チョコ菓子の信用

諸物価が高騰して生活が苦しく感じることが増えました。特にガソリンと食料品の値上がりは響きます。それに応じて古本の値段を上げる、という器用なことは古本屋は出来ないのです。



食品では感じていることがあります。もうすでに伝えられていますが、値上げしてないように見えて、分量を減らしたり、形を小さくするという値上げが目立つようになってきました。私は駄菓子が好きで時々買うのです。特にお気に入りが「パイの実」というチョコ菓子です。



以前は近くのドラッグストアで大きな袋が198円でした。これにはどっさり入っていて、一袋を食べきるのに、かなりの日数がかかったように思えましたが、この頃では、2日ほどで心細い量になります。たしかに内容量が減っているみたいです。袋は買う時にはパンパンなのですが、ほとんど空気です。



袋の大きさが信用できない時代になりました。



大阪市東区の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



大阪市東区の古本出張買取サービスは大阪が地盤の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、FAX、若しくはメールを下さい。只今買取強化中です。出張料、査定料など無料です。梱包資材なども勿論すべて無料でご用意します。できるだけ何も捨てずにご連絡ください。お捨てになるものにお値打ちがあることが多いです。お客様のご予定に柔軟対応します。生前整理、ご遺品整理、引っ越しの整理もお任せください。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて年中無休24時間体制で承っております。特別高価買取月間大絶賛全力推進中。大量でも少量でもとにかく誠心誠意、心から大歓迎。



古本 出張買取 大阪

タグ

シーザーを

昨日3月15日はシーザーがローマの元老院で暗殺された日です。シェークスピアが戯曲「ジュリアス・シーザー」で見てきたように劇に仕立て上げています。



アントニウスと一緒に元老院に到着したシーザーは、佇んでいた占い師に「3月15日になったが生きているよ」と語りかけます。この占い師はシーザーが3月15日に死ぬ、と以前から予言していたからです。占い師は言います。「確かに。でも3月15日はまだ終わっていません」シーザーは笑いながら元老院に入ってゆきます。



院内でアントニウスが他の議員に呼び止められてシーザーから離れてしまいます。その間にシーザーは暗殺者の議員グループに取り囲まれて全員から刃物で襲いかかられます。その中に信頼していたブルータスがいたので、戦う気もなくして倒れて死にます。誰が致命傷を与えたかわからないので卑怯なやり方です。アガサ・クリスティの「オリエント急行の殺人」を少し思い出しますね。



まあ、独裁者の最後は哀れを究めることの見本みたいな気がします。ロシアのあの人もシェークスピアを読めばいいと思います。



大阪市東区の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



大阪市東区の古本出張買い取りサービスはぜひとも池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。高価買取月間好評絶賛全力推進中。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。できるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙の資料的なものは大切です。昔の車や家電製品のチラシやカタログなどはとても大切です。親切丁寧にそのままの状態で査定させていただきます。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用承ります。



古本 出張買取 大阪

タグ

福江町

「町会議員一年生」という杉浦明平さんの小説をちらと読んでみました。面白いですよ。



杉浦さんには色んな分野の著作があります。ルネサンス研究やら、翻訳やら、短歌研究やら、渡辺崋山が主人公の長編小説やら、ルポルタージュやら。そして彼が生まれ育ち、東京で仕事をした後に舞い戻った渥美半島での農業活動、地方議会の議員としての活動等に基づいたユーモラスな小説などなど。



最初に揚げた作品は、その議員活動を通してみた地方政治のユーモラスな戯画として今でも通用します。そして彼が初めて当選した町会議員として見聞した最も小さな地方政治の実態が、そのまま現代の国政、国会にも当てはまるという事実には、背筋が寒くなります。



狭い地方の中の議員間の馴れ合い、お手盛り予算、飽くことない公費飲食、醜態の限りを尽くす視察旅行、行政トップの事勿れ主義、保身、などが絡み合うさまは日本の民主主義の脆弱さの投影とも読めます。



そうした指摘の鋭さを秘めながらも、杉浦さんの目は「しょうがない奴らやのう」というどこか暖かさを持つ諦念に濡れているような気がします。ひょっとしたら郷土愛に似たものかも知れません。



その小説の舞台となった元の愛知県渥美郡福江町に一度行ってみたいと思うのでした。



大阪市東区の古本出張買取は池崎書店にお任せ下さい。



大阪市東区の古本出張買い取りサービスは、大阪が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。量の多少にかかわらず、何も捨てずに、何はともあれ捨てる前に一度お気軽にご連絡ください。お引越し整理、生前整理、御遺品整理も御用命下さいませ。数万冊とか数千冊単位の大量でも少量でも心から大歓迎です。全身全力高価買取を絶賛実行致しております。



古本 出張買取 大阪

タグ

変な感じ

変だけど妙にリアルな夢を見たのでちょっと書いておきます。



広い道路に車が沢山止まっていて私も車の中です。いつの間にか前に壁みたいなのができていて、右隣の車が突然その壁に向かって走り衝突します。60くらいのでっぷり肥えたおっさんが降りてきて、車の横に立って「大したこと無い、一千万円が」どうのこうのと一人で喋っています。一千万の保険にでも入っているのでしょうか。



私も車から降りてその様子を見ていたのですが、いつの間にか、周りの車が少なくなっていて、そのおっさんの車もいなくなっています。私も車に乗ろうとしたのですが、見当たりません。愕然とします。「あー、鍵やケータイ、通帳なんかが入ったバッグを積んだままやった!」とオロオロ。銀行に電話すべきか、警察か、何をすべきか、パニクりながら、夢が覚めました。



嫌な夢でしょう?何か、実際の犯罪にでもありそうなリアル感があります。おっさんと仲間が犯人でしょうね。捕まえてください。



大阪市東区の古本買取は池崎書店にお任せください。



大阪市東区の古本出張買い取りサービスは、大阪の池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。量の多少にかかわらず、何も捨てずに、何はともあれ捨てる前に一度お気軽にご連絡ください。お引越し整理、生前整理、御遺品整理も御用命下さいませ。何千冊、何万冊という大量でも少量でも心から大歓迎です。高価買取集中月間絶賛全力実施中。



古本 買取 大阪

タグ

2本要る

昨日は防災の日でした。最近、世界的に災害のニュースが多く聞かれています。コロナも災害ですがある程度人為的にコントロールできる要素もあります。日本が昔から一方的に悩まされてきたのが風水害や地震です。雨風を弱めることも揺れ幅を縮小することも不可能です。



とりわけ激烈なのが地震。風や雨も怖いですが、立っている地面が揺れるのですから、その恐ろしさや破壊力は際立っています。そしてそれから起こる津波も被害甚大です。



地震による火事もおろそかに出来ません。逃げること優先ですから消火は考えにくいですが、消火器があれば、地震が収まれば我々にも可能な面があります。ただ、普段から使い慣れていないのでいざとなれば難しい。割と消火剤の出る時間も短いですから、適切に初期の炎に向けることが大事です。



ちょっと似ているのがハチの巣退治の噴射剤です。これも意外と狙いをつけるのが難しいです。遠くからですから、ますます困難。やっと巣に当たり始めてハチがぞろぞろ出てきたところで噴射が止まって大慌てすることがあります。



2本あればベストですね。消火器も2本が実は望ましいですが、現実は1本さえも‥。



大阪市東区の古本買取は池崎書店にお任せください。



大阪市東区の古本出張買い取りサービスは、大阪市全域が地盤の大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にどうかおまかせ下さい。量の多少にかかわらず、お気軽にお電話、メール、FAXなどでご連絡下さい。年中無休。24時間受け付けています。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ もせいぜいご利用ください。お客様のご都合に合わせます。何も捨てないでお見せ下さい。引っ越し整理もお任せ下さい。生前整理や御遺品の整理もさせていただきます。数万冊数千冊単位の大量でも少量でもありがたく、心から大歓迎。店主が責任査定いたします。高価買取月間強力に大絶賛全力推進中。



古本 買取 大阪

タグ

2021年9月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 買取 雑感

このページの先頭へ