ですかね

今朝未明と言うか昨日の夜中というか、大変強い風で目が覚めました。飼い犬も不安なのか珍しく鳴いていました。気温も少し上がったようです。春一番?



豊中市の古本買い取りサービスは是非とも、大阪地域が地盤の池崎書店にお任せ下さい。池崎書店にお電話、メール下さいませ。当店は年中無休です。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ でも承っております。お引越し整理や生前整理、御遺品の整理もお任せ下さい。24時間受付中。量の多少にかかわらず、遠くても内容によってはお伺いいたします。現在、本が置かれているそのままの状態で、できるだけ何も捨てずに、お気軽にご連絡ください。お捨てになったものに貴重なものがよくあります。後で気がついても遅いです。何万冊何千冊の大量でも少量でもホントに大歓迎です。高価買い入れしています。

タグ

準備もオールモスト完成

昨日は午後、大阪古書会館で本日が初日のalmostオール大阪たにまち月いち古書即売会の搬入に行きました。いつものたにまち月いち古書即売会よりも多くの書店が参加。1階のフロアにぎっしりと本が並んでいます。



22日(土)まで3日間の開催です。毎日10時から18時まで。最終日は16時までです。ご来場を心からお待ちしております。



その次は12月25日から阪神歳末古書ノ市です。



豊中市の古本買い取りサービスはどうか大阪全域が地盤の池崎書店にお任せ下さい。池崎書店にお電話、メール下さいませ。年中無休です。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ でも承っております。古い本の御整理、お引越し整理や生前整理、御遺品の整理もお任せ下さい。24時間受付中。量の多少にかかわらず、本が置かれているそのままの状態で、できるだけ何も捨てないでお気軽にご連絡ください。何万冊という大量でも少量でもホントに心から大歓迎です。



タグ

古本新イベント

車に積みっぱなしの本の箱を倉庫に入れて今回の一連の即売会は区切れました。でも、早くも11月2日から4日にかけて大阪のど真ん中、南御堂さんで初めての古書即売会があります。立地といい、季節といい、とても楽しみなイベントになりそうです。詳細はいずれ又。



豊中市の古本出張買い取りサービスは、大阪が地盤の、大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にどうかおまかせ下さい。量の多少にかかわらず、お気軽にお電話、メール、FAXなどでご連絡下さい。年中無休。24時間受け付けています。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ もせいぜいご利用ください。お客様のご都合に合わせます。何も捨てないでお見せ下さい。引っ越し整理もお任せ下さい。生前整理や御遺品の整理もさせていただきます。大量でも少量でもホント、大歓迎。

タグ

昨日は最終日

下鴨納涼古本まつりも昨日が最終日でした。午後4時の閉場まで多くのお客様で賑わいました。



期間中、台風があり、御足元が悪い中、ご来場お買い上げをいただきありがとうございました。



次はツイン21古本フェアでお会いしたいと思います。



豊中市の古本出張買い取りは経験豊富な、関西地盤の池崎書店にお任せ下さい。お気軽に大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にご連絡、ご用命ください。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。24時間受け付けています。見積もり費用や出張費用、梱包資材費用など、勿論全て無料です。できるだけ何も捨てないで下さい。お捨てになるものに意外なお値打ちが。生前整理やご遺品整理、お引っ越しの際は、是非ともご連絡ください。大量でも少量でも大歓迎。

タグ

阪南市へ出張買取

昨日は阪南市へ出張買取でした。パステル系の壁にコテ跡を残したような南欧風の洒落た住宅街でした。



文学系のきれいな文庫本や、社会科学、美術本など沢山お譲りいただきました。大切に引き継がせていただきます。ありがとうございました。



豊中市の古本買い取りは是非とも池崎書店にお任せ下さい。池崎書店にお電話、メール下さいませ。当店は年中無休です。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ でも承っております。お引越し整理や生前整理、御遺品の整理もお任せ下さい。24時間受付中。量の多少にかかわらず、遠くても内容によってはお伺いいたします。現在、本が置かれているそのままの状態で、できるだけ何も捨てずに、お気軽にご連絡ください。お捨てになったものに貴重なものがよくあります。大量大歓迎。

タグ

2019年6月12日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古書 古本 大阪 買取

このページの先頭へ