活気の源

昨日は大阪古書組合での市会でした。いつもより、出品は少なめみたいでしたが振りが大量にあり、にぎやかでした。このところ大ベテランのO氏が第2月曜の振り手を努めておられますので、その軽妙な弁舌につられて値段がせり上がってゆきます。



新しく組合に入られた方も元気な声を出して競り勝たれていました。やっぱり組合は新しい息吹が何よりの活性剤になります。ベテランも新人も垣根なく平等に競い合い、助け合いというのが大阪古書組合の美しい伝統であり、活気の源になります。



若い方でも年配の方でも、古本で生きてゆこうとする方の組合新規加入、大歓迎です。



大阪狭山市の古本買取は池崎書店にお任せください。



大阪狭山市の古本出張買い取りサービスは、泉南地方が重点エリアの池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。量の多少にかかわらず、何も捨てずに、何はともあれ捨てる前に一度お気軽にご連絡ください。お引越し整理、生前整理、御遺品整理も御用命下さいませ。数万冊とか数千冊単位の大量でも少量でも心から大歓迎です。全身全力高価買取を絶賛実行致しております。



古本 買取 大阪

タグ

書き直し

昨日は大阪府某所の某書店で、中止になった四天王寺春の大古本祭りの参加経費請求書の書き直しをしました。結局、目録だけは発行してお客様のもとに送付、もしくは各古書店店頭で配布できましたので、目録にかかる経費だけを請求させていただくことになりました。誠に異例の事です。



秋には是非とも四天王寺秋の大古本祭りを開催したいものです。



外環状線を走っていると遠くの生駒の山並みが薄っすらと霞んで見えます。明らかに黄砂ですね。コロナに黄砂、早く消えて欲しいものですね。



泉大津市の古本買取は池崎書店にお任せください。



泉大津市の古本出張買い取りサービスは、泉南地方全域が地盤の大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にどうかおまかせ下さい。量の多少にかかわらず、お気軽にお電話、メール、FAXなどでご連絡下さい。年中無休。24時間受け付けています。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ もせいぜいご利用ください。お客様のご都合に合わせます。何も捨てないでお見せ下さい。引っ越し整理もお任せ下さい。生前整理や御遺品の整理もさせていただきます。数万冊数千冊単位の大量でも少量でもありがたく、心から大歓迎。店主が責任査定いたします。高価買取月間強力に大絶賛全力推進中。



古本 買取 大阪

タグ

泉佐野市で出張買取

昨日は午後、泉佐野市のお近い所へ出張買取でした。旧街道を少し入ったところですので昔からの立派なお家が並んでいる地区です。屋根のついた立派な門の脇戸口から入ると木々が植わった広い前庭、その奥に堂々たる大屋根の母屋が建っています。



お玄関は広い三和土で天井が高く、いかにも昔の日本の家という感じで懐かしい。夏は涼しいだろうと思いました。玄関引き戸に貼った障子紙の上の一つの区画が素通しでした。ツバメの出入り口とのことでした。



流石に古くからの本や雑誌、史資料などを沢山に蔵されていました。文学書や歴史書、地図、資料類などをお譲りいただきました。大切に引き継がせていただきます。



運び出しには奥様までお手伝いいただき大変助かりました。ありがとうございました。



泉北郡忠岡町の古本買取は池崎書店にお任せください。



泉北郡忠岡町の古本出張買い取りサービスは、関西が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。量の多少にかかわらず、何も捨てずに、何はともあれ捨てる前に一度お気軽にご連絡ください。お引越し整理、生前整理、御遺品整理も御用命下さいませ。数万冊とか数千冊単位の大量でも少量でも心から大歓迎です。全身全力高価買取を絶賛実行致しております。



古本 買取 大阪

タグ

2021年5月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 買取

橿原市で出張買取

昨日は橿原市へ出張買取に伺いました。天気が非常に不安定で雨が降ったりやんだり。おまけに黄砂が混じっているのか、フロントガラスがなんとなく汚れているみたいでした。



お伺いしたお宅は畝傍山、耳成山、天香久山の大和三山の真ん中という、素晴らしい場所でした。その上、50メートルほど東には藤原宮跡があり、古代史の好きな人にとっては夢のようなスポットです。



良質の文芸書、新書、文庫本などを沢山お譲りいただきました。運び出しもお手伝いしていただき大変助かりました。ありがとうございます。



神々しい場所だったこともあってか、本の運び出しの時だけ雨が上がるという、池崎書店の買取の奇跡がまたしても起こりました。ありがたいことです。



和泉市の古本買取は池崎書店にお任せください。



和泉市の古本出張買い取りサービスは、泉南全域が地盤の池崎書店にどうかおまかせ下さい。お気軽にお電話、メール、FAXなどでご連絡下さい。年中無休。24時間受け付けています。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ もどうかご利用ください。何から何まで、買い取りします。何も捨てずに御連絡を。捨てたものがお宝だったことがよくあります。どんなに大量も少量も心から喜んで大歓迎。お引越しや生前整理、御遺品の整理も承ります。高価買取月間絶賛強力に実施中。



古本 買取 大阪

タグ

2021年5月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 買取

太刀山すごい

部屋の片隅に吉川弘文館の「国史大辞典」全15巻全17冊が積み上げられて、ひっそりとご注文お買い上げを待っています。何しろ一冊が建築ブロックほど大きくて重いので一度置いたが最後、売れるまで動いてくれないのです。



仕方ないのでたまに一番上の一冊をよっこらしょと取り上げて中身をパラパラ見ることがあります。一種の筋力トレーニングです。



今日も今日とて、第9巻「たか~て」の巻を開くと「太刀山峰右衛門」の項目が目に入りました。明治・大正時代に横綱をはった大力士です。指折りの強豪だったらしく突っ張りが得意技。当時の川柳に「太刀山は四十五日で今日も勝ち」と詠まれたとのこと。四十五日は一月半(ひとつきはん)、つまり突っ張りの一突き半というシャレです。



驚くのは黒星一つを挟んで56連勝と43連勝をしていることです。黒星がなかったらちょうど100連勝じゃありませんか。当時は今と違って場所数が不定期で、少なかったはずですから大変な記録です。



こんな知識が満載の「国史大辞典」、力持ちの太刀山になったつもりでお買い上げください。



高石市の古本買取は池崎書店にお任せください。



高石市の古本出張買い取りサービスは、ぜひ、池崎書店にお任せください。整理、売却をお考えの古本や雑誌、文庫本等がございましたら、何も捨てずに大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお電話、メールしてください。古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。お捨てになったものにお値打ちがあることがよくあります。経験豊富な店主が親切丁寧に査定、高価買取します。もちろん出張料無料、見積もり無料、梱包資材無料。お引越しや生前整理、ご遺品整理もお任せ下さい。お客様のご予定に合わせます。24時間受け付けています。千冊単位万冊単位の大量でも少量でもホントに心から大歓迎です。高価買取月間、絶賛全身全力推進中。お気軽にご連絡ください。



古本 買取 大阪

タグ

このページの先頭へ