熱い入札

昨日は12月に入って最初の市会が組合でありました。2階だけでなく、1階にも出品が並んで、質量共に壮観でした。中国関係、戦記関係、宗教関係、地図関係など、多彩な出品に人気があったようです。



フリがまた、整理品、未整理品、入り混じって大量にあり、思ったより時間がかかりりました。ダンボール箱に無造作に突っ込まれた未整理品が魅力的に見えるのは、未知へのあこがれという本能が刺激されるためなのでしょうか、熱い戦いが繰り広げられました。



私も年末の古本催事に向けて準備を始める起動力になれば、と入札したのですが‥。



寝屋川市の古本の出張買取は池崎書店にお任せください。



寝屋川市の古本出張買い取りサービスは、大阪地域全域が重点エリアの池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。量の多少にかかわらず、何も捨てずに、何はともあれ捨てる前に一度お気軽にご連絡ください。お引越し整理、生前整理、御遺品整理も御用命下さいませ。数万冊とか数千冊単位の大量でも少量でも心から大歓迎です。全身全力高価買取を絶賛実行致しております。



古本 出張買取 大阪

タグ

枕頭の書

私の寝床の横には本が積まれています。いわば最も手に取りやすい場所に座を定めている本たちです。長い間、その顔ぶれに変化はありません。



ここで少し、書名をあげてみたいと思います。なんの参考にもならないことは請け合います。単なるお笑い草でございます。



西岸良平と諸星大二郎の漫画の文庫版、新潮文庫の太宰治作品、ヘッセの著作、朝永振一郎のエッセー、小型サイズの世界美術全集、河野与一のエッセー、福永武彦全集のエッセーや評論の巻、串田孫一のエッセー、モーパッサン全集の端本等々です。



短めの文章を集めたもの、気が向いたら読み、区切りがつけやすいエッセーや短編小説が多いです。



寝転がって読みますから文庫本が最適です。福永武彦のエッセーなどは何度も読み返していますが、飽きません。ただ残念なことは、彼の小説作品の多くは文庫化されていますが、随筆が全くと言ってよいほど文庫になっていません。新潮社から彼の随筆集が5冊出ています。これなどを新潮文庫で3冊程に編集して売り出せば、読者は多くいるはずですから、不思議です。



文庫になれば私の寝床の最も手近な場所に置いてあげるのに。そう言えば彼のエッセー集の1冊は「枕頭の書」という書名でした。



東大阪市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



東大阪市の古本出張買い取りサービスは、大阪府全域が地盤の大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にどうかおまかせ下さい。量の多少にかかわらず、お気軽にお電話、メール、FAXなどでご連絡下さい。年中無休。24時間受け付けています。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ もせいぜいご利用ください。お客様のご都合に合わせます。何も捨てないでお見せ下さい。引っ越し整理もお任せ下さい。生前整理や御遺品の整理もさせていただきます。数万冊数千冊単位の大量でも少量でもありがたく、心から大歓迎。店主が責任査定いたします。高価買取月間強力に大絶賛全力推進中。



古本 出張買取 大阪

タグ

気にしない

12月といえば日本ではベートーヴェンの第9番の交響曲をあちらこちらで演奏します。私も実演では1度だけ朝比奈隆さんの演奏で聞いたことがあります。でも、普段はめったに演奏会に行きませんので、もっぱらCDでの鑑賞になります。



第9番で有名な演奏の筆頭に挙げられるのがフルトヴェングラーのドイツ、バイロイトでの実況録音盤です。LPの時代から何回も何回も装いを変えたり、いろいろとマスタリングをやり直したりしてCD屋の店頭から姿を消すことのない名盤です。今月もその新しいCD盤が発売されましたが、今までのと次元が違う、などと宣伝しています。



これはスウェーデンでのライブ放送時の音源だということです。つまりバイロイトでの演奏がスウェーデンで実況生放送され、放送局にその録音テープが残っていたのが発見され、すべてノーカットでCD化したとのこと。つまり実況前のアナウンスから、拍手、各楽章間のざわめき、終了後の拍手などがカットされていないということです。今までのCDが、せいぜい、始まる前と、終わってからの拍手が収録されていただけ、さらには当日の実演とその前の練習を録音したのを編集した物であるのと、根本的に違う、という触れ込みです。



でも、拍手の長さや演奏間のざわめきがそんなに大事なのでしようか。演奏的には、練習時の録音を一部つないだという、その違いを聞き分けることが出来るのでしようか、違いを聞き分けたところで何になるのでしょう。ひところの私はそんなことに興味津々で、大切な事と考えていましたが、50年以上、クラシックのLPやCDを聞き続けてきた経験から、そのようなことは根本的でない事だと今は思っています。



クラシックのお好きな方々に申し上げます。気にしないでください。バイロイトの第九は今お聴きのソフトで大丈夫です。買い換えるお金があれば、もっと色んな曲をお聴きになることをお勧めします。



八尾市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



八尾市の古本出張買い取りサービスは、大阪全域が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。量の多少にかかわらず、何も捨てずに、何はともあれ捨てる前に一度お気軽にご連絡ください。お引越し整理、生前整理、御遺品整理も御用命下さいませ。数万冊とか数千冊単位の大量でも少量でも心から大歓迎です。全身全力高価買取を絶賛実行致しております。



古本 出張買取 大阪



タグ

2021年12月5日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 買取 音楽

夜の空港

昨日の夜は久しぶりに関空へお迎えに行きました。時間帯が遅かったので国内線到着口の待合場所は混雑には程遠い感じでしたが、逆に、時間帯の割には人は多いとも言えます。繁忙時間帯は相当なのではないかと思います。



コロナの蔓延初期の戒厳令にも似た閑散とした様子は過去のものになりつつあるようですが、せっかくの回復基調に水を差すようなオミクロン株の動向は気になるところです。



私企業の航空会社に対して、予約活動は停止せよとの政府の突然の指示は突然に撤回されたようですが、緊急事態とはいえ、行政からの異例の強権的働きかけには、なし崩しを許さないよう、大原則を見極めた毅然とした対応が大切だと思われます。



交野市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



交野市の古本出張買い取りサービスは、大阪が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。量の多少にかかわらず、何も捨てずに、何はともあれ捨てる前に一度お気軽にご連絡ください。お引越し整理、生前整理、御遺品整理も御用命下さいませ。数万冊とか数千冊単位の大量でも少量でも心から大歓迎です。全身全力高価買取を絶賛実行致しております。



古本 出張買取 大阪

タグ

2021年12月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 買取 雑感

二代目

二代目中村吉右衛門さんが亡くなられました。初代吉右衛門の養子として永年、精進され、六代目菊五郎と並ぶ大名人、大播磨屋(おおはりまや)と謳われた初代に勝るとも劣らない歌舞伎役者となられました。



お兄さんが現松本白鸚さんですが、彼が松本幸四郎時代から何となく、弟の吉右衛門さんのほうが年齢が上に感じられてなりませんでした。初代吉右衛門の薫陶を受けたためか、何となく芸風も渋く、当たり役も辛抱立役が多く、地味な為かも知れません。



彼を仕込んだ初代吉右衛門は格の正しい時代物が似合う役者で、秀山と号して俳句も趣味の域を越えています。文化人にファンが多かった人です。小宮豊隆がその芸風をロダンに比較して褒めたのを「露探(ロタン)」と言われたと勘違いして、機嫌を悪くしたのは有名な話です。



二代目にはその様な微笑ましいエピソードは聞きませんが、テレビの時代劇を通じてのファンも多く、長く人々の記憶に残る役者さんと思います。



柏原市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



柏原市の古本出張買い取りサービスは、ぜひ、池崎書店にお任せください。整理、売却をお考えの古本や雑誌、文庫本等がございましたら、何も捨てずに大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお電話、メールしてください。古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。お捨てになったものにお値打ちがあることがよくあります。経験豊富な店主が親切丁寧に査定、高価買取します。もちろん出張料無料、見積もり無料、梱包資材無料。お引越しや生前整理、ご遺品整理もお任せ下さい。お客様のご予定に合わせます。24時間受け付けています。千冊単位万冊単位の大量でも少量でもホントに心から大歓迎です。高価買取月間、絶賛全身全力推進中。お気軽にご連絡ください。



古本 出張買取 大阪

タグ

このページの先頭へ