当たりか

世界各地でオーロラが観測されているようです。北海道でも見られたとか。昨日の夜、空を見上げましたが、灰色でした。少しいつもより明るいような気がしましたが、色は感じられません。



太陽フレアの大活動のための磁気が地上に降り注いでの天体ショーだとのこと。中国では古来、赤気と言われたそうです。あまり良いことではなく、凶兆、世の中が乱れる前兆として人々に思われていたと言われています。



最近の世界情勢から見ると、当たっているかもしれませんね。



古本 買取 大阪

タグ

2024年5月12日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 買取

一家で

今日は幸田露伴の誕生日です。今はもう読む人もめっきり減ったと思いますが、彼が亡くなった時には、政府内で国葬の話も持ち上がったほどの明治の大文豪でした。彼の兄弟姉妹はすべてひとかどの人物で、軍人、探検家(郡司成忠)として、歴史学者(幸田成友)として、そしてクラシックの演奏家、教育者(幸田延、安藤幸)としてそれぞれが各界を牽引しました。



露伴の家族からも文筆家が続きました。一人娘の文は父露伴の思い出を書いて随筆家として世に出て、小説も書き、奈良法輪寺の三重塔の再建に携わるなどと幅広く活躍しました。父親と同じく岩波書店から全24冊の全集が出版されました。ちなみに露伴全集は全44冊でした。どちらも大したものです。



幸田文さんの一人娘が青木玉さんで、この人も名随筆家です、10冊の著作を出版し、そのすべてが文庫化されています。その娘さんが同じく随筆家の青木奈緒さんで、8冊の著作をものされています。語学堪能で翻訳もされています。



すごいですね。直系の家族だけで膨大な著作量です。ギネス級かも。



岩出市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



岩出市の古本出張買い取りサービスはぜひとも池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。高価買取月間好評絶賛全力推進中。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。できるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙の資料的なものは大切です。昔の車や家電製品のチラシやカタログなどはとても大切です。親切丁寧にそのままの状態で査定させていただきます。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用承ります。



古本 買取 大阪

タグ

暑くても

コロナがインフルエンザ並みの病気扱いになったことで、マスクをしていた人がどう変わるか見ていますが、あまり変化がないみたいです。お店などに入っても従業員さんはマスクしているしお客さんもマスク。



道を歩いている人もほぼマスクです。そういう私も出かけるときはマスクを忘れません。



まあ、もう少し暑くなって、マスクが鬱陶しくなれば外す人も増えてゆくことと思います。ただ、インフルエンザと違う点は、暑くなってもコロナは流行るということでしょう。私も去年の8月に罹りましたから、用心怠りなくしたいものです。



岩出市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



岩出市の古本出張買い取りサービスは、ぜひとも大阪全域が地盤の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。高価買取月間好評絶賛全力推進中。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。できるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙の資料的なものは大切です。昔の車や家電製品のチラシやカタログなどはとても大切です。親切丁寧にそのままの状態で査定させていただきます。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用承ります。

タグ

読みたくなる

結構な年月、文学を中心とした品揃えで古本屋をしていますが、縁のある作者と縁のない作者があるみたいです。私の好みが大きく影響しているのでしょうが、入るを拒んでいるわけでもないのに、不思議と著作が入ってこない人があるのです。



佐藤春夫がその一人です。お隣の和歌山県出身ですから、扱いたい気持ちはあるのですが、入らない。全集も一度も売ったことがありません。単行本や文庫本さえ蔵している数は少ないです。いま手近にあるのは「小説永井荷風伝」「上田秋成」そして新潮文庫の「佐藤春夫詩集」の3冊だけという有様です。



佐藤春夫は棘のある人で、顔にもそれが現れています。文章も独特の癖があり、好悪の感情を隠しません。「小説永井荷風伝」は三田の学生時代からの荷風との付き合いを、愛憎交えてあけすけに書いたものでなかなか面白い。特に戦前、「永井荷風読本」という編纂物を荷風の依頼でこしらえたが、その印税を佐藤が独り占めしたという噂を荷風が信じてそれ以来疎遠になったと、憤懣やる方無しという風情で、憤っています。



それでも荷風が亡くなって、心を込めて弔いに出向くと、荷風と不仲だった弟や、荷風を内心馬鹿にしていた久保田万太郎がしゃしゃり出て、葬儀を取り仕切ろうとしているのを苦々しく思うところなどは、荷風の気持ちを代弁しているみたいで、佐藤の一本気というか、ある種の男気が伺えます。



こんな事を書いていると、佐藤春夫をさらに読みたくなってきました。探そうかな。



岩出市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



岩出市の古本出張買い取りサービスは、ぜひとも池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。高価買取いたします。できるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙の資料は大切です。お高くなる可能性大です。そのままの状態で査定させていただきます。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用命下さいませ。大量でも少量でもホント、心から歓迎です。高価買取月間全身全力推進中。



古本 買取 大阪

タグ

天国か

昨日は大阪古書組合で市会がありました。1週間空きましたので久しぶり感が強かったです。その割に業者さんの姿があまり多くない。しめしめ、競争相手が少ない、チャンス到来と入札したのですが、なかなか落札できません。



皆さん、早い時間にきて入札を済ませていたものと思われます。残念。まあ、しばらくは即売会の予定もありませんから焦って仕入れることもないのですが、良い本はやっぱり欲しいですものね。



年末にかけて即売会の予定が無いのはかなり久しぶりです。年末の即売会は気忙しいのですが、さりとて予定がないのも経営上不安です。ご同業さんと昼食している時に、どこか良い場所ありませんかね、などという話題が出るのも仕方のない事です。



交通至便で人通りが多く、屋根があって費用が格安で、今から年末の予定が押さえられる所。そんな天国みたいな所があれば教えて下さい。



岩出市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



岩出市の古本出張買い取りサービスは、ぜひ、池崎書店にお任せください。整理、売却をお考えの古本や雑誌、文庫本等がございましたら、何も捨てずに大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお電話、メールしてください。古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。お捨てになったものにお値打ちがあることがよくあります。経験豊富な店主が親切丁寧に査定、高価買取します。もちろん出張料無料、見積もり無料、梱包資材無料。お引越しや生前整理、ご遺品整理もお任せ下さい。お客様のご予定に合わせます。24時間受け付けています。千冊単位万冊単位の大量でも少量でもホントに心から大歓迎です。高価買取月間、絶賛全身全力推進中。お気軽にご連絡ください。



古本 買取 大阪

タグ

このページの先頭へ