大阪市東住吉区で出張買取

昨日は大阪市東住吉区へ出張買取に伺いました。閑静な住宅地に立つコンクリート打ちっぱなしのお宅は異彩を放っていました。広いアトリエに描きかけの抽象画などが掛かっていて、雰囲気がありました。



沢山の美術書、文学書、版画などをお譲りいただきました。



ありがとうございました。大切に引き継がせていただきます。



八尾市の古本出張買い取りは、大阪府古書籍商業協同組合加盟店の南大阪が地元の地元の池崎書店にどうかおまかせ下さい。量の多少にかかわらず、お気軽にお電話、メール、FAXなどでご連絡下さい。年中無休。24時間受け付けています。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ もせいぜいご利用ください。お客様のご都合に合わせます。何も捨てないでお見せ下さい。引っ越し整理もお任せ下さい。生前整理や御遺品の整理もさせていただきます。

タグ

2019年6月6日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古書 古本 大阪 買取

元気にお医者へ

月に一度はお医者さんへ。インフルエンザの患者さんも減ったのか、いつもの、子供さん主体ののんびりした診療所風景でした。



血圧を計り、3ヶ月に一度の血液採取。お薬をもらい、無罪放免かは来月わかります。多分変わりはないんでしょうが。



八尾市の古本の出張買取は、どうか池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にご連絡、ご用命ください。買取経験豊富な店主が懇切丁寧に無料出張、無料査定いたします。量の多少にかかわらず、御用命ください。お引越しの整理や御遺品の整理もお任せ下さい。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて24時間承っております。p>

タグ

いよいよ搬入へ

昨日は朝から大阪組合で本の積み込みでした。合同積荷ですので、2tトラックに満杯状態になりました。ご同業の車に乗せてもらい、トラックと共に十三の配送センターへ。ここで荷物をおろして、今日、そこから阪神百貨店に搬入をしてもらうのです。



手分けして作業をすると、本がギッシリの200個前後の箱も、見る間に片付きました。ん?引っ越しか?の泣きそうなほど殺人的な重さの箱もあったとか。私はわかっていますから、なるべく触らないようにしてましたけど。



終了後、元気なご同業と軽く昼食をして再び組合まで送ってもらいました。元気を分けてほしい。






八尾市の古本出張買い取りは、池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。何はともあれ一度、お気軽にご連絡ください。



タグ

2018年12月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古書 古本 大阪 買取

泉南市へ出張買取

昨日は、ご同業のYさんが、近くに買い取りに来られたとのことで寄ってくださいました。本で足の踏み場もない我が家の状態に驚いた様子も見せられません。さすが古本屋です。

今日は昼過ぎに泉南市での買取にお伺いします。

兵庫古書組合で開催される大市会に参加できなくて残念です。

気温がぐっと低くなってきました。皆様、体調にお気をつけてください。




八尾市の古本出張買い取りは、ぜひとも大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店におまかせ下さい。お気軽にお電話、メール一でご連絡下さい。お客様にとりまして最良のご提案をさせていただきます。 お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ もどうかご利用ください。


タグ

2018年10月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古書 古本 大阪 買取

山口瞳とチャンバラ

昨日はせっせとツイン21古本フェアへの商品作りでした。

今回はお手頃なお値段の文学系を沢山ご用意しています。

山口瞳は好きな作家ですが、こちらは特に充実させました。

他にはチャンバラ系の本が多いかなと。

今週末、土曜日初日です。



八尾市の古本の出張買い取りはどうか池崎書店にご用命ください。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の古本高価買取の池崎書店にお電話、メールなどでご連絡ください。お客様の準備は一切御無用です。今、そのままの状態で結構です。本棚のまま、箱に入ったまま、床に置いたままで結構です。何も捨てないで下さい。ご連絡心からお待ちしております。


タグ

2018年8月30日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古書 古本 大阪 買取

このページの先頭へ