9月3日は落語を

昨日、9月3日は落語家に縁のある日です。4代目桂米團治、そして6代目三遊亭圓生、初代森乃福郎の各氏が誕生した日です。どなたも特色ある芸風をお持ちでした。



特に桂米團治は桂米朝の師匠として有名で、戦前の落語雑誌としてその名も高い「上方ばなし」の実質的編集者として、後世の落語愛好家を導きました。米朝師の思い出話に「変人でしたな。白色レグホンを飼っていて、それに絵の具を塗って小屋に入れると、他の鶏から突かれよる、ニワトリてあんまりかしこないな、言うてました。あんたもあんまりかしこないわ!」と言うのがありました。



三遊亭圓生は古今亭志ん生と、何かと並び称されていますが、私は志ん生の天才が図抜けていて比べ物にならないと思っています。



ちなみに圓生は律儀で死んだ日も9月3日です。



岩出市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。

岩出市の古本出張買い取りサービスはぜひとも池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。高価買取月間好評絶賛全力推進中。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。できるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙の資料的なものは大切です。昔の車や家電製品のチラシやカタログなどはとても大切です。親切丁寧にそのままの状態で査定させていただきます。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用承ります。

古本 買取 大阪

タグ

2022年9月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 落語 買取

筒井兄弟

日本のSFは小松左京、星新一、そして筒井康隆さんの三人が牽引して一大ジャンルを確立しましたが、ご存命は筒井さんお一人になってしまいました。



筒井さんの処女作というか商業的なデビュー作は、兄弟で出していた同人誌「ヌル」に掲載し、江戸川乱歩が推薦して「宝石」に転載した「お助け」という短編小説でした。



この昭和35年8月号の「宝石」には筒井康隆さんの作品の他に、弟の俊隆さんの「相撲喪失」、正隆さんの「二つの家」、さらに之隆さんのカット、そしてその4人兄弟に父親の筒井嘉隆さんを交えた座談会まで収録されていて、とても楽しい筒井一家の作品集みたいになっています。



俊隆さんの「相撲喪失」は実にウイットにあふれていて、最後の一行のどんでん返しは見事です。ひょっとすると筒井康隆さんよりも上手い?!



岩出市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



岩出市の古本出張買取サービスは、近畿全域が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、もしくはメール、FAXをしてください。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休で24時間受け付けています。本や雑誌の買取経験豊富な店主が、無料出張、丁寧に無料査定、適切にご相談に応じます。何も捨てないで下さい。捨てたものにえてしてお値打ちがございます。お引越しの本整理、生前整理や御遺品整理も承ります。高価買取強化月間全身全力で絶賛推進中。何万冊、何千冊の大量でも少量でもいつでも大歓迎。

タグ

お気をつけて

昨日、トイレで腰掛けていると、右足の真ん中あたりの指先に針を刺されたような痛みがあり、それに電気がピリッと走ったみたいになりました。あれ、神経痛かな、と思うまもなく、目の下に黒く這う物が見えました。



あわてて見回すと、15センチほどのムカデが床を這っています。トイレのサンダルに潜んでいたのです。ここ数日の暑さを逃れて入ってきたのでしょう。すぐに殺しましたが、じわっと麻痺したような、それでいて痛い感覚が右足指から広がってきています。すぐに風呂場へ行って、噛まれたと思しき箇所を石鹸をつけて洗い、毒を絞り出すようにもみました。



まだ少し熱ぼったいので薬屋で塗り薬を買ってきました。



調べてみると、ムカデの手当は患部を洗い流すのが効果的と書かれていました。湯が良いらしい。まあ、大事なく対処できました。



皆さんも、サンダルを履くときや洗濯物には、気をつけられたら良いと思います。そして噛まれたら湯で洗う。これで決まりです。



岩出市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



岩出市の古本出張買い取りサービスはぜひとも池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールをください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。ご整理の時はできるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙のものは大切です。そのままの状態で査定させていただきます。高価買取月間絶賛全力強化中。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用命下さいませ。万冊単位千冊単位の大量でも少量でもホントに大歓迎です。



古本 買取 大阪

タグ

四天王寺春の大古本祭り第3日

昨日は四天王寺春の大古本祭り第3日でした。またしても初日に戻ったような雨天。少し肌寒い、とお出かけには躊躇するような天気でしたが、午後になって雨がやみ、薄日がさしてくるとお客様も徐々に増えてゆき、なんとか賑わってきました。



絵本読み聞かせや腹話術、マジックショーなどのお子様向け企画にも大勢参加をいただいたようで、良かったです。



京都でも勧業会館で昨日から大きな古書即売会が始まっています。大阪、京都とデラックスな古本巡りのはしごが出来るのも大型連休ならではだと思います。



ぜひともお越しください。



岩出市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



岩出市の古本出張買い取りサービスは、ぜひ、池崎書店にお任せください。整理、売却をお考えの古本や雑誌、文庫本等がございましたら、何も捨てずに大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお電話、メールしてください。古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。お捨てになったものにお値打ちがあることがよくあります。経験豊富な店主が親切丁寧に査定、高価買取します。もちろん出張料無料、見積もり無料、梱包資材無料。お引越しや生前整理、ご遺品整理もお任せ下さい。お客様のご予定に合わせます。24時間受け付けています。千冊単位万冊単位の大量でも少量でもホントに心から大歓迎です。高価買取月間、絶賛全身全力推進中。お気軽にご連絡ください。



古本 出張買取 大阪

タグ

色んな重なりが

昨日はバレエダンサーのジョルジュ・ドンが生まれた日だそうです。あの有名な「ボレロ」を踊ったことで有名です。ところが更に調べるとシルヴィ・ギエムも2月25日生まれだそうです。この人も「ボレロ」で大評判を勝ち得ています。「ボレロ」で有名な男女の天才バレエダンサーが同じ日生まれとは驚きです。



「ボレロ」といえば作曲家モーリス・ラヴェルの不滅の作品ですが、彼には編曲でも不滅の作品があります。言わずとしれた「展覧会の絵」です。指揮者のクーセビッキーの依頼を受けてムソルグスキーのピアノ組曲「展覧会の絵」にオーケストレーションを施し、その結果、原曲が霞むほど世界に広がりました。



この曲の最後が「キエフの大門」です。全曲を締めくくるのにふさわしい壮麗な曲です。ウクライナに今もその遺構が残っているという門を描いた絵に、ムソルグスキーが触発されて書いた曲です。その門が破壊されないようにと思います。



話は変わりますが、同じ2月25日、ソ連時代のフルシチョフが4時間に渡るスターリン批判を党大会で演説した日だそうです。1956年です。スターリンが1953年に亡くなって3年後です。ちなみにフルシチョフは人種的にはウクライナ人だとのこと。



何か2月25日は、因果はめぐる糸車みたいな日ですね。



いずれあの人も大批判を受けるのでしょうが。



岩出市の古本出張買取は池崎書店にお任せ下さい。



岩出市の古本出張買い取りサービスはぜひとも池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。高価買取月間好評絶賛全力推進中。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。できるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙の資料的なものは大切です。昔の車や家電製品のチラシやカタログなどはとても大切です。親切丁寧にそのままの状態で査定させていただきます。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用承ります。



古本 出張買取 大阪

タグ

このページの先頭へ