書き込みの多い本もお安くなる場合がございます。) 古書・古本出張買取を強化しております。休日なしで、連日、無料出張買取行っています。適正に査定します、誠実に買取します。店主の池崎潔史が必ずお伺いいたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。夜間出張買取可能。休日なしの無料出張買取見積もりしています。ご遠方のお客様からの宅配買取絶賛大歓迎。


タグ

2015年3月6日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑感

このページの先頭へ