ストラヴィンスキーとドストエフスキー

もう過ぎてしまいましたが6月17日は作曲家ストラヴィンスキーの誕生日です。1882年生まれですから生きていれば138歳。意外と若いですね。1971年に亡くなっていますから、万博の次の年まで生きていたわけです。日本にもやってきてN響を指揮して映像も残っています。



結構ビジネス感覚もあったらしく、有名な「春の祭典」や「ペトルーシカ」、「火の鳥」等のバレエ曲などは演奏回数も多いので、時々、細部に手を入れて改訂版を作っては、その都度、改訂料や演奏料を要求したりと、ディズニー顔負けのパテント意識があったようです。



彼自身の著作ではないのですが、弟子との対談形式の「118の質問に答える」という本が出ていました。色んな思い出話が満載で面白い本ですが、彼の父親とドストエフスキーが親しかったなんて話も出てきます。母親も「ドストエフスキーさんは何でも見境なく買ってしまうんだから」とストラヴィンスキーにぼやいたらしい。



意外でした。借金王のドストエフスキーはここでも迷惑をかけていたみたいです。



高槻市の古本出張買い取りサービスは、大阪府下全地域が地盤の池崎書店にどうかおまかせ下さい。お気軽にお電話、メール、FAXなどでご連絡下さい。年中無休。24時間受け付けています。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ もどうかご利用ください。何から何まで、買い取りします。何も捨てずに御連絡を。捨てたものがお宝だったことがよくあります。どんなに大量も少量も心から喜んで大歓迎。お引越しや生前整理、御遺品の整理も承ります。高価買取月間絶賛強力に実施中。

タグ

目は大切に

パソコンとにらめっこの時間が多くなってきました。できるだけ良い姿勢で、あまり画面に顔を寄せないようにしていますが、細かい漢字や数字の確認などはどうしても近づいてしまいます。



合間に目を休めるように気をつけています。しかし、白内障などの老化現象は致し方なく、可能な限り進行を遅らせるようにしか出来ません。白内障手術は今では簡単みたいに言われていますが、昔はひどいものだったそうです。



作曲家のバッハは中年ころから目の不調に悩み、ついに1750年の4月1日に、イギリス人の旅回り(怪しい)の眼科医のジョン・テーラーから白内障手術を受けます。当時は無論麻酔なし。太い針を目玉に突っ込んで、水晶体をつついて奥に潜り込ませるという、地獄の悪夢のような術式だったようです。しかも2度も!結局、バッハの目は前より完全に悪くなり同年7月28日に高熱を発して亡くなります。手術が引き金になったかは謎です。



ところがこのセンセイ、8年後に今度は自分の故郷ロンドンで、ヘンデルの白内障の手術もやっちまうのです。勿論またしても失敗。ヘンデルもその翌年亡くなります。同年生まれのバッハ、ヘンデル両人とも無念残念この男の手にかかって、とは言いすぎでしょうが、奇しき悪因縁と言わざるを得ません。



詳しくは「基本はバッハ」クッファーバーグ著 音楽之友社刊 この本に載っています。



泉南郡田尻町の古本の出張買取サービスは、ぜひともお隣の泉佐野市が地盤の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にご連絡ください。買取経験豊富な店主が懇切丁寧に無料出張、無料査定いたします。量の多少にかかわらず、御用命ください。できるだけ何も捨てないでください。捨てるものに値打ちがある場合が多いです。高価買取強化月間絶賛全力推進中。お引越し整理、生前整理、御遺品整理もお任せ下さい。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、FAX、または 買取のお問い合わせ にて年中休みなく24時間承っております。p>



タグ

ごきげんよう

番組のパーソナリティーはいわば番組の顔です。ラジオなどは長寿番組が多いので、その人とイメージが一体になっていることがよくあります。MBSラジオの「ありがとう浜村淳です」の浜村さんはその典型でしょう。



地味なクラシック番組にもそんな人がいます。吉田秀和さんもそうでしたが、もう一人、皆川達夫さんがおられました。残念ながらつい先日亡くなられました。ながらくNHKラジオの朝のクラシック番組「バロック音楽の楽しみ」を、その後は「音楽の泉」を続けておられました。合わせるとなんと52年になります。



ご専門はバロックとそれ以前のヨーロッパ・ルネサンス、中世音楽で、バロックブームの前から解説啓蒙を続けておられました。ちょっとくぐもった声で静かにゆっくりと話されて、そうした音楽の解説者にふさわしい方でした。



著作も多く、その中では結構辛辣で、あの演奏は偽物だから聞いてはいけません、等とはっきり書かれていました。



番組最後では必ず「では皆様、ごきげんよう」と締めくくっておられました。昔から、ほんの時々ですけど聞いていましたので残念です。



大阪狭山市の古本出張買い取りサービスはぜひとも泉州地域全域が地盤の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。高価買取いたします。できるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙のものは大切です。お高くなる可能性大です。そのままの状態で査定させていただきます。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用命下さいませ。大量でも少量でもホント、心から歓迎です。高価買取月間全身全力推進中。

タグ

2020年5月17日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:お勧め本 音楽

バッハいろいろ

3月21日はあの大作曲家バッハの誕生日らしいです。あの、というのは、バッハには先祖や子孫達に腐るほど作曲家がいますから、他と間違わぬようにという意味です。普通、バッハと聞いて思い浮かべるあの人です。音楽室の肖像画の人ですね。



今、もうひとりのバッハさんが注目の的です。やっぱりドイツ人ですが関係はなさそうです。



泉南郡熊取町の古本出張買い取りサービスはぜひとも泉南地域全域が地盤の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。高価買取いたします。できるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙のものは大切です。お高くなる可能性大です。そのままの状態で査定させていただきます。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用命下さいませ。大量でも少量でもホント、心から歓迎です。高価買取月間中。

タグ

いろいろ作曲家

昨日から始まっているオールモスト全大阪たにまち月いち古書即売会が気になるのですが、昨日はひたすら、阪神古書ノ市の商品準備でした。



クラシックの楽譜、特にオペラのヴォーカル・スコアやフル・スコアや、オーケストラ作品のポケット版フル・スコアが大量にご用意できました。状態が美ではないので思い切ってお安くしています。珍しいフランス作曲家のものや、ストラヴィンスキー、ブリテンなどもあります。



茨木市の古本出張買い取りサービスは、大阪全域が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。量の多少にかかわらず、何も捨てずに、何はともあれ捨てる前に一度お気軽にご連絡ください。お引越し整理、生前整理、御遺品整理も御用命下さいませ。何千冊、何万冊という大量でも少量でも心から大歓迎です。



タグ

このページの先頭へ