休憩です

昨日は午前中に倉庫に、四天王寺春の大古本祭りから帰ってきた本を運び入れました。やれやれです。本当なら会期中の埃にまみれた本たちをキレイにしてやらないといけないのですが、とりあえずはそのまま収まってもらいました。



世間様では連休が終わってお仕事に戻られていると思いますが、こちらは連休中、休み無しでしたので一休みです。本来、弱小古本屋は一年中働き通し、と言えば大げさですが、自分で働き方を決めますから体力あればぶっ通しも出来るでしょうが、ロートルの世代の我々には不可能です。



ほんのわずかの休憩を大事にしたいものです。



古本 買取 大阪

タグ

ありがとうございました

昨日で「第21回四天王寺春の大古本祭り」は無事終了いたしました。10日間という長期でしたが、お客様の本探しの熱意は終わりまで変わらず、ありがたいことでした。



特に今回は若いお客様の姿が目立っていたようでした。それもしっかりした、ちょっと硬めの本をお求めになるお若い方が多かったように思います。誠に心強いことです。



インバウンド効果が今回ほど感じられたことはありません。お一人で、御夫婦で、またグループで本探しや、版画探しを楽しまれている姿から、円安であるなと思い知らされました。そして今回、特に強く印象に残ったことは、外国のお客様は例外なく、お買い上げ後、我々店主に向かって「アリガトウゴザイマス」と言いながら微笑みとともに頭を下げてくださったことです。



そうなのです。本などを読んで調べると、諸外国、特に米国やヨーロッパの国々では売手と買手はともに「ありがとうございます」を伝え合うのが全く普通なのです。買い手が威張りくさって、いわゆるカスタマーハラスメントが多く見られるのは日本だけのようです。



恥ずかしいことは直ちにやめたいものです。色々とまなぶことが多かった今回の古本まつりでした。



ありがとうございました。



古本 買取 大阪

タグ

いよいよ最終日です。

昨日で四天王寺春の大古本祭りも9日が過ぎました。晴天が続いていますのでお客様のご来場も多く、忙しくなってきています。



さて、今日は最終日、恒例の100円均一袋詰が始まります。500円で袋を買っていただき100円均一コーナーの本を詰めるだけ詰めていただく。



本好きの方にとってはたまりませんね。午後4時の閉場までお楽しみください。



古本 買取 大阪

タグ

四天王寺春の大古本祭り第8日目でした。



四天王寺春の大古本祭り8日目は写真のとおり抜けるような青空のもと始まりました。好天に誘われてお客様が続々と来られて、終日賑わいました。





上の均一本コーナーは次々と売れて、補充が追いつきません。安価にご提供した本がお客様に受け入れられてよかったです。





お客様は人間ばかりではありません。後ろのテーブルで共同レジの仲間が交代で食事するのですが、食べこぼしたお菓子につられたのか、可愛いお客様がご来場でした。



古本 買取 大阪

タグ

四天王寺春の大古本祭り7日目でした

昨日は四天王寺春の大古本祭りの第7日目でした。普通でしたら、すでに会期終了になっているのですが、今回は今日を含めてあと3日会期があります。各店の店主たちは少しつかれた顔をしていますが、お客様の姿を見るとしゃきっと元気になっています。お客様が何よりの刺激剤ですね。



そろそろディスカウントを始める古本屋さんも出始める頃です。是非とも3連休にはお越しください。



古本 買取 大阪

タグ

このページの先頭へ