基次郎さん

私は大阪市内の生まれですので、小説家などでも大阪市内生まれの作家に親近感をいだきます。開高健や織田作之助あたりはすぐに思い浮かびます。その人達に比べると大阪臭は少ないのですが、梶井基次郎もれっきとした大阪市内生まれです。



明治34年2月に西区土佐堀で生まれ、やがて同じ西区江戸堀に引っ越しますが、8歳の時父親の転勤で東京に移ります。2年後にまたもや転勤で今度は三重県へ。また2年後に父親は再び大阪へ転勤になりますが、基次郎と兄は学校の関係で三重県に残り、次の年、大正3年3月に大阪市西区靱の家に一家が揃います。



実は父親が東京から戻った時に短期間ですが住んだのは、大阪市北区本庄西権現町(現在は北区鶴野町)だったそうです。実は私も本庄西に何年か住んだことがありました。年譜でこの記事を見た時におっ、と思ったものです。まあ、基次郎自身は住んでなかったのでしたが、ちょっとびっくりしました。



実は年譜を見ていて、もっとびっくりしたことは、基次郎には異母弟がいて網干順三さんと言いました。どこかで聞いた名字だと思ったのですが、説明を見ると、高松塚古墳で有名な考古学者だった網干善教さんの父親とありました。つまり基次郎と網干善教さんは叔父と甥ということになります。意外でした。



さて、基次郎はそれ以後は大阪の北野中学から京都の三高に入り、下宿します。以後は大阪市天王寺区に移った実家には帰ったり帰らなかったり、小説家を志してからは、東京や湯河原などを行ったり来たり、結局は大阪の臭いがだんだんと薄れた作家になってゆきました。



それでも昭和6年には大阪市住吉区王子町(現在は天王寺区王子町)に家を構え、翌年、そこで亡くなりました。墓は大阪市南区のお寺にたてられたということです。大阪市内で生まれ大阪市内で亡くなり、大阪市内に葬られているのですから、結局は誰よりも大阪市の作家でしたね。



ちなみに彼の終焉の地は今はマンションが建っていて、毎週、私が大阪古書組合にゆくときは、その前の道路を通っていることを今回知り、不思議な気持ちがしました。



交野市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



交野市の古本出張買い取りサービスは、大阪府全域が地盤の大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にどうかおまかせ下さい。量の多少にかかわらず、お気軽にお電話、メール、FAXなどでご連絡下さい。年中無休。24時間受け付けています。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ もせいぜいご利用ください。お客様のご都合に合わせます。何も捨てないでお見せ下さい。引っ越し整理もお任せ下さい。生前整理や御遺品の整理もさせていただきます。数万冊数千冊単位の大量でも少量でもありがたく、心から大歓迎。店主が責任査定いたします。高価買取月間強力に大絶賛全力推進中。



古本 買取 大阪

タグ

夢の中の本屋さん

久しぶりに本屋の夢を見ました。夢で見る本屋は全部、新刊書店の旭屋さんです。大阪人なら当然ですね。御堂筋のビルの旭屋さん、それ以前の、大阪駅の前に面していた旭屋さん、両方とも夢に出てきます。



大阪駅前の古い旭屋さんは前の店と後ろの店があり、その間に露天の路地がありました。後ろのお店では美術書などが売られていたように思うのですが、間違っているかも知れません。ともかく、夢の中でも懐かしいです。



その旭屋さんの前の道を四ツ橋の方へ曲がってゆくと、向かいに大十というレコード屋さんがありました。ウナギの寝床みたいなお店でしたが、クラシックレコードの在庫が多く、よく通ったものです。値切ると負けてくれるのも魅力的でした。



休みの日に旭屋さんと大十をはしごするのが楽しみでしたね。



ちなみに古本屋さんに行く夢は見ません。古本関係の夢では、即売会で私だけ設営が出来てないとか、本が足りないとか、絶望的な状況が多く、悪夢といってよいのが多いです。



交野市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



交野市の古本出張買取サービスは、大阪全域が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、もしくはメール、FAXをしてください。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休で24時間受け付けています。本や雑誌の買取経験豊富な店主が、無料出張、丁寧に無料査定、適切にご相談に応じます。何も捨てないで下さい。捨てたものにえてしてお値打ちがございます。お引越しの本整理、生前整理や御遺品整理も承ります。高価買取強化月間全身全力で絶賛推進中。何万冊、何千冊の大量でも少量でもいつでも大歓迎。



古本 買取 大阪

タグ

下鴨納涼古本まつり3日目でした

昨日は下鴨納涼古本まつり第3日目でした。朝方は太陽も出ていて、良い天気で夕方まで、と祈るような気持ちでしたが、午後から徐々に雲が熱くなり始め、ついに雨が落ちてきました。しかも大粒の雨粒が。



まあ、会期中は1度や2度はゲリラ的な雨に必ず会います。その時の準備もしているわけで、気持ち的には慣れているのですが、やっぱりお客様の姿が一度に減ってしまうのは寂しいものです。



今日から後半。頑張って補充いたします。



交野市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



交野市の古本出張買い取りサービスは、ぜひとも池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。高価買取いたします。できるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙の資料は大切です。お高くなる可能性大です。そのままの状態で査定させていただきます。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用命下さいませ。大量でも少量でもホント、心から歓迎です。高価買取月間全身全力推進中。



古本 買取 大阪

タグ

岸和田市で出張買取

昨日は岸和田市へ買い取りに伺いました。お客様に、今年はだんじり祭はどうですか、とお尋ねすると「2年やってないから、今年はみんなウズウズしてるからやるやろ」との事でした。岸和田とくれば当然、だんじり祭りですから、今年は盛大にされることでしょう。



サブカル系雑誌や写真集、大量の怪獣やキャラクターのフィギュア、映画ポスター、車のカタログなどをお譲りいただきました。ありがとうございます。大切に引き継がせていただきます。



以前、薬局をされていたとのこと。サトちゃん人形などがあったが、いつの間にか盗まれた、とおっしゃっていました。残念です。



交野市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



交野市の古本出張買い取りサービスはぜひとも大阪全域が地盤の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールをください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。ご整理の時はできるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙のものは大切です。そのままの状態で査定させていただきます。高価買取月間絶賛全力強化中。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用命下さいませ。万冊単位千冊単位の大量でも少量でもホントに大歓迎です。



古本 買取 大阪

タグ

2022年6月15日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 買取

大切に

昨日は大阪古書組合での市会でした。市会の始まる前の時間、参加している即売会組織で買い取りをした和本を仕分けするお手伝いをしました。あまり和本は扱わないので、お手伝いをした、などと偉そうな事は書けないのです。実は勉強をさせてもらったというのがありようです。



でも、出版されたり、筆写されてから200年や300年は経とうかという書物が、原型を保って、文字がはっきり読めるということは、いかに日本の和本が優れているかという事の証明です。そして、地震や火事の絶えない日本で、なおかつ、これほどの多くの和本が残っているということは、いかに多くの本が出され、読まれ、大切にされてきたかということでしょう。



これらの残された和本、大切に引き継いでゆきたいものです。



交野市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



交野市の古本出張買取サービスは、大阪全域が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、もしくはメール、FAXをしてください。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休で24時間受け付けています。本や雑誌の買取経験豊富な店主が、無料出張、丁寧に無料査定、適切にご相談に応じます。何も捨てないで下さい。捨てたものにえてしてお値打ちがございます。お引越しの本整理、生前整理や御遺品整理も承ります。高価買取強化月間全身全力で絶賛推進中。何万冊、何千冊の大量でも少量でもいつでも大歓迎。



古本 出張買取 大阪

タグ

2022年4月12日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 買取

このページの先頭へ