気にしない

12月といえば日本ではベートーヴェンの第9番の交響曲をあちらこちらで演奏します。私も実演では1度だけ朝比奈隆さんの演奏で聞いたことがあります。でも、普段はめったに演奏会に行きませんので、もっぱらCDでの鑑賞になります。



第9番で有名な演奏の筆頭に挙げられるのがフルトヴェングラーのドイツ、バイロイトでの実況録音盤です。LPの時代から何回も何回も装いを変えたり、いろいろとマスタリングをやり直したりしてCD屋の店頭から姿を消すことのない名盤です。今月もその新しいCD盤が発売されましたが、今までのと次元が違う、などと宣伝しています。



これはスウェーデンでのライブ放送時の音源だということです。つまりバイロイトでの演奏がスウェーデンで実況生放送され、放送局にその録音テープが残っていたのが発見され、すべてノーカットでCD化したとのこと。つまり実況前のアナウンスから、拍手、各楽章間のざわめき、終了後の拍手などがカットされていないということです。今までのCDが、せいぜい、始まる前と、終わってからの拍手が収録されていただけ、さらには当日の実演とその前の練習を録音したのを編集した物であるのと、根本的に違う、という触れ込みです。



でも、拍手の長さや演奏間のざわめきがそんなに大事なのでしようか。演奏的には、練習時の録音を一部つないだという、その違いを聞き分けることが出来るのでしようか、違いを聞き分けたところで何になるのでしょう。ひところの私はそんなことに興味津々で、大切な事と考えていましたが、50年以上、クラシックのLPやCDを聞き続けてきた経験から、そのようなことは根本的でない事だと今は思っています。



クラシックのお好きな方々に申し上げます。気にしないでください。バイロイトの第九は今お聴きのソフトで大丈夫です。買い換えるお金があれば、もっと色んな曲をお聴きになることをお勧めします。



八尾市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



八尾市の古本出張買い取りサービスは、大阪全域が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。量の多少にかかわらず、何も捨てずに、何はともあれ捨てる前に一度お気軽にご連絡ください。お引越し整理、生前整理、御遺品整理も御用命下さいませ。数万冊とか数千冊単位の大量でも少量でも心から大歓迎です。全身全力高価買取を絶賛実行致しております。



古本 出張買取 大阪



タグ

2021年12月5日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 買取 音楽

わかります

寒くなってくると少し安心できることがあります。寒雷という言葉はありますが、季節的には雷が少なくなります。地震も怖いですが、これは近づいてくる恐ろしさがありません。アッと思うとその中にいるのですから。



それに比べると雷は遠雷の時から、嫌な感じです。近く来ないようにと思っていても、段々と稲光も始まり、音と光のズレが無くなったと思うと、地響きを立てて雷鳴が襲ってきます。この徐々のフォルテの凄さにはかないません。



しばらく我慢していると来た時と反対に徐々に遠ざかってゆくので、やっと一息つけます。これを音楽の世界で見事に表したのがベートーヴェンの6番の交響曲の第3楽章の終わりから第5楽章の初めにかけてです。難聴だった耳にも雷鳴ははっきりと鳴っていたのでしょう。



先日、中西悟堂の随筆を読んでいて、高村光太郎が大の雷嫌いだったことが書かれていました。どこかの料理屋の2階で文士の集まりがあった時、雷がひどくなり、彼は1階に慌てて下りて、帳場の隅っこの方に頭から潜り込んだそうです。



気持は痛いほどわかります。



阪南市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



阪南市の古本出張買い取りサービスは、泉南全域が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。量の多少にかかわらず、何も捨てずに、何はともあれ捨てる前に一度お気軽にご連絡ください。お引越し整理、生前整理、御遺品整理も御用命下さいませ。数万冊とか数千冊単位の大量でも少量でも心から大歓迎です。全身全力高価買取を絶賛実行致しております。



古本 出張買取 大阪

タグ

朗報と、そして

ショパン・コンクールで日本人のピアニストが男女2名入賞しました。うち男性は2位という立派な成績でした。このショパン・コンクールは、下手な1位より2位のほうが、後々名演奏家になったりしています。有名なところでは、ハラシェビッチが1位、アシュケナージが2位になった年はスキャンダルになりました。まあ、アシュケナージもあの頃は断然素晴らしいピアニストでしたから、この順位は不当でした。



日本人が過去2位になったのは、内田光子さんです。こちらも今や世界的なピアニストにおなりです。今年の反町恭平さんも、大いに期待してよいのではないでしようか。



これは嬉しい話題でしたが、クラシック音楽界では名演奏家の訃報が相次いでいます。今月に入ってソプラノのグルベローヴァ、そして昨日は指揮者のハイティンクの死去が伝えられました。ご両人とも日本でも人気が高く、特にハイティンクさんは指揮生活が長く、私など中学時代からその名前だけは知っていましたから、軽いショックでした。地味な指揮でしたが音楽性に溢れ、晩年は特にブルックナーやマーラーの曲に名演を聴かせてくれました。



ご冥福をお祈りいたします。



香芝市の古本買取は池崎書店におまかせください。



香芝市の古本出張買い取りサービスは経験豊富な、近畿が地元の池崎書店にお任せ下さい。お気軽に大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にご連絡、ご用命ください。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。24時間受け付けています。見積もり費用や出張費用、梱包資材費用など、勿論全て無料です。できるだけ何も捨てないで下さい。お捨てになるものに意外なお値打ちが。生前整理やご遺品整理、お引っ越しの際は、是非ともご連絡ください。高価買取強化月間全力で大絶賛実施中。高価買取いたします。万冊単位、千冊単位の大量でも少量でも心からホントに大歓迎。



古本 買取 大阪

タグ

2021年10月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 買取 音楽

阪南市で出張買取

昨日は阪南市へ出張買取にお伺いしました。海が近い住宅地で、以前、時々来たことがあります。海が近いのはいいですね。満潮の時などの海の匂いは、一度に子供時代に連れ戻してくれます。かと言って泳いだわけではありません。ただ、砂浜で遊んでいただけ。



書誌学関係の本を分けていただきました。ありがとうございます。次の読者の方へ橋渡しをさせていただきます。



ツイッターでベルリン・フィルのバリ公演の様子がアップされていました。客席も写っていたので画面を目一杯クローズアップすると、見事に全員がマスクをして聴き入っていました。やはり世界はまだ警戒態勢を解いていません。



泉大津市の古本買取は池崎書店にお任せください。



泉大津市の古本出張買い取りサービスは、泉州の池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。量の多少にかかわらず、何も捨てずに、何はともあれ捨てる前に一度お気軽にご連絡ください。お引越し整理、生前整理、御遺品整理も御用命下さいませ。何千冊、何万冊という大量でも少量でも心から大歓迎です。高価買取集中月間絶賛全力実施中。



古本 買取 大阪



タグ

2021年9月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 買取 音楽

音が変わる

長く使用しているスピーカーから少し浮気をして、最近、本と一緒に入荷したスピーカーに付け替えて音楽を聴いています。耳というものは保守的だなと思いました。なかなか、新しいスピーカーの音に馴染めません。



新しい、と書きましたが、付け替えた方のスピーカーはビンテージもので1975年ころの製品らしいです。今まで聞いていたスピーカーよりもかなり古いものです。外国製ですので能率は良く、音のボリュームを絞っても良く鳴ります。ただ、高音がくぐもったような独特の音がするのです。



例えて言うなら、外国訛りの言葉を聴いている感じ。45年ほど昔のものでも、機嫌よく音を出してくれているのですから、贅沢は言えません。いずれはこの音にも慣れるのでしょう。音の雰囲気が変わりましたから、聞き慣れていたCDを聴いても新鮮です。



まあ、音ではなく音楽を聴くことが目的ですから、適当でいいのです。雰囲気を変えて音楽を楽しむのです。



音にこだわり出すと泥沼に入ることになりますから。



大阪市南区の古本買取は池崎書店にお任せください。



大阪市南区の古本出張買い取りサービスは、大阪市全域が重点エリアの池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。量の多少にかかわらず、何も捨てずに、何はともあれ捨てる前に一度お気軽にご連絡ください。お引越し整理、生前整理、御遺品整理も御用命下さいませ。数万冊とか数千冊単位の大量でも少量でも心から大歓迎です。全身全力高価買取を絶賛実行致しております。



古本 買取 大阪

タグ

2021年9月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 買取 音楽

このページの先頭へ