小林一三と食堂

あちこちのホテルのレストランで不祥事が発覚しています。グルメ志向が普通になった果てにこういう問題が出てきたのだと思います。

阪急阪神ホテルズの出崎弘社長が辞任しましたが、責任問題の解決になっていないのが、相変わらず日本的です。

芝エビや九条ネギがあーだこーだみたいな事は枝葉であり、要は、何を発注し、何が入荷し、どうチェックできたか、誰が指示してどう表示したか、に尽きるのではないでしょうか。そこで事務方の権限、現場の権限等のファクターを判断すれば責任の所在は明確になり、責任のある人が責任を取り、責任のない人は責任を取らなくてよいのではないでしょうか。刑事事件性も帯びる可能性を考えると、いち早くそのポイントこそをオープンにするべきでしょう。

阪急の創始者、小林一三は昭和22年4月30日、レストランを開業しています。

その日の日記から

「共同ビルの七階に大阪カルトンといふ西洋料理を開業した。これは東京第一ホテルの傍系事業として(中略)行って見て驚いた。実に立派な、奇麗な戦前のままの豪華さである。恐らく現在では大阪一であらう」自信満々。

この時代、小林一三には、現代のこんな問題は頭の片隅にもなかったでしょう。

戦前の阪急百貨店の大食堂は私の父親などが愛用し、ライスにソースをかけたの(名称「ソーライ」、小林一三の指示で準メニュー化)が旨かったとよく言ってました。

それから何十年。ややこしい時代になりました。


大阪府、大阪市、泉佐野市、堺市、泉南地方、河内、摂津、近畿一円、お電話一本で無料で出張買取をさせていただきます。古本、古書の売却をお考えでしたら、ぜひ大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にご相談下さい。只今こんな本要らない、と思われた時、お電話ください。思わぬ価値がある事があります。本は基本何でも買取できるのです。(でも、一部の日本文学全集、世界文学全集、美術全集、美術館展図録、百科事典、講座など、買い取りできない本や雑誌がございます。お電話などでお気軽にご確認ください。) 古書・古本出張買取を強化しております。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

このページの先頭へ