月報の編集後記は語る

以前にも書いたかと思うのですが、私、実は文学全集好きなのです。

特に世界文学全集やら日本文学大系などといった大風呂敷が特に好きです。

それらに挟み込まれた月報も貴重ですが、各巻月報の終わりの辺りに置かれている、「編集後記」や「編集室だより」といった出版社の自画自賛の文章が面白い。

第一回配本から第十回配本まで辺りのそれらの文章はだいたい判を押したように、「編集室に、本全集に対するお誉めや激励のお便りをたくさん戴いており感激しています、これからも予定通りの配本を目指します云々」の類が多いようです。とても元気です。

これが後の方の配本、つまり全集が完結に近づくにつれ、「配本が遅れがちになり申し訳ありません、なるべく早くお届けしたいと思いますので、もうしばらくお待ち下さい」という哀願の調子になってくる。特に本邦初訳、新訳を誇らしげにうたっている世界文学全集の類ではかなりの確率でそうなります。

まるで忙しい時期の蕎麦屋さんみたいな言い訳です。「作ってるところです」「いま出ます」ですね。

つまり翻訳が難しい巻がどうしても遅れてしまうのです。逆に言うとそれを読みたいという読者も多いと思います。

手元にある「筑摩世界文学大系」全100巻(昭和33年3月に第1回配本)の最後の方の月報はそういう苦しい言い訳ばかりでまことにお気の毒。

やっとあとは「ディケンズ」と「論語」と「コンラッド」の3巻を残すのみになったというのが昭和41年9月の時点です。月報には「間もなく訳稿完了いたします」と書かれています。まさに「いま出るところ」です。

ところがドッコイ、次に「コンラッド」が出たのが何と昭和42年12月。蕎麦なら伸び切っていますよ。しかも勝手に内容が変更されて当初収録が予定されていた目玉作品が収録されていません。天ぷらそばを頼んだら天ぷらが入ってなかったのと同じです。「ノストローモ」という作品が翻訳できなかったみたい。内容見本を見てこれを楽しみにしていた人の人権はどーなる?と言いたいですね。

次の「論語」は昭和43年3月。最後の「ディケンズ」はそれから更に1年以上経って、昭和44年7月に出ました。これでやっとこさ、めでたく完結。

最後の月報には、当然あるであろうと思われた編集後記すらありませんでした。

当時の大学紛争のあおりをモロに受けて、先生方が翻訳どころではなかったんだろうと思いますが、「完結したんやから文句ないやろー、コラ」的な開き直りにも見えます。




尼崎市での古本の出張買取は池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお電話、メールして下さい。古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ でも承っております。年中無休24時間受け付けです。


タグ

救われる

この頃、スポーツの世界で爽やかなニュースが多いです。

テニスでは素晴らしい女の子が出現して、大フィーバーですが、柔道でもかわいい兄妹が見事、世界一になりました。

新しいヒーローが次々に産まれて、若い力が社会に元気をもたらしてくれます。

スポーツははっきり結果が出るので清々しい。

うわべの言葉だけの魑魅魍魎が跋扈する世界(最近、親分選びがあった)からこちらに目を移すと、救われた気分になります。


尼崎市での古本の出張買取は経験豊富な池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお電話、メールして下さい。古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ でも承っております。取り敢えず、お話だけでもお気軽にどうぞ。


タグ

注意して下さい

庭の木の間にスズメバチの巣が発見されました。

直接見えない場所でしたから、駆除は植木屋さんにお任せ。

軒下などの見えやすい所でしたら私も何度か退治した事があります。

市販のジェット型の殺虫剤を吹き付けるのですが、薬剤が意外と早く無くなってしまいます。小さな巣に見えても次から次とスズメバチが出てきますから、慌てないためには、予備の殺虫剤を用意しておいたほうが良いかも。

場所によっては灯油をかけるのも効果的です。

これからスズメバチも活発になりますから注意して下さい。



尼崎市の古本買い取りは池崎書店にお任せ下さい。お気軽に池崎書店にお電話、メール下さい。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。経験豊富な店主が迅速丁寧に対応させていただいています。


タグ

2018年7月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古書 古本 大阪 買取

あちらこちらと

さて、たにまち月いち古書即売会が迫ってきていますが、気持ちの良い日は、少し足を伸ばして、各地の古書店さんも訪れてみてはいかがでしょうか。

大阪古書会館近くの空堀商店街や、地下鉄一本で行ける天神橋筋商店街、北区天満宮の南側、梅田紀伊國屋書店近くには、多くの古本屋さんがあります。

何度も言いますが、古本屋さんは毎日が即売会です。

行かない手はありませんね。



尼崎市は当店の買取推進地区です。お部屋を広々スッキリと気持ちよく整理しませんか。本、図書、古本、古書、雑誌、ご蔵書、資料、骨董等の売却をお考えでしたら、ぜひとも大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にご用命を。年中無休の無料出張買取、無料見積もり実施中でございます。買取実績極めて多数です。空前絶後の買取をします。本や雑誌を積極的かつ強力に求めています。ご遺品整理も承ります。会社の書庫整理、倉庫整理、蔵整理、物置整理、リサイクルもお気軽に。千冊単位や万冊単位の大量買取、お任せください。急な買い取りにも敏速に対応します。専門スタッフが懇切丁寧に無料仕分け、無料査定いたします。高価買取しています。引き取りもお任せください。(ただ遺憾な事に、一部の日本文学全集、世界文学全集、状態のあまりよろしくない本、書き込み本等値段がお安くなり勝ちです。) 古書・古本出張買取を強化しております。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。適正査定、誠実売買。実績多数。ご自宅、会社までお伺いいたします。ご遠方からの宅配買取も大歓迎で受付けています。送料着払い。お問い合わせくださいませ。


タグ

午後暖か

昨日は松原市で、元業者さんの在庫整理のお手伝いでした。

今回は大きなバンを2台用意しての作業でしたから、組合までピストン運送ができ、大いに進みました。

ただ、2,3日前の暖かさが嘘みたいに、冬に逆戻り。午前中は体を動かしていないと寒い寒い。

午後からは日差しも出てきて助かりました。

大型の写真集や、美術本、文芸書など、良質の本がまだまだわんさかでした。



尼崎市、三島郡島本町は当店の買い取り推進地区でございます。春は綺麗なお部屋で暖かく過ごしたいですね。お部屋を整理なさいませんか。すっきりと気持ちよく、ご不要になった古本、古書、図書、蔵書、資料の売却や、興味が無くなったコレクションの整理等をお勧めします。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の古本出張買取、古本高価買取の池崎書店にお電話、メールなどでお気軽にご連絡、ご相談下さいませ。お客様のご自宅、書庫、会社、倉庫、物置、御蔵、などへお伺いいたします。お客様の準備は一切御無用です。今、そのままの状態で結構です。本棚のまま、箱に入ったまま、床に置いたままで心配なし。梱包資材はすべて無料でご用意しています。年中無休の無料出張買取体制で頑張っております。夜中でもご連絡ください。誠実な高価買取実施中。夜間買取多数。早朝買取もいたします。お客様のライフスタイルに柔軟に適応します。買取実績極めて多数です。空前絶後の買取です。只今古い本、蔵書、図書、昔の和本や、明治の本や、大正の本、または昭和の本、平成の本、過去の古い本色々、絶版文庫、新書、単行本、料理本、手芸本、実用書、一般書、専門書、学術書、洋書、郷土史料、資料、民俗学、思想、哲学、宗教、個人全集、全集、画集、文庫本、雑誌、書道関係、建築関係、万博関係、東洋医学、漢方、鍼灸関係、易占、武道、タレント関係、写真集、画集、美術関係、絵葉書、地図、古地図、児童書、絵本、昔の沿線案内、音楽や映画のDVD、CD、昔のチラシ、古い映画のチラシやパンフ、広告、昔の車のパンフ、昔の家電のパンフなど、古い玩具、デザイン関係、キャラクターグッズ、肉筆物、原稿、書簡、錦絵、浮世絵、刷り物、引き札、広告、書画骨董、色紙、短冊など多くの本や資料を求めています。何が価値あるか、変化の激しい時代です。なにも捨てず古本屋を読んでください。捨ててしまってからでは遅いのです。捨てるのは一瞬、後悔は長く続きます。何気ない紙切れに思わぬ高値が付くことがよくあります。1000冊単位、万冊単位の大量買取、会社整理、ご遺品整理も承ります。専門スタッフが懇切丁寧に、無料査定いたします。最高、最適の方法をご提案いたします。(ごく一部の日本文学全集、世界文学全集等に買い取りできない本がございます。日焼け、ヤニ焼けなどは買取価格がかなり安くなることがあります。) 古書・古本出張買取を強化しております。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または適正に評価、誠実に買取がモットーです。 買取のお問い合わせ にて承っております。あらゆる地域からの宅配買取も送料当方負担で絶賛大歓迎中、ご連絡を。空前絶後の買取をいたします。








タグ

2018年3月11日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古書 古本 大阪 買取

このページの先頭へ