箱修理

壊れたままになっていた本の箱の修理を少しづつ。

何しろ材質が脆いので釘では、バラバラになりかかった形を固定できません。

木ネジとボンドを使って組み立て工作の時間ですが、下手ですから強度に問題があります。

持ち運び用は諦めて、積み上げて本棚代わりにしましょう。




東大阪市の古本の出張査定、出張買取は池崎書店にお任せください。ご不要になった古本、古書、雑誌等の整理をお考えの時は大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店までお気軽に電話、メールを下さい。お客様の準備は一切御無用です。今、本が置かれているそのままの状態で結構です。一切、何も捨てずにご連絡ください。



タグ

2018年10月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古書 古本 大阪 買取

全部一度に

お尻の火が燃え盛っています。

倉庫へ行って、本箱の中身を入れ替えたり、帰ってきては紙ものの準備をしたり。

CDやDVDソフトも用意したいので、体がいくつあっても足りない感じ。

それぞれが少しづつ、やり方が違うので、一つ一つが単調さから救ってくれます。



東大阪市の古本出張買い取りは経験豊富な池崎書店にお任せください。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお電話、メール下さい。梱包、荷造り資材など、全て無料でご用意いたします。店主が責任を持って、ご納得の評価を心がけています。思い立ったらどうかお気軽にお問い合わせ、ご連絡下さい。

タグ

2018年8月31日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古書 古本 大阪 買取

逃げて避ける

昨日夜、近畿地方の府県にも大雨特別警報が出ました。

今日未明には近畿地方のその他の地域にも出る可能性があると思います。

川や山近くにお住まいの方は気を付けて下さい。

自然の怖さは人間の想像力など、遥かに超えますから、避けるのが一番。




東大阪市での本の売却、整理などは、大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお電話、メール下さい。ご連絡いただいた即日の買取に機敏に対応いたします。当店は基本的に、休日なしで毎日無料出張買取、無料見積もり、無料査定しています。経験が豊富な店主や専門スタッフが、懇切丁寧に無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。お気軽にどうぞ。


タグ

2018年7月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古書 古本 大阪 買取

気をつけてください

強い雨がなかなかやみません。

雨雲レーダーを見ると高知県で特に雨が長く続き、しかも強いようです。京都府や和歌山県も警戒が必要なことが判ります。

地震に見舞われた大阪府北部も同様です。

近くの貝塚市の近木川が氾濫警戒水位を超えました。

今日明日は厳重な警戒が必要です。お気をつけください。



東大阪市の古本買い取りは池崎書店にお任せください。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお電話、メール下さい。ご連絡いただいた即日の買取に機敏に対応いたします。休日なしで毎日無料出張買取、無料見積もりしています。包装、荷造り資材など、全て無料でご用意いたします。経験豊かな店主が責任を持って、ご納得の評価を心がけています。思い立ったらお気軽に、お問い合わせ、ご連絡下さい。

タグ

2018年7月6日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古書 古本 大阪 買取

大阪市住吉区で出張買取

昨日は大阪市住吉区へ出張買取に伺いました。

北海道関係、美術関係、小林信彦、山口瞳著作など、多数お譲りいただき、ありがとうございました。

大切に引き継がせていただきます。

運び出しお手伝いいただきありがとうございました。



東大阪市は当店の買い取り推進地区でございます。春は綺麗なお部屋で爽やかに過ごしたいですね。お部屋を整理なさいませんか。すっきりと気持ちよく、ご不要になった古本、古書、図書、蔵書、資料の売却や、興味が無くなったコレクションの整理等をお勧めします。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の古本出張買取、古本高価買取の池崎書店にお電話、メールなどでお気軽にご連絡、ご相談下さいませ。お客様のご自宅、書庫、会社、倉庫、物置、御蔵、などへお伺いいたします。お客様の準備は一切御無用です。今、そのままの状態で結構です。本棚のまま、箱に入ったまま、床に置いたままで心配なし。梱包資材はすべて無料でご用意しています。年中無休の無料出張買取体制で頑張っております。夜中でもご連絡ください。誠実な高価買取実施中。夜間買取多数。早朝買取もいたします。お客様のライフスタイルに柔軟に適応します。買取実績極めて多数です。空前絶後の買取です。

タグ

2018年5月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古書 古本 大阪 買取

このページの先頭へ