成人

以前は昨日、1月15日が成人の日でした。日本全国例外なしです。今みたいに祝日が移動したり、地方自治体によって異なるなどということはなく、その意味ではあっさりしたものでした。



私が生まれ育った大阪市では必ずと言ってよいほど大阪市役所の屋上で、澪標の鐘だったか、誓いの鐘だったか忘れましたが、成人代表の男女1名づつが鐘を撞いている光景がニュースに流れました。



式典の服装は今みたいな、娘さんはほとんどすべて振り袖にファーというのでしょうか襟巻き姿、男の方は濃い色の背広という画一的な事はなかったみたいです。学生服姿や替え上着、普通のスーツみたいな地味なものでした。振り袖はちらほら程度だったかな。また、今の目立ちたいタイプの人達のような金ピカの紋付き羽織袴やアヒルのマスクといった人は皆無だったと思います。



それと、青年の主張とか何とか言った弁論大会みたいなのが、いま問題になっている某国営放送で毎年この時期に放送されていました。苦学したり、病を克服したりなどと言った背景の発表者が、こみ上げるものをこらえきれずに壇上で涙を流していたこともありました。こちらは姿を変えながら最近まで続いていたようですが、今は消えているとのこと。これなどは再度復活してもよいのではと思います。



まあ、成人式にも出席しなかった私がとやかく言う事はないのですが。



泉大津市の古本出張買取は池崎書店にお任せ下さい。



泉大津市の古本出張買い取りサービスは、ぜひとも池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。高価買取いたします。できるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙の資料は大切です。お高くなる可能性大です。そのままの状態で査定させていただきます。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用命下さいませ。大量でも少量でもホント、心から歓迎です。高価買取月間全身全力推進中。



古本 出張買取 大阪

タグ

2022年1月16日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 買取 雑感

妙に新鮮

昨日の午前中、いつも診てもらっているお医者さんに行きましたが、患者さんが多いのにびっくりしました。いつもは、私一人が入って行き、私一人が診てもらい、私一人が帰る、つまり誰ひとり他の患者さんに会わない、ということが多かったのですが、結構他の患者さんが出入りしていました。



風邪が流行っていることも聞きません。健康診断の時期でもありません。まさかコロナでもないでしょうから、たまたま年初の受診者が重なっただけなのかも知れません。



大きな病院や診療所の混雑ぶりを永らく知りませんので、ひっそりした町のお医者さんが賑わうのは、ひなびた温泉地が突然脚光を浴びたみたいで、変な言い方ですが新鮮でした。



大阪市西区の古本出張買取は池崎書店にお任せ下さい。



大阪市西区の古本出張買い取りサービスは、ぜひ、大阪市出身の池崎書店にお任せください。整理、売却をお考えの古本や雑誌、文庫本等がございましたら、何も捨てずに大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお電話、メールしてください。古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。お捨てになったものにお値打ちがあることがよくあります。経験豊富な店主が親切丁寧に査定、高価買取します。もちろん出張料無料、見積もり無料、梱包資材無料。お引越しや生前整理、ご遺品整理もお任せ下さい。お客様のご予定に合わせます。24時間受け付けています。千冊単位万冊単位の大量でも少量でもホントに心から大歓迎です。高価買取月間、絶賛全身全力推進中。お気軽にご連絡ください。



古本 出張買取 大阪

タグ

2022年1月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 買取 雑感

安くつくのに

昨日、プリンターのことを書きましたが、そもそもプリンターのヘッドが詰まらないようなメンテを使用者が簡単にできるようにすれば、廃インク吸収パッド交換問題は解決するのでは、とド素人は思います。ヘッドクリーニングをインクでする、などというような無駄がなくなります。したがってインクが減る度合いが少なくなり、インクを買う費用(これが高いですね)が少なくて済みます。廃インクを貯めるパッドやタンクもいらなくなり、プリンターを使用できる年数が延びます。



You Tubeで見ると、ブリンターのヘッド部分を露出させてそのノズルの詰まりを拭き取るのはそれほど難しいことではなさそうです。クリーナー液みたいなのが必要であれば別売りすれば良いと思います。インクほど高くもならんでしょう。



なぜか(理由は言うまでもありませんが)、プリンターのメーカーはインクによる機械的、定期的ヘッドクリーニングは必要悪、と位置づけている感じが濃厚です。理由は二つ、高いインクがたくさん売れる、ブリンターの買い替えが早まる。と、こう考えられても仕方ないでしょう。



いずれ、時代はペーパーレスになるかも知れませんが、それまでは高いインクを我慢して使い、修理よりもプリンターを買い替えたほうが安くつく、みたいな状況が続くのでしょうかね。



パソコンのディスプレイ上の必要な情報はケータイで写しておく。そして、年賀状は出さないか、印刷屋に頼む。プリンターは必要最小限しか使わない、が良いのかも知れません。



(廃インク吸収パッドを自分で交換できるタイプのプリンターもあるらしいです)



大阪市北区の古本出張買取は池崎書店にお任せ下さい。



大阪市北区の古本出張買取サービスは、大阪市北区生まれの池崎書店にぜひお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、もしくはメール、FAXをしてください。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休で24時間受け付けています。本や雑誌の買取経験豊富な店主が、無料出張、丁寧に無料査定、適切にご相談に応じます。何も捨てないで下さい。捨てたものにえてしてお値打ちがございます。お引越しの本整理、生前整理や御遺品整理も承ります。高価買取強化月間全身全力で絶賛推進中。何万冊、何千冊の大量でも少量でもいつでも大歓迎。



古本 出張買取 大阪

タグ

たいらにして

今年も、今年の漢字やら流行語が選ばれてニュースから流れてくる時期になりました。こういう風な、最近になって定番化した、歳時記化させようとするようなイベントに良いと思うものは全くありません。



特にお寺の偉いと言われている坊さんが、斜めに立て掛けた板に貼り付けた大きな紙に、ぶっとい筆に墨をたっぷりつけて、カメラを意識しながら墨をたらたら垂らしながら、今年の漢字とやらを一字書いて、皆さん、来年も良い年になりますよう頑張りましょう、などとのたまう映像は見ちゃいられません。



過去には、密やら、災やら、税やら、変やら、毒やらの字を大きく書いていますが、どうなんでしょう。今年の漢字の「金」は過去にも何度も書かれているみたいです。お寺の坊さんが「金」とか「税」とか、つい笑ってしまいます。



お坊さんなら、仏典などから意味の深い漢字を引いて、せめて、まっ平らに紙を置いて書いてほしいものです。



吹田市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



吹田市の古本出張買い取りサービスはぜひとも大阪全域が地盤の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。高価買取月間好評絶賛全力推進中。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。できるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙の資料的なものは大切です。昔の車や家電製品のチラシやカタログなどはとても大切です。親切丁寧にそのままの状態で査定させていただきます。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用承ります。



古本 出張買取 大阪

タグ

2021年12月14日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 買取 雑感

少しは役立たせる

限界のあるキャパで仕事をしていますから、どうしても店と合わない本や資料の扱いに頭を悩ませます。できるだけ活かすようにはしますが、理想的にはゆきません。



池崎書店では文学、美術、音楽が中心的な取扱分野で、派生して、歴史関係や思想関係、社会関係、科学関係を扱います。法律や経済分野が何となく手薄にはなってしまいます。



それと心情的に扱いたくない著作なども出てくるのはやむを得ません。あるご同業にお聞きするとそういう本は買取、もしくは引取をしても自店では扱わず、廃棄処分すると言っておられます。それは世に普及するのは害と思われる本らしいです。



私も、偏った史観に基づくベストセラー本など、自分がそう判断する本は入ってきても即売会等には並べません。かと言って廃棄処分はせっかく資材を使ってできた本ですからもったいない。そこで、全集本などをくくる際の傷をつけないためのアテとして利用します。



これなら多少は役に立つでしょう。



豊中市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



豊中市の古本出張買い取りサービスはぜひとも大阪全域が地盤の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。高価買取月間好評絶賛全力推進中。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。できるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙の資料的なものは大切です。昔の車や家電製品のチラシやカタログなどはとても大切です。親切丁寧にそのままの状態で査定させていただきます。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用承ります。



古本 出張買取 大阪

タグ

2021年12月13日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 買取 雑感

このページの先頭へ