必読書

昨日、蜀山人大田南畝と餅の事を書きました。すまし雑煮文化圏だと思っていた江戸でも中期は、味噌雑煮、すまし雑煮を平行して食していた訳です。

考えてみると江戸という都市自体が、諸藩から来た侍を中心に発展した場所ですので、それぞれの国元の食生活が雑然と混在したと考えた方が自然です。

今年の文化勲章を受けた中野三敏先生著「江戸文化評判記」中公新書によると、江戸文化は三つの時代変貌があるとの事です。初期が京風の雅の時代。中期がそれに町人風の俗の要素が混じる雅俗融和時代。そして江戸後期が俗の文化の爛熟時代。

これを雑煮の視点から見ると成程、すっきりと納得できます。

京都の雑煮はもちろん白味噌です。江戸も多分味噌雑煮が多かったでしょう。

やがて江戸独自の町人文化意識が強くなり、南畝の時代の味噌雑煮、すまし雑煮混在時代が来ます。

そして町人文化全盛の江戸時代後期には、むしろ京風文化を意識的に排除したかのようで、ここに関東独自のすまし雑煮習慣が定着した。

こう考えると納得できます。

中野三敏先生は「大田南畝全集」の編集委員も務められました。

中野先生の本はどれも、古本屋の必読書です。



吹田市、豊中市は出張買取推進地区ですので、特別に買取強化しています。古本、古書、収集品の御整理でご自宅、事務所をスッキリとさせませんか。ぜひ大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店におまかせ下さい。お電話、メール一本で店主の池崎潔史本人が何処にでもお伺いさせていただきます。一年中、近畿一円、日本各地に積極的に無料出張買取しています。買取実績極めて多数。只今昔から御家に伝わってる色んな古い本、蔵書、文書、絶版文庫、時代小説、文庫、単行本、専門書、一般書、手芸本、料理本、趣味書、学術書、美術書、音楽の本、個人全集、叢書、各分野資料、肉筆物、原稿、書簡、美術品、版画、地図、絵葉書、骨董、道具類、CD、DVDなどを誠実に求めています。千冊、万冊単位の大量の買取、ご遺品整理、引越し整理、倉庫整理もお任せください。専門のスタッフが懇切丁寧に、無料査定、評価させていただきます。お客様にとりまして最適最良のご提案をご用意いたします。(でも一部の日本文学全集、世界文学全集など、とても稀ですが買い取りできない本や雑誌がございます。書き込み、落書き、切り取り、破れ、ヤニ、日焼けなど状態の芳しくない本も買取が困難かお安くなります。) 古書・古本出張買取を強化しております。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。適正に査定、誠実に評価買取いたします。夜間買取歓迎です。お客様が楽しくなる買取を目指します。ご遠方からの送料当店負担の宅配買取もぜひよろしく。電話、メールください。








このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

このページの先頭へ