日蝕+夏至

昨日は夏至で日蝕という、珍しい一日だったそうです。日蝕は時間を知らなかったので見逃しましたが、いつもなら、まだ日の高い午後4時頃に何となく薄暗いな、と思っていたら、そのあたりが日蝕だったらしい。



今日から徐々に日が短くなるのでしょうが、感覚的にはお盆あたりまで、日が長いなと思うのが毎年の感じです。



豊能郡豊能町の古本出張買い取りサービスは、大阪府下全域が地盤の、大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にどうかおまかせ下さい。量の多少にかかわらず、お気軽にお電話、メール、FAXなどでご連絡下さい。年中無休。24時間受け付けています。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ もせいぜいご利用ください。お客様のご都合に合わせます。何も捨てないでお見せ下さい。引っ越し整理もお任せ下さい。生前整理や御遺品の整理もさせていただきます。数万冊数千冊単位の大量でも少量でもありがたく、心から大歓迎。高価買取月間強力に絶賛全力推進中。

タグ

2020年6月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 買取

まあ良いか

以前、四天王寺の大古本祭り目録に載せていた本がひょっこりと売れました。岩本素白さんの本です。この人は昨日書いた、以前読まれていたけれど今はさっぱりというのと対照的に、近頃じわじわと読む人が増えてきている文人です。



この人や柴田宵曲、森銑三、三田村鳶魚、岡本綺堂といったような、渋目のちょっと頑固そうな明治の人達が、上質の日本語で昔のことを淡々と書いている本が求められているようです。それも若い人に読まれているのです。



一つ間違うと単なる好事趣味への憧れに堕してしまいそうな気もしますが、まあ、本を読むのは良いことですから‥。



豊能郡豊能町の古本出張買い取りサービスは経験豊富な、全大阪地域が地盤の池崎書店にお任せ下さい。お気軽に大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にご連絡、ご用命ください。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。24時間受け付けています。見積もり費用や出張費用、梱包資材費用など、勿論全て無料です。できるだけ何も捨てないで下さい。お捨てになるものに意外なお値打ちが。生前整理やご遺品整理、お引っ越しの際は、是非ともご連絡ください。高価買取月間実施中。万単位、千単位の大量でも少量でも心からホントに大歓迎。

タグ

昨日は最終日

オールモスト大阪たにまち月いち古書即売会が昨日で終了しました。会期中、ご来場、お買い上げいただきましてありがとうございました。久しぶりの大阪古書会館の催事参加で刺激を受けました。皆さん頑張ってはります。



豊能郡豊能町の古本の出張買取サービスは、ぜひとも大阪全地域が地盤の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にご連絡ください。買取経験豊富な店主が懇切丁寧に無料出張、無料査定いたします。量の多少にかかわらず、御用命ください。できるだけ何も捨てないでください。捨てるものに値打ちがある場合が多いです。お引越し整理、生前整理、御遺品整理もお任せ下さい。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、FAX、または 買取のお問い合わせ にて年中休みなく24時間承っております。p>



タグ

2019年12月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:即売会 古本 大阪 買取

頑張ってはります

昨日は大阪古書組合へ催事の出品本を少し早いのですが運び込みました。今の車では一度に運べませんから致し方無し。後日もう一度運んでから、何軒かのご同業の本と混載してトラックで即売会会場に運搬という段取りです。



組合を出て、先輩のお店を2軒訪問して打ち合わせ。繁盛されているご様子で羨ましいかぎりです。



豊能郡豊能町の古本の出張買取サービスは、ぜひとも大阪が地盤の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にご連絡ください。買取経験豊富な店主が懇切丁寧に無料出張、無料査定いたします。量の多少にかかわらず、御用命ください。できるだけ何も捨てないでください。捨てるものに値打ちがある場合が多いです。お引越し整理、生前整理、御遺品整理もお任せ下さい。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、FAX、または 買取のお問い合わせ にて年中休みなく24時間承っております。p>

タグ

2019年10月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古書 古本 大阪 買取

良い辞書

英文学者でエッセイストの福原麟太郎さんの本が好きでお勧めしています。この人が書いた本はもとより、翻訳や編集した本まで集めたものです。



国語辞典も編集していました。「研究社 国語新辞典」です。国文学者の山岸徳平さんとの共編。この辞典の一大特色は見出し語が五十音順でなく、アルファベット順に並んでいることです。慣れないとびっくりします。「あどけない」よりも「あばれっこ」が先に出てきます。「引っ張る」が「食いしん坊」より前に掲載されています。



日本語の言葉を頭の中で一旦、ローマ字にしないと引けないので面倒ですが、語釈自体は穏当で適切です。引いた言葉の英語訳も載せています。コラムなんかも面白い。「油を売る」は「昔の油屋がこぼさぬようにと、ゆっくり売り歩いたから」と「油を柄杓ですくって売るときに、粘り気があるのでしずくが落ちきるのに時間がかかったから」と2つの語源を載せていて興味深い。



と、私も油を売っているのでした。



豊能郡豊能町の古本出張買い取りサービスはぜひとも近畿が地元の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。できるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙のものは大切です。そのままの状態で査定させていただきます。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用命下さいませ。大量歓迎。

タグ

このページの先頭へ