まさか

最近、スケボーやら、クライミングやら、普段めったに見ることが出来ないスポーツをテレビが放送しています。四六時中、中継しているらしいので、時々目の端に入ってきて見てしまいます。何より驚くのが、アナウンサーが、まるでその競技を何十年と実況し続けているみたいです。



絶対に泥縄式に勉強して詰め込んだに違いないと思うのですが、その痕跡すら感じないほど流暢。解説者とあまり変わらないほど詳しいです。競技用語などスラスラ出てくるのでびっくり。その競技をサークル活動かなんかでしていた人なのか、とも思いますが、まさかね。



古本屋で本を買って勉強、に決まっています。



門真市の古本買取は池崎書店にお任せください。



門真市の古本の出張買取サービスは、大阪が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にご連絡、ご用命ください。買取経験豊富な店主がお客様のご予定に合わせて無料出張、丁寧に無料査定いたします。約1時間でお伺いいたします。何も捨てずに量の多少にかかわらず、御用命ください。お捨てになったものにお宝があるものです。お引越しの整理や生前の整理、御遺品の整理もお任せ下さい。高価買取月間絶賛全身全力強力に推進中。千冊万冊単位の大量でも少量でもホントに大歓迎。誠心誠意買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて24時間承っております。p>



古本 買取 大阪

タグ

感動

昨日も阪神百貨店の「古書ノ市」のレジ当番でした。お客様の出足は朝方は今ひとつでしたが、午後になってからご来場が多くなり、愁眉を開きました。



まあ、無理もないかもしれません。昨日は、男女柔道やスケボーの熱い戦いがたくさん放送されていたようですから。特に若い人たちのスポーツに一途に打ち込む姿はやはり感動的です。



それをもたらしてくれる主体はあくまで若い人たちや、競技者であり、私達はゆめゆめ為政者や行政、組織などに感動、感謝しているわけではないことは心に留めておくべきでしょう。そしてその若人やアスリートたちは毎年、世界大会や、国内大会も戦っているのであり、そちらにも同じような、注目を注ぐべきでしょう。4年に1度だけにまとめなくても、感動のストーリーは、身近にも有ると思います。



競技者の肉体、技術的なピークは4年という時間を待たないかもしれません。厳しい現実です。残念ながら時を得なかった目立たない努力にも目を向けたいものです。



南河内郡千早赤阪村の古本買取は池崎書店にお任せください。



南河内郡千早赤阪村の古本出張買い取りサービスは、南大阪全域が重点エリアの池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。量の多少にかかわらず、何も捨てずに、何はともあれ捨てる前に一度お気軽にご連絡ください。お引越し整理、生前整理、御遺品整理も御用命下さいませ。数万冊とか数千冊単位の大量でも少量でも心から大歓迎です。全身全力高価買取を絶賛実行致しております。



古本 買取 大阪

タグ

天佑

あれあれ、いつの間にか沢山あった貯金も目減りし、反対に他が貯金を増やし、トップだと思っていたら2位転落目前じゃないですか。下手したら3位も見えている。



誰かが言ってましたが、2番じゃだめなんですか。だめなんです。2位になったら底なしにズルズル下がってしまいます。そしてヒーコラ戻って2位でいいやになります。



あれだけぶっちぎりで首位独走していたのですから、ここは首の皮一枚でまだ首位をキープしているのですから、盛り返さないと、いけません。何となく粘りが希薄になってきているようです。



あのチームが昨日負けたのを天佑と信じて、今週から心を入れ替えて頑張って欲しいものです。



大阪市東区の古本買取は池崎書店にお任せください。



大阪市東区の古本出張買い取りサービスは、大阪全域が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。量の多少にかかわらず、何も捨てずに、何はともあれ捨てる前に一度お気軽にご連絡ください。お引越し整理、生前整理、御遺品整理も御用命下さいませ。数万冊とか数千冊単位の大量でも少量でも心から大歓迎です。全身全力高価買取を絶賛実行致しております。



古本 買取 大阪

タグ

いくつからでもいくつになっても

評論家で、魯迅などの翻訳でも有名だった竹内好の「転形期」という、日記を中心にしたエッセイ集をパラパラ見ていると、鶴見俊輔が書いた跋の中で「金栗四三」という人名が目に入りました。思わぬところに思わぬ名前です。



今、大河ドラマの主人公になっている明治のマラソン・ランナーですね。鶴見がテレビを見ていると84歳の金栗が出て来て「年齢に応じて距離や時間を落とすと、何歳でも運動は続けられる」と言っていたと書いていました。



竹内好は40歳で水泳、50歳からスキーを始めたそうで、46歳からスキーを始めた岡本太郎ともども、元気づけられますね。



箕面市の古本出張買い取りサービスは、大阪地域が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。量の多少にかかわらず、何も捨てずに、何はともあれ捨てる前に一度お気軽にご連絡ください。お引越し整理、生前整理、御遺品整理も御用命下さいませ。大量でも少量でもホント大歓迎です。

タグ

大きな楽しみ

まあ、各国の首脳が大阪で顔を合わせて個人的に、また集団的に、やあやあとすることは色んな意味があるのでしょう。スポーツ好きの人はむしろ秋のラグビーのワールド・カップに注目しているかも。これも大阪が舞台のひとつです。東大阪市の花園ラグビー場。



楽しみです。



タグ

このページの先頭へ