景清の目

桂米朝さんが亡くなって最も大きな損失は、「景清」のような噺が高座では聞けなくなるだろうという事です。

これは難しい噺です。鏨師の定次郎が目を病んで仕事ができなくなったが、甚兵衛さんのアドバイスで清水寺の観音さんを信仰してその力で、奉納されていた景清の目を授けられて開眼するという筋です。

目の不自由な人の捨て鉢な気持ちの表現や、甚兵衛さんの親切な諭し、超自然的な観音さんの出現などなど、シチュエーションが激しく入れ替わりますので難しいのです。高座で聞かないと、本当の面白さはわからないと思います。誰かが精進して伝えてほしい噺です。

「米朝落語全集」第二巻に収録されていますが、その解説で米朝さんは「この話は古くからあって(略)当時の内容がどんなであったか、詳しいことは判りません」と書かれています。

森銑三さんの「星取竿」という、江戸時代の笑話本からダイジェストした本を読んでいたら、元禄頃の「軽口大矢数」から、「祇園景清」と言う話を紹介されているのが目に留まりました。

観音さんから景清の目を与えられた人が、祇園の禰宜たちを頼朝と見違えるという落ちまで付いています。

これが骨組みになって、だんだんと噺が練り上げられたと思います。

若い噺家に頑張ってもらいたい。



河内長野市、泉南市は当店の重点地区です。買取や、即売を推進しています。いよいよ梅雨が近づいています。骨董、道具類、資料類、古本や古書の売却をプランをお立てなら、是非、大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にご連絡ご相談下さい。休日はありません。関西全域、近畿一円、毎日無料出張買取で各地を回っています。無料で査定、実績は多数、大変好評を戴いています。適正に査定、誠実な買い入れを実行しています。只今江戸時代をはじめ、明治時代や大正時代の本、昭和の本や、平成の本、また、絶版文庫や、文庫、一般書、専門書、学術書、芸術本、美術書、画集、個人全集、切手(特に中国切手)、地図、絵葉書、ポスター、CD、DVDなど、多くの品を求めています。(遺憾ですが、一部の日本文学全集、世界文学全集に買取不可がございます。状態も、とても大切な要素になります。日焼けヤニ焼け等があるとかなりお安くなってしまったりします。) 古書・古本出張買取を強化しております。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。夜間歓迎。早朝歓迎。お引越し、ご遺品整理、会社整理もよろしくお願いいたします。大量買取得出来ます。専門スタッフが親切丁寧に無料査定、評価をいたします。お客様に最適、最有利の買取方法をご提案いたします。委託もお受けしております。ご遠方からの宅配買取も大歓迎です。送料着払い。要電話です。




このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

このページの先頭へ