磁気にきく

味覚や触覚と同じように、磁覚という言葉ができそうですね。ついさっきのニュースで、人間には磁気を感じる力があるという事が研究で明らかになったということです。



血液の流れでさえ、磁石で良くなるなんて言われていますね。健康器具に磁石はさかんに使われています。北枕は健康に良いというのも同じような発想でしょう。磁力を感じるなんてことはむしろ当たり前みたいな気がします。



迷子の犬や猫が帰ってくるのは、自分の現在位置と、帰るべきところの地磁気情報の三角測量を使っているのではと考えてしまいます。



大阪市東区の古本出張買い取りは、ぜひ、池崎書店にお任せください。整理をお考えの古本や雑誌、文庫本等がございましたら、何も捨てずに大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお電話、メールしてください。古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。経験豊富な店主が親切丁寧に査定、高価買取します。もちろん出張料無料、見積もり無料、梱包資材無料。お引越しや生前整理、ご遺品整理もお任せ下さい。24時間受け付けています。お気軽にご連絡ください。

タグ

思いもよらぬ

昨日は朝から、かかりつけのお医者さんにいつもの薬を貰いに行きましたが、何となくゾクゾクするので体温を計ると39度。すぐに鼻粘膜の検査をしましたが、発熱がいつ頃からあったのか不明ですからインフルエンザの疑いが晴れません。今日、再度朝からお医者さんにゆくことになったのですが、困ったというのは、ツイン21古本フェアの最終日撤収が今日です。



インフルエンザだったら、受験期のお子さんをお持ちのご同業さん達に、思わぬ迷惑をかけてしまう事になりかねません。そこでいつも無理をお願いしているO書店さんに泣きつくと、気持ちよく応じていただけました。



助かりました!



大阪市東区の古本出張買い取りは池崎書店にお任せください。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メール、もしくはFAXをお寄せくださいませ。毎日無料出張買取、無料査定しています。お客様のご都合に合わせてお伺いします。24時間受け付け。年中無休です。見積もり、出張費用など、完全無料です。御遺品整理もお受けいたします。

タグ

2019年1月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古書 古本 大阪 買取

和歌山市で出張買取

和歌山市へ出張買取でした。

以前お伺いしているので2度めです。

サブカル系の珍しいのをお譲りいただきました。ありがとうございます。


大阪市東区の古本出張買い取りは池崎書店にお任せ下さい。お気軽に大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にご連絡、ご用名ください。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。見積もり費用や出張費用、梱包資材費用など、全て無料です。

タグ

2018年11月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古書 古本 大阪 買取

24号は過ぎ、次が‥

昨日は夕方から段々と風雨が強まり、夜に入って和歌山に台風24号が上陸した頃はけっこうな雨風になりました。

ただ、21号と比べると、幸いなことに威力は格段に弱く、少しホッとしました。

また次の台風が東南アジアの海上にできているとのこと。

いい加減に止まってほしいです。

今週金曜日から、即売会がありますから。


大阪市東区の古本出張買い取りは池崎書店にお任せ下さい。どうか大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にご連絡、ご相談ください。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。見積もり費用や出張費用、梱包資材費用など、全て無料です。お気軽にご連絡を❢

タグ

2018年10月1日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古書 古本 大阪 買取

大阪市東成区で出張買取

大阪市東成区へ出張買取に伺いました。

3階からの荷物おろしは正直、少しひるみましたが、冷房を効かせていただいたので、かなりラクでした。

俳句関係本、文庫本、新書など沢山お譲りいただきました。

ありがとうございます。

その足で夕方、組合に運び込みもできて良かったです。


大阪市東区の古本出張買取は、池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールしてください。お待ちしております。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。梱包資材、出張費用、見積もり費用など、一切不要です。ご安心下さい。

タグ

2018年8月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古書 古本 大阪 買取

このページの先頭へ