作るのは大変

昨日は某放送局で、四天王寺秋の大古本祭りPR放送の、作成収録の立会にゆきました。

19秒という限られた時間の中で、必要な情報を言葉として詰め込んで音楽をバックにして、いかに印象的に流せるかという作業を見せてもらいました。

PR原稿のたった1字の差し替えや追加、アナウンサーのちょっとした言葉の抑揚、発音のニュアンスの違いなどが、短い時間の中ではいかに大切かがよく判りました。

秒単位での言葉の彫琢作業は、俳句を作るのにちょっと似ていると思います。

何気なく聞いているラジオの短いスポット広告が、大変な手間を掛けて作られているんやなあーと感心しました。

心に届く出来上がりになりました。スタジオスタッフの方々に感謝です。


さて、今日はツイン21古本フェア第3日目です。月曜日ですから、会社にお勤めの方にもお立ち寄りいただけると思います。

午前11時から午後8時まで営業していますので、お昼休み、お帰りの時にでもお立ち寄り下さい。


寝屋川市の古本出張買い取りは、池崎書店のお任せ下さい。店主の池崎潔史が責任をもってご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張査定、買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。ともかくも一度、お気軽にご連絡ください。



タグ

2018年9月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古書 古本 大阪 買取

このページの先頭へ