ピッチの日

今日はピアノ調律の日だそうです。なんでか?4月のAprilのAは調律の基準になるA音と解釈して、その周波数442ヘルツの最初の44を4月4日とこじつけたのです。なかなか高級な合わせ技です。



オーケストラのコンサートで最初、オーボエがAの音を鳴らすと各楽器がそれに合わせてチューニングしてピッチを揃えますね。音楽好きの人は、この音楽にもなっていない、ザワザワしたバラバラの音の塊の時からワクワクするのです。



ところがこの万国共通の筈のピッチが、各国のオーケストラで微妙に違うみたいです。有名な話では名指揮者のロリン・マゼールがウィーン国立歌劇場の監督に就任して早々の練習で、「君たちのピッチは低い(あるいは高い)」と言って誇り高い楽団員達とひと悶着起こし、結局、2年くらいで追い出されたか飛び出したかしたようです。サッカーだったらピッチの外へ出た?!というところでしょうか。



指揮者の好みもあるようで、カラヤンは高めのピッチが好きだったとか。まあ、人間同士ですから、絶対音感だとか何だとか言っても、その時の気分であっさり納得したり、へそを曲げたり、色々なんでしょう。



今なら機械的に完璧なピッチを電子音で出せますから、それに合わせたら良いようなものだと思いますが、気難しい音楽家達はそれも嫌なんでしょうね。



守口市の古本買取は池崎書店にお任せください。



守口市の古本出張買い取りサービスは、大阪府下全域が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。量の多少にかかわらず、何も捨てずに、何はともあれ捨てる前に一度お気軽にご連絡ください。お引越し整理、生前整理、御遺品整理も御用命下さいませ。数万冊とか数千冊単位の大量でも少量でも心から大歓迎です。全身全力高価買取を絶賛実行致しております。



古本 買取 守口市

タグ

2021年4月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 買取 音楽

このページの先頭へ