ヘッセとトランク

カフカは未だに読みつがれているようですが、昔、若者必読と言われていたヘッセはさっぱりみたいです。「車輪の下」や「デーミアン」など、誰もが一度は本の名前くらいは聞いたことがあるはずです。ところが今では、彼が庭いじりをした話や読書などのテーマ別に文章を集めた文集が読まれているくらいではないでしょうか。



彼は青年向きの甘い恋愛小説家みたいなイメージを持たれがちですが、実はちょっとにがい厳しい作品のほうが多いほどです。「幸福論」などという文庫本もありますが、読んでみるとわかりますがハッピーなことはあまり書いていません。第一、「幸福論」は14ページほどしかなく、他は小品集です。



その冒頭にあるのは「盗まれたトランク」というあまり幸福ではない話です。旅先から家に送ったトランクが駅で紛失します。損害賠償の裁判のときに必要だからと、弁護士から品物と価格を書いておくようにと言われます。色々と列記してゆくと自分は大変な金持ちなんだと思い至ります。



つまり当時はドイツが第1次世界大戦で負けて、天文学的インフレに襲われていて、物も手に入らない状況だったのです。トランク自体や入っていた服、下着なども大変高く見積もられました。しかし彼はそんな物よりも40年愛用したハサミや友人から送られた手製の旅行用毛布など、かけがえの無い物を惜しむのでした。



ここを読むといかにもヘッセらしいつつましさにしんみりとなります。自分のことを振り返ると、こんなに愛用しているものがまわりにあるだろうかと自問してしまいます。ついつい100均ですましている安易さに気がつくのでした。



結局、駅の手違いでトランクは発見されてヘッセのもとに戻り、幸福な話になってめでたしです。



古本 買取 大阪

タグ

無視されて

カフカの没後100年が昨日だったらしいです。どうりで新潮文庫から立て続けに2冊も新刊が出たわけです。



カフカは宮沢賢治と同じように、草稿の形で多くの作品が残されました。残された、という言い方は変かもしれないですね。実は彼自身は草稿のすべてを焼き捨ててくれ、と友人のブロートに依頼して草稿を預けて死んだからです。ブロートはカフカの頼みを無視して、自分で草稿を整理してカフカの作品として発表してしまったのです。



その整理の仕方がカフカの制作意志と少しずれているのではないかという疑問が少しづつ起こり、最近の草稿研究で整理し直されて、今までとは随分と作品の印象が違う翻訳が出てきているわけです。



カフカからすればどちらにせよ、俺の気持ちを無視しやがって、かもしれません。



古本 買取 大阪

タグ

きしむ

昨日は参加している市会の当番日でした。事前に出る目録が少なめでしたので、そのつもりで行くと、なんのなんの、いつもに増して多くの出品で、出品台の上はてんこ盛りでした。



振りも盛況で、当日持ち込んでいただいた人文系の一口が大変な人気でした。やはりウブい品は魅力的ですね。



みなさん、たっぷり買ってタイヤを軋ませながら帰ってゆかれました。



古本 買取 大阪

タグ

解決を

1948年の今日5月14日にイスラエル国が建国宣言をしました。バレスチナ地域のイギリスの委任統治が終了と同時です。また、同時にアラブ諸国がイスラエルとの戦争を宣言しました。今に至る悲劇の始まりです。



そもそもイギリスの2枚舌外交をバレスチナ入植を計画していたユダヤ人、シオニストたちに利用されたのが大きな原因だとされています。第1次大戦のときにアラブ側にすり寄って、共同でドイツとその同盟国トルコと闘うことを持ちかけ、見返りにアラブの後ろ盾になることを約束、その舌の根も乾かぬうちにシオニスト勢力にパレスチナへの入植を約束。



つまりインドからの物資の輸送ルートを確保するために、両方を操ってうまく立ち回ろうとしたためでしょう。そのインドが独立を果たしたため、イギリスは厄介な問題から手を引いて国連に丸投げしたのでした。



アメリカ主導の国連は、アメリカ中枢に深く食い入ったユダヤ勢力のロビー活動で、パレスチナ側にひどく不利な分割案を採択、パレスチナ側は認めませんでした。



大国のエゴがどれだけの悲劇を生むかの証が今の中東情勢です。解決できるのでしょうか。



古本 買取 大阪

タグ

2024年5月14日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 買取 雑感

四天王寺春の大古本祭り初日でした。

昨日は四天王寺春の大古本祭りの初日でした。お天気も曇りではありましたが、幸いなことに雨は落ちてこず、本探しにうってつけの一日となりました。



午前10時の開場の直前には大勢の古書マニアのお客様が、テントが開かれるのを今や遅しと待ち構えていて、息苦しいほどでした。超大型の100円均一本コーナーもえらい賑だったそうです。



会期は10日間ですから各店、各コーナーは毎日補充に余念がないことでしょう。是非とも何度もお越しください。



古本 買取 大阪

タグ

このページの先頭へ