どんな顔を

昨日は叔母の満中陰の法要を大阪市内の天満別院で営みました。少し暑さを覚えるほどの好天に恵まれ、出席は3名のミニマム法要でしたが、滞りなく努められてホッとしました。



浄土真宗の法事で私が好きなのは「白骨の御文章」の読誦が聞けることです。法然のこの名文は聞いていていつもその音楽的な言葉のたゆたいに酔わされつつ、かつ、冷厳な教えに満ちています。今回は特に「一生すぎやすし。今に至りて誰か百年の形体を保つべきや。」のくだりに当時の厳しい生活環境に思いを馳せました。「人の一生はあっという間である。今の世で、100歳になるなんて、誰ができようか。」ということでしょう。



でも、このたび亡くなった私の叔母は100歳ですし、その母親(私の祖母)も100歳で亡くなっているなんて、法然が聞いたらどんな顔をするでしょうか。



大阪市西区の古本出張買取は池崎書店にお任せください



大阪市西区の古本出張買い取りサービスは、経験豊富な池崎書店にお任せ下さい。お気軽に大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にご連絡、ご用命ください。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。24時間受け付けています。見積もり費用や出張費用、梱包資材費用など、勿論全て無料です。できるだけ何も捨てないで下さい。お捨てになるものに意外なお値打ちが。生前整理やご遺品整理、お引っ越しの際は、是非ともご連絡ください。高価買取強化月間全力で大絶賛実施中。高価買取いたします。万冊単位、千冊単位の大量でも少量でも心からホントに大歓迎。



古本 出張買取 大阪

タグ

苦手

普段何気なく使っている言葉でも、よく考えると、全く意味が分からない言葉があります。



例えば「苦手」。無意識に使っていますが、考えてみると「にがい手」なんて変な言い方です。反対語は「得意」かなと思いますが、これも字面からは対照になっていない気がします。そうなんです。「苦手」の反対語は実は「甘手」なのだそうです。



これは昔の中国の医療の方から来た言葉だそうです。詳しいことは私の理解の外なので端折りますが、「苦手」は有毒の手の意味で物を殺し、「甘手」は物を活かすとのこと。手の持っている力の違いらしいです。だから今私達が使っている意味とは少し異なりそうです。



手の持つ自然の力については洋の東西を問わず色々と語られています。医療の根源は「手当」でありますし、お釈迦様も「触手療法」の達人だったとか。昔のヨーロッパの王様は午前中の時間の幾ばくかは、押し寄せる患者の患部に手を当てる治療、ローヤルタッチをしたとか。



100年ほど前に出ていた「医文学」第74号という雑誌に載っていました。



岩出市の古本買取は池崎書店にお任せください。



岩出市の古本出張買取サービスは、関西が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、もしくはメール、FAXをしてください。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休で24時間受け付けています。本や雑誌の買取経験豊富な店主が、無料出張、丁寧に無料査定、適切にご相談に応じます。何も捨てないで下さい。捨てたものにえてしてお値打ちがございます。お引越しの本整理、生前整理や御遺品整理も承ります。高価買取強化月間全身全力で絶賛推進中。何万冊、何千冊の大量でも少量でもいつでも大歓迎。



古本 買取 大阪

タグ

2021年7月1日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 買取 雑誌

クイズ番組が

視聴者参加型のクイズ番組としてはほとんど唯一の存在であった「アタック25」が終了するとのことです。私も日曜日の午後、以前の司会者の児玉清さんのちょっとのんびりした、独特な調子の司会で楽しんだことを覚えています。



あのバネルの取り合いは、大昔、さる国営放送の音楽クイズ番組「シャープさんフラットさん」にオセロ感覚をプラスしたみたいで面白かったです。間違えると立つ、というのもイケズで良かったですね。



「いじわるクイズ」「アップダウンクイズ」「ダイビングクイズ」「クイズ・タイムショック」などなど一般参加のクイズ番組がゴールデンタイムにひしめき合っていた時代がちょっと懐かしいです。



奈良市の古本買取は池崎書店にお任せください。



奈良市の古本の出張買取サービスは、関西が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にご連絡、ご用命ください。買取経験豊富な店主がお客様のご予定に合わせて無料出張、丁寧に無料査定いたします。約1時間でお伺いいたします。何も捨てずに量の多少にかかわらず、御用命ください。お捨てになったものにお宝があるものです。お引越しの整理や生前の整理、御遺品の整理もお任せ下さい。高価買取月間絶賛全身全力強力に推進中。千冊万冊単位の大量でも少量でもホントに大歓迎。誠心誠意買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて24時間承っております。p>



古本 買取 大阪

タグ

2021年6月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 買取 雑誌

刺激的付録

在宅機会が多い世相を反映してか、インターネットを通じての思わぬサービスが広がっています。もう終了しましたが、少年画報社が創業75周年を記念して、年末年始の2日間、自社まんがの無料配信をしていました。



私も、懐かしい月刊「少年画報」1963年9月号をめくってみました。私が購読していたのは講談社の「ぼくら」でしたから、あまり馴染みがありませんでしたが、付録がユニークなのに驚きました。



実物切手が3枚付いているのです。袋に入って本誌に綴じ込まれていたようですが、大変な準備と手間だったろうと思います。使用済みの普通切手か外国切手だったろうと思いますが、当時の切手ブームに乗っかった刺激的な付録です。



泉北郡忠岡町の古本買取は池崎書店にお任せ下さい。



泉北郡忠岡町の古本出張買い取りサービスは、泉州全地域が地元の池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。量の多少にかかわらず、何も捨てずに、何はともあれ捨てる前に一度お気軽にご連絡ください。お引越し整理、生前整理、御遺品整理も御用命下さいませ。何千冊、何万冊という大量でも少量でも心から大歓迎です。高価買取集中月間絶賛全力実施中。

タグ

阪神へお越しください

昨日はひたすら阪神歳末古書ノ市に展示即売する本や雑誌の準備でした。当初は新ネタの文庫本を多い目にと思っていたのですが、70年代から80年代はじめにかけての雑誌が沢山あるので、御奉仕価格で用意をしました。



「ポパイ」や「オリーブ」「モノンクル」「ブルータス」「ホットドッグプレス」などなど。「スタア」なんかもチョットあります。雑誌を手に取るとパラパラしたくなりますが、引きずり込まれるといけませんから機械的に検品。



今週土曜日午前10時には阪神百貨店8階催場で、お客様をお待ちしております。お早い目にお越しください。



香芝市の古本買取は池崎書店にお任せください。



香芝市の古本出張買い取りサービスは、ぜひ、泉南全域が地盤の池崎書店にお任せください。整理をお考えの古本や雑誌、文庫本、資料等がございましたら、何も捨てずに大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお電話、メールしてください。古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。お捨てになったものにお値打ちがあることがよくあります。経験豊富な店主が親切丁寧に査定、高価買取月間全力強力推進中。もちろん出張料無料、見積もり無料、梱包資材無料。お引越しや生前整理、ご遺品整理もお任せ下さい。お客様のご予定に合わせます。24時間受け付けています。千冊単位万冊単位の大量でも少量でもホントに心から大歓迎です。どうかお気軽にご連絡ください。

タグ

このページの先頭へ