よくみると贅沢

先日入荷した中に長田幹彦の「花の雨」という本がありました。長田は戦前の一時期は谷崎潤一郎と並び称せられた作家ですが、次第に通俗小説を量産するようになり、流行歌の作詞なども多く手掛けています。



昭和23年に出た小説本ですから、紙質も悪く、つい軽く扱いそうになったのですが、よく見ると表紙が花菖蒲を描いた色刷りの木版でした。見返しも紅色の鹿の子模様の木版、扉も木版と、実に手がかかっています。



下手に新しい色刷りの機械の印刷を使うと、かえって高くついたのかもしれません。手作業の賃金が安い時代だったのでしょうが、今から思うととても贅沢です。谷崎と競っていた一時期のある作家らしさが本の姿からちょっと伺えました。



大阪市北区の古本出張買い取りサービスは、大阪市北区東天満出身の池崎書店にどうかおまかせ下さい。お気軽にお電話、メール、FAXなどでご連絡下さい。年中無休。24時間受け付けています。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ もどうかご利用ください。何から何まで、買い取りします。何も捨てずに御連絡を。捨てたものがお宝だったことがよくあります。どんなに大量も少量も心から喜んで大歓迎。お引越しや生前整理、御遺品の整理も承ります。高価買取月間絶賛強力に実施中。



このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

このページの先頭へ