人気が高い訳

読書家に人気が高い講談社文芸文庫の創刊当時の挟み込みパンフで、村上龍さんが、純文学の反対語はあるか?との問に「純文学に対置するものはない、質としての純文学であり、純文学というのはレベルである(大意)」と答えています。なかなかいい線の回答だと思います。それを反映してか、この文芸文庫には質の良い小説、エッセイ、評論、詩歌などが日本文学にとらわれず、また海外の作品もジャンルを問わず意欲的に収録して、他社の文庫とは明確に一線を画したラインナップになっています。



解説、作家紹介にも力が入っていて、著書目録なども充実していて、古書店の参考資料としても十分役立ちます。



また、この文芸文庫は統一的なデザインの中に変化をつけて、収集欲も高めています。愛好者が多いのも当然ですね。定価が高めなのが難点ですが、古本で集めてはいかがですか。さらには、文芸文庫に収録された作品の元の単行本や全集本の端本等が、古本の均一本などでお安く手に入る場合が多いことも言っておかないとね。



熊取町の古本出張買い取りサービスは、泉南地域が地盤の池崎書店にどうぞおまかせ下さい。お気軽にお電話、メール、FAXなどでご連絡下さい。年中無休。24時間受け付けています。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ もどうかご利用ください。何から何まで、買い取りします。何も捨てずに御連絡を。捨てたものがお宝だったことがよくあります。大量も少量も心から喜んで大歓迎。お引越しや生前整理、御遺品の整理も承ります。

タグ

栞の色

新潮文庫で山本博文、逢坂剛、宮部みゆき著「江戸学講義」(山本博文さんが先生、逢坂、宮部のお二人が聞き役として江戸のいろんな事を尋ねる形の、実に楽しい本)というのを読んでいて、ふと本の下からはみ出ている栞紐と言うかスピンと言うか、読んだところまでに挟む紐の色が、金色みたいな黄色だったのでびっくりしました。



一瞬、前に持っていた人が後から自分でつけたのかと確かめました。でも、ちゃんと最初からついていた栞紐でした。私がびっくりする訳、文庫本好きの人はわかると思いますが、大昔から新潮文庫の栞紐の色は濃い目の茶色と決まっていたからです。



調べてみると新潮文庫100周年の1年間だけ、この色の紐がついたのだそうです。刷り込みというのは恐ろしいもので、紐の色が変わっただけで何か、新潮文庫じゃないみたいです。



高石市の古本出張買取は、ぜひとも泉南地方、南大阪が地盤の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールしてください。年中無休、24時間お待ちしております。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、もしくは 買取のお問い合わせ にても承っております。梱包資材、出張費用、見積もり費用など、一切不要です。どうかご安心して、できるだけ何も捨てずにご連絡ください。お捨てになるものに値打ちがあることが多いです。お引っ越しや、生前整理やご遺品整理などもお任せ下さい。大量大歓迎。

タグ

面倒な人たち

昨日書いたピエール・ルイス作鈴木信太郎訳「ビリチスの歌」新潮文庫版第2刷りの話の続きですが、くだんの第2刷には誤植とまでは行かないのですが、不都合がもう一箇所ありました。

作者名が、「ピエール・ルイス」となっていましたが、正しくは「ピエエル・ルイス」なのです。少なくとも、訳者の鈴木信太郎博士はそう書いていたはずです。第3刷ではその様に訂正して印刷されていますから。

鈴木博士はフランス語フランス文学の碩学でしたが、日本語表記についても厳密で、正字旧仮名論者でした。つまり「学問」は「學問」、「戦争」は「戰爭」、「あったように思われる」は「あつたやふに思はれる」と書く方式です。

外国人名表記にもこだわりがあり、「ベルレーヌ」は「ヴェルレエヌ」、「ランボー」は「ランボオ」、「ボードレール」に至っては「ボオドレエル」と書かないと、線路では無い❢と叱られそうです。

したがって、「ピエール」は「ピエエル」でなくてはならないわけです。

偉い学者ほど面倒な人たちが多いようです。


守口市は当店の買取推進地区です。お部屋をスッキリ、古い本、本、図書、蔵書、古本、古書、資料、クラシック、ジャズCD等の売却をなさいませんか。その節はぜひとも大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。本が足りません。今、本が沢山必要です。休日返上で毎日無料出張買取中。買取実績圧倒的多数。適正な査定で誠実、高価買い入れ致します。店主の池崎潔史が責任をもってご自宅や書庫、会社、倉庫、蔵、物置に出張査定、出張買取いたします。会社整理やご遺品整理も承ります。1,000冊単位、2,000冊単位の大量買取、どうかお任せください。お客様のご自宅、会社、倉庫にお伺いいたします。経験豊富なスタッフが懇切丁寧に無料査定いたします。最適なご提案を心がけています。(でも残念ですが、一部の日本文学全集、世界文学全集等、ごく稀には買い取りできない本や雑誌がございます。状態のよろしくない本や、日焼け本等も同様に買取困難若しくは買取価格がお安くなります。) 古書・古本出張買取を強化しております。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。夜間買取もしています。早朝買取実施。ご遠方からの宅配買取も大歓迎でお受けしています。送料着払いです。お問い合わせください。空前絶後の買取をしております。


タグ

ビリチスの歌

政治家に汚職がつきもののように、本には誤植がつきものです。

このブログでも、誤植の話題は何度か取り上げたと思いますが、大抵は本文の中の話でした。

表紙や扉では、流石に誤植は見当たらないものですが、最近、ホームラン級を見つけました。

新潮文庫のピエール・ルイス作鈴木信太郎訳「ビリチスの歌」がそれで、私が見たそのニ刷では表紙と背の表題が「ビリヂスの歌」になっているのです。表紙と背といえば最も目につく所ですね。表題といえば一番の肝心要です。

ただし、誤植は表紙と背文字だけのことで、帯や扉や奥付けは正確に「ビリチスの歌」になっていますから、思えば不思議な誤植です。

三刷では表題は表紙、背文字とも「ビリチスの歌」と訂正されていました。

私にとっては長年「ビリチスの歌」で親しんできましたので、そんな誤植本があるなど、信じられませんでした。

ビリチスは古代ギリシァの美人のはずですが、ビリヂスでは美人と感じられません。

初版を見てみたいものです。

     


門真市の出張買取に力を入れています。本、ご蔵書の売却、整理などの御用は、大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお電話、メール下さい。泉南地方へは在宅していれば早ければ30分前後で参上いたします。関西一円は道路事情がスムースでしたら1時間~4時間程度でお伺いできます。ご連絡いただいたその日の買取に機敏に即日対応いたします。当店は基本的に、休日なしで毎日無料出張買取、無料見積もりしています。買取実績圧倒的多数。夜間買取しています。夜中受付します。適正に査定、誠実に買い入れ。お気軽にご相談ください。ご遺品の整理や会社の整理、倉庫整理なども承ります。1000冊単位、万冊単位の大量買取、安心してお任せください。専門スタッフが、親切丁寧に無料査定いたします。お客様の立場で、最適かつ最良の方法をご提案いたします。ご自宅、物置、蔵、会社、書庫、倉庫に無料出張いたします。明治の本、大正の本や、昭和の本、平成の本、あらゆる時代の資料、肉筆物、原稿、書簡、骨董なども買取いたします。積極的に本を探しているのです。本が不足しています。お力を貸してください。(でも極一部の日本文学全集、世界文学全集、美術全集、百科事典、講座物のみでは、買い取りできない場合がございます。日焼けや、ヤニ焼けなどの本も少しお安くなります。) 古書・古本出張買取を強化しております。大量買取お任せください。宅配買取も強化中。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。お気軽にどぞ。宅配買取もお願いします。


タグ

新訳が進む

長年、名訳として親しんで来た翻訳小説なんかが新訳で出たりすると、ちょっと気がひかれます。

創元推理文庫のエラリー・クイーンの作品は鮎川信夫さんや井上勇さんの翻訳で読まれてきましたが、有名な国名シリーズなどが中村有希さんにより新訳刊行が進んでいるようです。

書名はなかなか変えにくいので従来から親しまれている「~の謎」を引き継いでいます。

「ギリシャ棺の謎」の新訳を少し覗いてみましたが、きびきびした文体で極めて読みやすい。クイーンの作品が全部新訳される日が待ち遠しいです。

創元推理文庫では、F・W・クロフツやヴァン・ダイン、ジョン・ディクスン・カーといったドル箱作家達の作品も改訳を進めているようで、こちらも楽しみです。



吹田市、茨木市の出張買取に力を入れています。本、古本、古書、古い本、図書、蔵書、専門書、一般書、学術書、文庫本、新書、実用書、全集、個人全集、地図、絵葉書、肉筆物、原稿、書簡、古い沿線案内、昔の旅行パンフ、古い車のパンフ、古い家電のパンフ、資料、鍼灸関係、書道関係、デザイン関係、建築関係、CD、映画や音楽DVD、アイドル関係、古い映画のチラシやパンフ、古い玩具、キャラクターグッズ、骨董、掛軸、版画等色々のコレクション等の売却、整理などの御用は、大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお電話、メール下さい。泉南地方へは在宅していれば早ければ30分前後で参上いたします。関西一円は交通事情がスムースでしたら1時間~4時間程度でお伺いできます。ご連絡いただいた即日の買取に機敏に対応いたします。当店は基本的に、休日なしで毎日無料出張買取、無料見積もりしています。買取実績圧倒的多数。夜間買取しています。夜中受付します。適正に査定、誠実に買い入れ、高価買取します。お気軽にご相談ください。ご遺品の整理や倉庫整理、書庫整理、物置整理、御蔵整理、会社の整理なども承ります。1000冊単位、万冊単位の大量買取、お任せください。専門スタッフが、懇切丁寧に無料査定いたします。お客様の立場で、最適かつ最良の方法をご提案いたします。明治の本、大正の本や、昭和の本、平成の本、あらゆる時代の資料、料理本、手芸本、趣味本、万博関係、骨董、掛軸、など、積極的に本を探しています。本が不足しています。お力を貸してください。(でも極一部の日本文学全集、世界文学全集、美術全集、百科事典、講座物のみでは、買い取りできない場合がございます。日焼けや、ヤニ焼けなどの本も少しお安くなります。) 古書・古本出張買取を強化しております。大量買取お任せください。宅配買取も強化中。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。お気軽にどぞ。宅配買取もお願いします。








タグ

このページの先頭へ