愛用者カード

かなり以前、旺文社文庫のネタで何回か書いたと思いますが、また久しぶりに旺文社文庫です。今回は文庫そのものではなく、挟み込まれていた愛用者カード(はがき)についてです。



のっけから引っかかったのですが、愛用者カード、という言い方、ちょっと変ですね。普通でしたら「愛読者カード」でしょうね。本を受験道具の一つとして捉えていたのかも。まあ、それはともかく、これはどの出版社も昔は挟んでいましたね。市場調査の情報収集にはもってこいの武器です。



はがきの頭に書かれた挨拶文が良いです。「このカードは電子計算機のカードです。旺文社が最新の電子計算機を用い、愛用者のみなさんに関する記録を、その記憶装置に記憶させ、今後、永い間にわたって、サービスを心掛けたいと願って特にくふうしたものです。ぜひ正確に記入してください。(記入は、必ず黒の鉛筆(HB、Bなど)でお願いします)」



なぜか、試験の注意事項を読んでるみたいで少し怖い。ちなみに、挟んであった文庫は「海潮音」昭和47年の初版ですから、コンピューターが企業に実用され始めたらしい時代が文面に感じられます。



記入方法は電子計算機に直接読ませるマークシート方式です。年齢を聞く欄は細かく分けられていて、7才以下、それから8才、9才、10才と続き、24才まで1才ごとに記入できます。それ以上は25~9才、30~9才、などとなって、最後は50才以上、と大まかになります。まあ旺文社ですから、ターゲットはそうなるでしょうね。年寄りはお呼びじゃない。



学校での学年を聞く欄でも、小学1年から始まって大学4年まで1学年づつ細かく分けています。浪人欄もあり、1浪から3浪までご用意されています。3浪以上してはいけないのかな?!!



その葉書を送り返したら抽選で賞品が当たったようです。1等 2名 高級置時計 2等 5名 蛍光灯スタンド 3等 20名 旺文社特製万年筆 4等 100名 旺文社特製文鎮 5等 500名 ブック・カバー1組、と質実剛健なラインアップの賞品です。遊びが微塵もない。



1等賞品は腕時計のほうが絶対良いのに不思議ですね。ご両親も巻き込んで喜ぶようにした深謀遠慮かも。それにしてもいくら昔でも文鎮なんか当たって嬉しいかなあ。



寝屋川市の古本買取は池崎書店にお任せください。



寝屋川市の古本出張買い取りサービスは、ぜひとも泉佐野市の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。高価買取いたします。できるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙の資料は大切です。お高くなる可能性大です。そのままの状態で査定させていただきます。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用命下さいませ。大量でも少量でもホント、心から歓迎です。高価買取月間全身全力推進中。



古本 買取 大阪

タグ

何食べてるの

かなり昔ですが、午前中のあるワイドショー番組の中に「突撃!隣の晩ごはん」と言うコーナーがありました。落語家のヨネスケさんが大きなしゃもじを抱えて夕方から夜にかけて行きあたりばったりに一般人の御宅に入り込んで食卓の情景を写すという、実に面白い企画でした。



調理中の時もあれば食べ終わって食べカスしか残ってない時もある。チョー豪華なご家庭もあれば一汁一菜のお宅もある。奥様方の狼狽ぶりも面白く、楽しいコーナーでした。あれは午前中の放送でしたから、結構、その日の晩ごはんのヒントにもなったのではと思います。



アサヒグラフの人気写真ページに「わが家の夕めし」というのがありましたね。こちらのほうが遥かに歴史は古く昭和42年ころから始まっています。20年ほど続いたと言いますから各界の有名人約1000人の夕ご飯が紹介されました。その中から100人分を選りすぐって朝日文庫にまとめたのが出ていましたが、今は結構入手難になっています。



カップラーメン一個の森敦さんやビールだけの稲垣足穂夫妻から、フルコースディナーをきらびやかなシャンデリアの下で息子さん達とにこやかに食べている中村歌右衛門一家まで。食べている内容以上に、食卓の一枚の写真にその人のスタイルが鮮やかに出ている点からも、興味深い一冊になっています。



人がどんな食卓で何を食べているのかは意外と気になるものですね。



高石市の古本買取は池崎書店にお任せください。



高石市の古本の出張買取サービスは、ぜひとも泉南地方全域が地盤の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にご連絡ください。買取経験豊富な店主が懇切丁寧に無料出張、無料査定いたします。量の多少にかかわらず、御用命ください。できるだけ何も捨てないでください。捨てるものに値打ちがある場合が多いです。高価買取強化月間誠心誠意全力推進中。お引越し整理、生前整理、御遺品整理もお任せ下さい。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、FAX、メールまたは 買取のお問い合わせ にて年中休みなく24時間承っております。p>



古本 買取 大阪 高石市

タグ

ドイルは面白い

昨日7月7日はコナン・ドイルの命日だったそうです。1930年に亡くなっていますから没後90年。シャーロック・ホームズ物などは依然人気が高く、各種文庫などでも新訳が相次いで出されています。



偶然に昨日、新潮文庫からかなり以前に出ていて現在は絶版の「傑作集」シリーズがまとまって入ってきました。ホームズものでない短編集と、冒険長編が混じったシリーズです。「海賊編」「恐怖編」「海洋奇談編」「冒険編」「ボクシング編」「クルンバの悲劇」「失なわれた世界」など今はあまり読まれていない作品が多いです。



ホームズ物ばかりにスポットが当てられることが多いのですが、ドイルという人、間口は広く他にも心霊現象の本や自伝、SFなど、面白い本をたくさん書いています。一度お読みください。「日本の古本屋」にアップしています。



大阪市の古本出張買い取りサービスは、ぜひ、大阪市出身の池崎書店にお任せください。整理、売却をお考えの古本や雑誌、文庫本等がございましたら、何も捨てずに大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお電話、メールしてください。古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。お捨てになったものにお値打ちがあることがよくあります。経験豊富な店主が親切丁寧に査定、高価買取します。もちろん出張料無料、見積もり無料、梱包資材無料。お引越しや生前整理、ご遺品整理もお任せ下さい。お客様のご予定に合わせます。24時間受け付けています。千冊単位万冊単位の大量でも少量でもホントに心から大歓迎です。高価買取月間、絶賛全身全力推進中。お気軽にご連絡ください。

タグ

ツイン21古本フェアいよいよ

昨日夕方からツイン21古本フェアの搬入でした。各店力の入った商品をご用意していたみたいです。本日11時から初日開場です。20時まで営業していますので、お仕事帰りや学校帰りでもごゆっくりお楽しみいただけます。



当店は好評に付き、クラシック楽譜大会を引き続きおこないます。ミニスコアやオペラのボーカルスコア、フルスコアなどをご用意しています。もちろん絶版文庫や美術関係、文学関係、紙もの、絵葉書なんかも沢山。



岸和田市の古本出張買い取りサービスは、泉州全域が地盤の池崎書店にどうぞおまかせ下さい。お気軽にお電話、メール、FAXなどでご連絡下さい。年中無休。24時間受け付けています。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ もどうかご利用ください。何から何まで、買い取りします。何も捨てずに御連絡を。捨てたものがお宝だったことがよくあります。どんな大量も少量も心から喜んで大歓迎。お引越しや生前整理、御遺品の整理も承ります。高価買取が自慢です。

タグ

絵のある文庫本

昨日は、終日、買取しては来たが段ボールに詰めたままだった1000冊ほどの文庫本の値段付けに没頭でした。

殆んどが絶版、品切れ文庫です。こんな小難しそうな本、今時読む人はいるのかしら、と不安になりながらの作業です。

時たま、挿絵がたくさん入った文庫が出てくるとホッとします。

画家は竹久夢二、谷中安規、谷内六郎、安野光雅、真鍋博、武井武雄、山本容子等々。

昔は挿絵が好きではありませんでしたが、今は逆。絵が無いと息が詰まりそうになります。

歳をとったのでしょうか。



守口市、門真市で御蔵書、資料、コレクションの整理や、売却などをお考えでしたら、是非とも大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にご相談ください。さあ、春の晴れ間に、新生活スタートに備えてお部屋の整理をスキットなさいませんか。只今本、蔵書、図書、古い本、戦国時代、江戸時代、明治の本や、大正の本、昭和の本、平成の各時代の本、各種雑誌色々、美術本、音楽書、演芸関係、資料、専門書、学術書、絵葉書、昔の旅行パンフレット、料理本、手芸本、LP、CD、映画や音楽のDVD、地図、万博関係、アイドル関係、資料、肉筆物、掛軸、版画、書簡、原稿など、広範囲なものを求めています。買取実績は圧倒的多数です。(一部の日本文学全集、世界文学全集など、残念ながら買い取りできない本や雑誌もございます。切り取りや、書き込みの多い本もお安くなる場合がたまにございます。) 古書・古本出張買取を強化しております。休日なしで、連日、無料出張買取行っています。夜間買取歓迎。早朝も大歓迎です。適正に査定。誠実に買い入れ。しかも高価買い入れしています。お客様は一切何もして頂く必要はありません。本箱に入れたまま、床に積み上げたまま、物置や蔵に入ったままで結構です。お客様のご自宅、会社にお伺いいたします。会社整理、遺品買取、1000冊単位、万冊単位の大量買取もお申し付けください。専門のスタッフが丁寧に査定させていただきます。ご納得していただいた上でお売りください。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。休日なしの無料出張買取見積もりしています。ご遠方のお客様からの宅配買取絶賛大歓迎。ご遺品整理や、会社整理も承ります。受託など、お客様に最良の方法をご提案いたします。大量買取得意です。




タグ

このページの先頭へ