今どき

昨日は大阪古書組合での当番の市会でした。朝一番の頃は出品が少ないかな、と思いましたが徐々に増えて、開札時間にはテーブル一杯に本が積み上がりました。



今回は良質の人文系図書が多く、即売会を控えた業者さんたちの熱い戦いがアチラコチラで。「やられた!」とか「高かったな」とか、軽く悲喜こもごもです。まあ、事程左様に良い本の出品は少なくなり、その取り合いが市での重要課題です。



私は例によって国文学関係なんかを一寸。いまどきそんな本、誰が買うの、と聞かれそうで困ります。文学がお好きな方は池崎書店へ。



羽曳野市の古本買取は池崎書店にお任せください。



羽曳野市の古本出張買い取りサービスは、南大阪市全域が地盤の大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にどうかおまかせ下さい。量の多少にかかわらず、お気軽にお電話、メール、FAXなどでご連絡下さい。年中無休。24時間受け付けています。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ もせいぜいご利用ください。お客様のご都合に合わせます。何も捨てないでお見せ下さい。引っ越し整理もお任せ下さい。生前整理や御遺品の整理もさせていただきます。数万冊数千冊単位の大量でも少量でもありがたく、心から大歓迎。店主が責任査定いたします。高価買取月間強力に大絶賛全力推進中。



古本 買取 大阪

タグ

あの時の記憶

1964年10月10日の東京の空は、前日までの雨が嘘のように晴れ渡り、抜けるような紺碧色だったそうです。私の家のテレビは白黒でしたからその色は分かりませんでしたが、代々木の国立競技場のトラックの上の黒々した建物の影からも、快晴であることはうかがえました。



黛敏郎の不可思議な梵鐘のような電子音楽で開会式が開始されたことはよく覚えています。今から考えるととても前衛的で大胆なことです。そのくせ、多くの鳩を放ったり、無数の風船を飛ばしたり、意外とローカルな運動会みたいな感じも残していました。実に絶妙なアンバランス。



しかし何より、各国の入場行進が良かったです。肌の色もいろいろ。目に鮮やかな民族衣装やおしゃれなデザインの服を着たアスリートたちは皆さん堂々と誇らしげで、今、この世界を形作っている世界の人達、国々というものを直感的に感じさせてくれました。



その行進もお国ぶりが出ていました。ぷらりぶらりと散歩しているみたいな国。しゃっちょこばって歩く国、にこやかな国、厳しい表情の国、胸ポケットから日本の小さな国旗を取り出して振る国、そしてひたすら真面目で悲壮なまで整然としていた日本。



ともかく、あのオリンピックは良かったです。今の子供達もそう思って、記憶にとどめてくれれば嬉しいのですが。



羽曳野市の古本買取は池崎書店にお任せください。



羽曳野市の古本出張買い取りサービスは、南大阪が地盤の池崎書店にどうかおまかせ下さい。お気軽にお電話、メール、FAXなどでご連絡下さい。年中無休。24時間受け付けています。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ もどうかご利用ください。何から何まで、買い取りします。何も捨てずに御連絡を。捨てたものがお宝だったことがよくあります。どんなに大量も少量も心から喜んで大歓迎。お引越しや生前整理、御遺品の整理も承ります。高価買取月間絶賛強力に実施中。



古本 買取 大阪

タグ

あせらず調べて

近頃の講談社学術文庫や中公文庫の新刊には魅力的な著作が収録されて、とても誘惑されます。特に歴史関係の新刊にそういうのが多い。でも、目をむくほど定価が高いことがままあります。1000円~1500円くらいは当たり前。流石に躊躇しますよね。



そういう時は落ち着いて、奥付けの手前のページなどを確かめてください。「本文庫は当社の「世界の歴史 第2巻」を元に、解説などを追加、新規に編集したものです」云々の説明がありませんか。これは元の本があるということですね。かなり前に出した新書を編集しなおして文庫化したというケースもよく見かけます。



それで元になった「世界の歴史」なり、新書判なりを探すと古本の100円均一で見つかることがしょっちゅうです。そりゃ、新しい文庫版のほうがカバーはピカピカ、解説も付いて良さげに見えますが、本文の内容的には100円で買える本とほとんど同じです。



そうです、あせらず古本屋で探すという手間を惜しまなければ、10分の1程度の出費で内容的にはほぼ同じ本が手に入るわけです。その手の元の本は安いのでネットなどには載せていないかも知れませんが、即売会などでは100円均一に気前よく並んでいます。そんな時にまとめ買いするのも賢いやり方だと思います。



あせらず古本屋にご相談を、というお話でした。



羽曳野市の古本買取は池崎書店にお任せください。



羽曳野市の古本出張買い取りサービスは、泉佐野市の池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。量の多少にかかわらず、何も捨てずに、何はともあれ捨てる前に一度お気軽にご連絡ください。お引越し整理、生前整理、御遺品整理も御用命下さいませ。何千冊、何万冊という大量でも少量でも心から大歓迎です。高価買取集中月間絶賛全力実施中。



古本 買取 大阪

タグ

全自動さん、良いです

ちょっとしたきっかけではまることがあります。最近では山田全自動さんという漫画家の、あるある漫画にはまっています。



全くの現代人が和服を着てちょんまげを結って、色んなあるあるの状況に出くわしているのを一コマ漫画にしているのです。絵の横に勘亭流みたいな肉太の書き文字で説明がかかれています。ひたすらそれの繰り返し。テーマは福岡県の県民性の色んなあるあるや、子供時代の怖かったことあるある、日常の些細なあるあるなどです。



江戸時代の町人みたいな人物がなんとも脱力的でよろしい。タッチなどには杉浦日向子さんの影響があるのかな、なんて、ちょっと思ったりしますが、やっぱり山田全自動さんの個性と思います。



どこか人を喰ったような、それでいてあっさりして、くすっと笑える新しい表現です。最近、単行本「山田全自動でござる」も出されたようですから、お勧めいたします。You TubeやTwitterでも鑑賞可能です。



羽曳野市の古本買取は池崎書店にお任せください。



羽曳野市の古本出張買い取りサービスは経験豊富な、南大阪が地元の池崎書店にお任せ下さい。お気軽に大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にご連絡、ご用命ください。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。24時間受け付けています。見積もり費用や出張費用、梱包資材費用など、勿論全て無料です。できるだけ何も捨てないで下さい。お捨てになるものに意外なお値打ちが。生前整理やご遺品整理、お引っ越しの際は、是非ともご連絡ください。高価買取強化月間全力で大絶賛実施中。高価買取いたします。万冊単位、千冊単位の大量でも少量でも心からホントに大歓迎。



古本 買取 大阪

タグ

阪神古書ノ市第3日目でした。

昨日は阪神百貨店の「阪神 春の古書ノ市」第3日目のレジ当番でした。流石に3日目になるとお客様も落ち着かれて、じっくりと本探しを楽しまれていました。各ブースごとに出店者が異なりますので、お探しの本を見つけるのがなかなか難しいです。



お店の性格によって、並べているジャンルが微妙に異なりますから、お尋ねいただいたら、できるだけその種の本を用意してそうなブースにご案内させていただきますが、ピタリと見つけるのは至難です。そういう場合は、「日本の古本屋」での検索をおすすめします。



でも、本当は時間をかけて探していただきたいのです。そうすることによって、思わぬ本との出会いがありますし、本と本のつながりも感じられると思います。それこそ古書即売会の醍醐味と言えるでしょう。



羽曳野市の古本買取は池崎書店にお任せください。



羽曳野市の古本出張買い取りサービスは、南大阪のの池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。量の多少にかかわらず、何も捨てずに、何はともあれ捨てる前に一度お気軽にご連絡ください。お引越し整理、生前整理、御遺品整理も御用命下さいませ。何千冊、何万冊という大量でも少量でも心から大歓迎です。高価買取集中月間絶賛全力実施中。



古本 買取 大阪 羽曳野市

タグ

このページの先頭へ