秋酣

秋口から暖かい日が続いたので、柿の木の葉っぱがなかなか落ちません。

だから柿の実も葉に隠れて下から見上げても見つけにくく、気がついた時には鳥に突かれてしまって穴だらけです。

かくてはならじと意を決して、脚立を取り出し収穫しました。

遅めの取り入れでしたから熟柿も多くありました。皮がぶよっとする程、熟していますので果肉も半透明のジャム状態で、その甘さは格別ですが、腐り落ちる寸前状態ですので私以外は誰も食べません。虎穴に入らずんば虎児を得ず。

青空をバックに、葉っぱの落ち切った枯れ木みたいな木に、朱色の柿の実がたくさん付いているのはいかにも日本の秋の風景ですが、あれは渋柿なのでしょうね。


大阪、京都、奈良、和歌山、兵庫、近畿一円、お電話ください。メールください。本は大切な知的資源です。古本、古書の売却をお考えでしたら、ぜひ大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にご相談下さい。只今本なら何でもご相談に乗ります。本以外の訳のわからない紙の物も歓迎です。(申し訳ないのですが、一部の日本文学全集、世界文学全集、美術全集、美術館展図録、百科事典、講座など、買い取りできない本や雑誌がございます。お電話などでお気軽にご確認ください。) 古書・古本出張買取を強化しております。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

このページの先頭へ