昨日から天神橋筋3丁目では

昨日は朝から、天神橋筋3丁目で始まるイベントの準備に伺いました。初日開始秒読み段階での準備です。



今年はじめての試みということで、そういうのはウキウキしますね。ポピュラー系のCDや映画のDVDを並べてみました。栞書房さんのお店の前ということで、周りは古書店の密集地帯。



大勢のお客様に見ていただけたらと思います。



大阪狭山市の古本出張買い取りはぜひ、池崎書店にお任せください。。整理をお考えの古本や雑誌、文庫本等がございましたら、大阪府古書籍商業協同組合加盟店の経験豊富な池崎書店にお電話、メールしてください。古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。親切丁寧に査定、高価買取します。もちろん出張料無料、見積もり無料、梱包資材無料。お気軽にご連絡ください。

タグ

バリバリ

昨日は以前の職場の同僚と忘年会でした。

皆、歳相応に面変わりはしていますが、中身はちっとも変わっていません。

仕事も遊びも好きだった時分のまま。

現役もいれば、楽隠居も。

私は現役バリバリの部類で、感心されました。



大阪狭山市の古本の出張査定、出張買取は池崎書店にお任せください。ご不要になった古本、古書、書籍、雑誌等の整理をお考えの時は大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店までお気軽に電話、メールを下さい。お客様の準備は一切御無用です。今、本が置かれているそのままの状態で結構です。一切、何も捨てずにご連絡ください。24時間受け付け。年中無休です。

タグ

四天王寺秋の大古本祭り2日目

昨日は四天王寺秋の大古本祭り初日でした。

心配していた雨も降らず、むしろ晴れ間が覗いて暑いほど。

お客様も大勢ご来場していただき、有り難い限りです。

今日からは3連休が始まります。

昨日のテレビ大阪さんの特集的な取材、報道や、事前に何度もアナウンスいただいているFM大阪さんの放送、NHKラジオさんの案内、朝日新聞さん、産経新聞さん、大阪日日新聞さんを始めとする新聞各社さんの記事の効果が出ることも期待して、頑張ります。

各店追加をしています。

ご来場、お待ちしています。



大阪狭山市の古本の出張買取は池崎書店にお気軽に御用命ください。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店は豊富な買取経験と知識を持っています。お電話、メールでご連絡下さい。大量でも少量でも古本買取はおまかせをお問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。もちろん出張料、見積料など一切無料です。


タグ

近づきました

昨日は夕方、トラックへ本を積み込み。

倉庫と自宅での2箇所積みになりました。

終わったのは午後8時頃。

助っ人さんのおかげで順調に終了。

今日の下鴨納涼古本まつり会場セッティングを待つばかりです。



大阪狭山市の古本出張買い取りは池崎書店にお任せください。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メール、FAXをください。毎日毎日無料出張買取、無料査定しています。お客様のご都合に合わせてご指定場所にお伺いします。お客様にご用意していただく事は何一つありません。

タグ

2018年8月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古書 古本 大阪 買取

役立つね

本に値段シールを簡単に貼り付けられるので、ラベラーを利用していますが、印字位置がほんのちょっと上にずれて店名にかかって数字が見にくい時があります。

長年、まあ大した事ではないと放置していたのですが、ふとYoutubeを見てみると、ラベルのセットの仕方などが丁寧に説明されていて、印字位置がずれるときの修正の仕方も教えてくれました。目からウロコが大量落下でした。

Youtubeにはいろんな映像がアップされています。こんなことまでと思うほど、多種多様です。

意外に役に立つことが多く、水道栓関係やハチの駆除など参考になったことがあります。

今回もありがとうでした。


大阪狭山市は当店が日頃から高価買取努力を傾注している地区です。転勤、転校をして、整理にお困りの古本や資料等がありましたら、どうか大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお電話、メールしてください。20年以上の多数の買取実績がございます。古書・古本出張買取を強化しております。また、宅配買取も簡単OKです。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。夜間もご遠慮なく。ご遺品整理、書庫整理など1000冊、万冊単位の大量買取も承ります。経験豊かな専門のスタッフが、丁寧に査定、適切にご提案いたします。見積もり費用や出張費用、梱包資材費用など、全て無料です。

タグ

2018年6月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古書 古本 大阪 買取

このページの先頭へ