ささいな運試し

時々些細なことを書きます。いつも些細かもしれませんが。



食パンのよくある袋、あれはたいてい直線の熱処理か何かして閉じられていますね。開くときはその少し下の所を左右から引っ張ると、その閉じ目がキレイに左右に剥がれてパンを取り出せます。あとは何というのでしょうか、プラスチックみたいなので出来た小さな四角の、切れ目が入ったもので袋を閉じます。



完全には閉じてないのですが、気持ち的にはあれで十分です。



ところが、袋を引っ張って開ける際に、時々、きれいに左右に分けられず、どういうのか開け口が片方だけに開いてしまうことがあります。こうなるとそのブラの閉じる道具がうまく使えなくて、袋をむりやりひねって輪ゴムか何かで押さえておくしかなくなります。



朝のひととき、なにか運試しみたいな気持ちで新しいパンの袋を開けるのは私一人ですかね。



古本 買取 大阪

タグ

総会

昨日は大阪古書組合で、参加している市会の年一回の総会でした。いつもの交換会を終えてから昨年一年間の市での出来高や、収支報告がされました。



そして同人の高齢化とそれに対処する方法、同人の増加方策についての各人の意見表明など、時間を超えての積極的な話し合いがされました。前向きな答えが出たと思います。



終了後、場所を移して懇親会。皆さん存分に飲んで食べて話して笑って、大いに盛り上がっておりましたが、年齢の高い層は一次締めで会場を後にしたのでした。



古本 買取 大阪

タグ

2024年2月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 市会 買取

律儀さ

台風が続け様に来襲しています。進路にあたる地方の皆様にはお気をつけください。この頃の台風は思いもよらぬ進路をたどるようです。クランク進行なんて、ちょっと記憶にありません。もう一つの方は最初から関東、東海方面に頭を向けているようです。



昔の台風はこんなではなかったですね。その地域の方々には申し訳ないのですが、必ずと行っていいほど沖縄、九州方面に向かって進み、上陸してから少し東寄りに向きを変えて、瀬戸内海沿いに進んで日本海側に抜けるというのが多かった。もしくは四国に上陸してから日本海。いずれにしても、何か律儀なほどコースが決まっていたような記憶があるのです。



昨今、台風の進路に決定的な影響力がある偏西風が、律儀さを失ってかなり変則的に蛇行しているみたいです。それに習って台風も一見気ままに動くようになっているとか。海面温度の上昇も無視できないようです。



何にしても被害が極力少ないようにと思います。



大阪市南区の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



大阪市南区の古本出張買い取りサービスは、ぜひとも池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。高価買取いたします。できるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙の資料は大切です。お高くなる可能性大です。そのままの状態で査定させていただきます。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用命下さいませ。大量でも少量でもホント、心から歓迎です。高価買取月間全身全力推進中。



古本 買取 大阪

タグ

2023年8月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 買取 雑感

我慢

昨日は大阪古書組合での市会でした。徐々に毎週月曜の市会に参加できるようになってきました。市会に出席するということは、半日ばかり、本の並んだ沢山の机の周りをグルグルぶらぶら歩き回るわけですから、運動量としてはちょっとしたものになります。時々立ち止まっては入札したりしますから、頭も使って変化がついてこれまたよろしい。



まあその辺りまで体力が回復したことは有り難いことです。体重も徐々に増えつつあり、市会が終わる夕方頃になると、お腹が減ってついお菓子類を食べたくなってしまいます。



これを我慢して夕食をしっかり食べないと、変な脂肪がまた付いてしまいそうですね。



大阪市南区の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



大阪市南区の古本出張買い取りサービスはぜひとも池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールをください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。ご整理の時はできるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙のものは大切です。そのままの状態で査定させていただきます。高価買取月間絶賛全力強化中。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用命下さいませ。万冊単位千冊単位の大量でも少量でもホントに大歓迎です



古本 買取 大阪

タグ

不思議

今日3月19日は小説家、随筆家、仏文学者の福永武彦の誕生日です。1918年生まれですから生きていれば105歳になります。何故かこの人は永遠の青年みたいな雰囲気があり、100歳を超えた彼を想像するのは難しいです。実際は61歳で亡くなっていますから、今なら、まだお若いのに、と言える年齢です。



小説も随筆も端正でいながら、味わいの深い文章で書かれていて、いまだに多くの読者を持っています。愛書家で、装丁なども凝った限定本なども残しています。音楽や美術にも造詣が深く、彼の作品を深いところで支えているといえます。



私も昔から、彼の文章が好きでよく読みました。彼と同じ胃潰瘍になってからは、更に身にしみて、愛着が湧こうというもの。彼も胃潰瘍の再発を繰り返していますから、きっと食いしん坊だったに違いありません。随筆集を読むとそのあたりはよく分かります。



不思議なことは、彼の作品は小説や評論などの殆どは文庫本になっており、比較的に手軽に今でも読めるのですが、随筆集だけが文庫化されていません。彼自身が随筆集としてまとめたのは6冊あるのですが、元版で読むか、個人全集で読むか、どちらかしかありません。



新潮社にはぜひとも彼の随筆集を3冊くらいに編集し直して、新潮文庫で出してほしいものです。古本屋の直感としては、必ず売れると思うんですがね。



大阪市南区の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



大阪市南区の古本出張買い取りサービスは、大阪が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。量の多少にかかわらず、何も捨てずに、何はともあれ捨てる前に一度お気軽にご連絡ください。お引越し整理、生前整理、御遺品整理も御用命下さいませ。数万冊とか数千冊単位の大量でも少量でも心から大歓迎です。全身全力高価買取を絶賛実行致しております。



古本 買取 大阪

タグ

このページの先頭へ