最後の音楽

フジコ・ヘミングさんが亡くなって、そもそもフジコ・ヘミング・ブームを巻き起こしたきっかけを作ったNHKが追悼番組を放送しました。



昨年秋に自宅の階段から落ちて重傷を負ったヘミングさんを、病院でのインタビューと、元気な頃の世界各地でのコンサート映像を絡ませて、カメラがとらえていました。改めて、その特異な演奏家としての生涯を振り返って、音楽に生涯を捧げた人生だったと人々に告げています。



その番組の終わりの方で、リハビリ病院で車椅子でピアノに向かった彼女が、もつれる指で和音を探るように音を出していましたが、曲にはなりません。もどかしそうに何度か繰り返しました。と、突然モーツァルトのトルコ行進曲付きのソナタの第1楽章冒頭が、たどたどしいけれどもつぶやくように弾かれました。それで満足したのか彼女はピアノの蓋を自分で閉めました。



それが彼女の生涯最後のピアノ演奏になりました。



古本 買取 大阪

タグ

2024年5月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 買取 音楽

モーツァルトを超える

なにわのモーツァルト、キダ・タローさんが亡くなられました。広い額にオールバック、野放図なもみあげ、黒縁メガネの愛嬌のある温顔にもうお目にかかれ無いのは寂しいです。



関西エリアで放送されている番組のテーマ音楽やコマーシャルソングに、キダさんの作品が実に多いのは有名です。ちょっとしたよく知っているフレーズがキダさんの曲と聞いてびっくりすることがあります。日清食品のコマーシャルの多くはキダさんですし、有馬兵衛の向陽閣へ、もキダさん。とれとれピチピチカニ料理、も。



あの名曲「アホの坂田」ももちろんキダさん。



作品は5000曲というのも大風呂敷ではないかもしれません。モーツアルトの作品番号であるケッヘル番号は626までとのこと。断片や編曲など、モーツァルトがその倍、作曲していたとしても1300くらいでしょうか。



モーツアルト、超えてますね。御冥福をお祈り申し上げます。



古本 買取 大阪

タグ

2024年5月16日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 買取 音楽

今週は四天王寺春の大古本祭り



いよいよ今週金曜日から「四天王寺春の大古本祭り」が開催されます。ちょっとお天気が心配ですが、会期は10日間と長期間ですので、ゆっくりとお天気を見ながらお越しください。



今回は初めて参加されるお店、久しぶりに参加されるお店が多く、とても新鮮です。ご期待ください。



古本 買取 大阪

タグ

悪夢

今までにも時々悪夢の話を書きました。卒業間際になって単位が足りないとか、外交員として働いているが毎日出さないといけない日報を長いこと書かずにホットラカシにしている、大都会の人混みの中を自分だけが布団一式を背負って歩いている、などなど。



新しい悪夢というか、以前見たことがあるのですが、最近また見て思い出した、というのがあります。



野外で古書即売会をしています。他のテントはよく売れているようですが、自分のところはパッとしていません。



そこに沢山の本を抱えてお客さんがレジに来てくれました。やれ嬉しやと計算を始めるのですがなぜか手にはソロバンを持っています。これがなかなかうまくはじけない。玉の動きが妙にねっとりしているのです。力を入れないと玉を上げ下げできない。かと思うと、ちょっとした拍子に玉がご破算みたいになってしまって、なかなか合計額を出せないのです。



お客さんがイライラして買うのをやめてしまわないか、気が気じゃありません。冷や汗が脇の下を流れるというところで目が覚めるのです。



古本屋の悪夢でした。



尼崎市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



尼崎市の古本出張買い取りサービスは、池崎書店にお任せ下さい。お気軽に大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にご連絡、ご用命ください。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。24時間受け付けています。見積もり費用や出張費用、梱包資材費用など、勿論全て無料です。できるだけ何も捨てないで下さい。お捨てになるものに意外なお値打ちが。生前整理やご遺品整理、お引っ越しの際は、是非ともご連絡ください。高価買取強化月間全力で大絶賛実施中。高価買取いたします。万冊単位、千冊単位の大量でも少量でも心からホントに大歓迎。



古本 買取 大阪

タグ

分厚い

倉庫の本棚の前に積み上がった本をどけてゆくと本棚の下の方が現れてきます。長らく調べたことがなかったので、どのような本が収まっているのだろうかと見てみると、なんとも分厚い本が何冊も並んでいました。



吉川英治の「宮本武蔵」全1巻。白井喬二の「富士に立つ影」全1巻。「司馬遼太郎 短編総集」「川端康成短編全集」「井上靖 西域小説集」などなどです。前の2冊は2000ページ超。あとの3冊もいずれも800ページを超えています。まるまると太った本たちです。おまけに大判の「聖書」まで出てきました。これは新約旧約合わせて2300ページを超えます。



大体が、分厚い本が好きなので一箇所にまとめていたものと思います。辞書などでは用紙に薄い特殊な紙を使うので1冊で3000ページを超えるのがザラにありますが、小説本では先に上げたあたりが限度でしょう。



実はあの大長編「大菩薩峠」も分厚い1冊になったのがあるそうですが、残念ながら架蔵していません。迎え入れたいものです。自分が今痩せているだけに、太った本が愛おしいのかも。



尼崎市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



尼崎市の古本出張買い取りサービスは、経験豊富な池崎書店にお任せ下さい。お気軽に大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にご連絡、ご用命ください。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。24時間受け付けています。見積もり費用や出張費用、梱包資材費用など、勿論全て無料です。できるだけ何も捨てないで下さい。お捨てになるものに意外なお値打ちが。生前整理やご遺品整理、お引っ越しの際は、是非ともご連絡ください。高価買取強化月間全力で大絶賛実施中。高価買取いたします。万冊単位、千冊単位の大量でも少量でも心からホントに大歓迎。



古本 買取 大阪

タグ

このページの先頭へ