不思議と良いかも

有名な割に昔も今も、ちっとも読まれていない作家に、宮本百合子があります。以前は各文庫にも収録されていて、立派な完璧な全集も出ていますが、その全集は市に出ていても、今は殆ど見向きもされません。



プロレタリア作家と言われていますが、出自はかなりお嬢様です。父方の中条家はいわば地方の名望家でお祖父さんは湖から水を引いて安積の開拓地を作った名士で自治体を率いたり、地元の農民を育てた人です。母方のお祖父さんは岩波文庫に『日本道徳論』という著作を持つ西村茂樹で、明六雑誌の一員、皇族の教育掛り、貴族院議員、宮中顧問官などを努めた人物です。そしてそれぞれの長男長女の間に生まれた長女が中条百合子、つまり後の宮本百合子です。ちなみにお父さんは中条精一郎と言って建築家で、有名な会社のビルを多く手掛け、慶応大学のあのロマンチックな図書館も彼の作品です。



処女作が17歳の時の「貧しき人びとの群」で、大正5年9月号の「中央公論」に掲載されました。当時の「中央公論」の権威たるや、今では想像もできません。そこに載ることは、一流の著作家であることの証明だったわけです。それ以来、女流作家として先頭を走り続けてきたわけです。結婚したが5年で離婚、大正14年からの湯浅芳子との有名な共同生活(?)を続け、昭和7年に宮本顕治と再婚してからは闘士としての顔も全面に出して、昭和26年に、51歳で病で亡くなります。



私は彼女の生涯をみるとき、なぜか、三島由紀夫を思い出しました。華麗な祖父や父、早熟の天才としての文壇登場、そして創作に際し、母親が当初、過剰なほど干渉したこと、自らの性的性向へのこだわり、強烈な義務感を感じさせる意志の強さなど、共通点が多くあります。政治的には180度正反対ですが。



彼女の後半生の写真は和服姿がほとんどですが、その体型や着こなしを見るにつけて、エプロンおばさんを連想するのは私だけでしょうか。



一度読んでみても良いかも。



大東市の古本買取は池崎書店にお任せください。



大東市の古本出張買い取りサービスは、ぜひとも池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。高価買取いたします。できるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙の資料は大切です。お高くなる可能性大です。そのままの状態で査定させていただきます。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用命下さいませ。大量でも少量でもホント、心から歓迎です。高価買取月間全身全力推進中。



古本 買取 大阪

タグ

ランボーの商才

ランボーという詩人は現代の尺度で見てもかなり破天荒でグローバルでハチャメチャです。1875年21歳までに殆どの詩作を終え以後はヨーロッパ中を放浪し、1880年26歳の時にエチオピアのハラルに渡ってからは、商人としてコーヒー、象牙、麝香などの物産輸入に手を染めたり、武器商人として現地の土侯たちと取引したりしています。



かなりやばい取引が多く、資本の半分を掠め取られたり、契約不履行の憂き目にあったりしています。貿易を担当するフランス政府の上層部に手紙を通じて、便宜を図ってもらうべく精力的に折衝を繰り返すなど、実務者としての能力も大いに発揮しています。その経過は全集のほぼ1巻を占める書簡集に明らかです。



その書簡集には1887年8月23日付家族宛「(前略)仲間の男が死んだため(略)その男の借金を2倍にも支払わせられたりして、(略)苦労しました。いつも腹帯の中に1万6千フランの金貨を入れて歩いていますが(略)8キロも目方があって赤痢にでもとっつかれそうなのですよ。(略)ただ苦しんで死ぬという見通しだけで(略)のこる月日を送ることになるわけ。(略)多分ザンジバルに行くつもりです。(略)しかしそこから支那に行くか、あるいは日本に行くか、どこに行ってしまうかいったい誰にわかるでしょう。(後略)」というような、全くの風来坊丸出しの手紙が載っています。しかし寂しいですね。



流れ流れて明治20年の日本にランボーがやってきたら、どんなだったでしょう。案外、お雇い外人としてうまく立ち回ったかもしれませんね。



しかし残念ながら彼は1891年5月に右脚を切断した体でフランスに戻り、同年11月10日に37歳の生涯を終えます。37,450フランの清算手形が残ったそうです。つまり商才があったということです。



人文書院版「ランボー全集」全3巻を御覧ください。



泉佐野市の古本買取は池崎書店にお任せください。



泉佐野市の古本の出張買取サービスは、泉佐野市が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にご連絡、ご用命ください。買取経験豊富な店主がお客様のご予定に合わせて無料出張、丁寧に無料査定いたします。約1時間でお伺いいたします。何も捨てずに量の多少にかかわらず、御用命ください。お捨てになったものにお宝があるものです。お引越しの整理や生前の整理、御遺品の整理もお任せ下さい。高価買取月間絶賛全身全力強力に推進中。千冊万冊単位の大量でも少量でもホントに大歓迎。誠心誠意買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて24時間承っております。p>



古本 買取 大阪

タグ

どうかな

昨日は重陽の節句でした。奇数は縁起が良くて陰陽から言うと陽らしいです。その陽の数字の中で最大の「九」が重なったので重陽。でもあまり親しみがありません。菊のお酒を飲むとか、どこか浮世離れがしています。



9月9日は古本愛好者が大好きな小沼丹の誕生日でもあります。こちらは親しみ深いですね。小沼さんの本は単行本でも文庫本でも並べておけば必ず売れてゆきます。古本屋にとっては大切な作家です。ただ、川端康成や三島由紀夫みたいに誰もが知っている、と言うような作家ではありません。井伏鱒二に師事し、早稲田の先生として静かな生活をされたので、地味な感じです。



福原麟太郎が小説家になったみたいな、とでも言えば近いかもしれません。



井伏鱒二が翻訳者になっているロフティングの「ドリトル先生」シリーズは、きっと小沼丹が助けているのだと思いますが、どうでしょうか。



岸和田市の古本買取は池崎書店にお任せください。



岸和田市の古本出張買い取りサービスはぜひとも近畿全域が地盤の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。高価買取月間好評絶賛全力推進中。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。できるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙の資料的なものは大切です。昔の車や家電製品のチラシやカタログなどはとても大切です。親切丁寧にそのままの状態で査定させていただきます。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用承ります。



古本 買取 大阪

タグ

文士村

「飄々録」という本は面白いです。「人生劇場」の作家、尾崎士郎の死後に出された非売の追悼文集です。



色んな人が尾崎士郎を懐かしむ文章を寄せています。榊山潤の文では、尾崎が住んでいた馬込の文士村のことが生き生きと書かれています。川端康成や広津和郎も住んでいて、彼らの家は夜中も明かりがついていたので用心が良かったと喜ばれた話や、反対に室生犀星が引っ越してきた家は過去に2度も泥棒に入られたので、それを知った犀星がブルドッグを飼って、目立つところにつないでいた話など、愉快です。



牧野信一も住んでいて、酒を飲むと、庭を隔てた向かいの大家に向かって「家賃が高いぞ!」と怒鳴った話などは傑作です。榊山によると牧野は一回だけ、前家賃を払っただけとのこと。昔はのんびりしていましたね。



落語などでも貧乏長屋で、大家が家賃のことを言い出すと、「いっぺんだけ払たことが昔あったな」とか「家賃だけは払うな、と親の遺言」とか「家賃て何?」などという手合が出てきますが、文士村もそれに近かったみたいです。



尾崎士郎の家はそんな中で「放送局」と言われていたようですから、珍談、エピソードに事欠きません。



おすすめ本です。古本屋で探してください。



和泉市の古本買取は池崎書店にお任せください



和泉市の古本出張買い取りサービスは、ぜひとも南大阪、泉州地方が地盤の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。高価買取いたします。できるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙の資料は大切です。お高くなる可能性大です。そのままの状態で査定させていただきます。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用命下さいませ。大量でも少量でもホント、心から歓迎です。高価買取月間全身全力推進中。



古本 買取 大阪

タグ

冷静な文士

伊藤整の「太平洋戦争日記」全3巻新潮社刊を拾い読みしていると、日々の記述の詳しいのに驚きます。昭和16年12月1日から昭和20年8月24日までの記録です。伊藤整自身の身辺記述もさることながら世界情勢、日本軍の動向など、実に知的に分析されて書かれていて読み応えがあります。



昭和18年7月1日には「今日から東京都となり、我々も都民となったわけである」という記述がありました。昭和19年2月20日には「(略)万一これ(流行性感冒)が流行して来れば、当局では薬を軍隊や重要産業部門に重点的に配り、学校は閉鎖し、流行地域は封鎖して、その外の土地との交通も阻止する予定でいるという(略)」とも書かれていました。戦時下、インフルエンザが流行してきたのでしょう。緊張感が伝わります。



日記全体を通しては、総じてバターをとても有難がって、その配給状態や入手に心を配っています。そしてバターを進物にしたりお礼に使ったり、物々交換にするなど、まるで貨幣みたいです。



戦後を見越してしきりに不動産を買っているなど、なかなか、文士には見られない冷徹な判断力が印象的です。



一読をおすすめします。



川西市の古本買取は池崎書店にお任せください。



川西市の古本出張買取サービスは、どうか近畿が地盤の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、FAX、若しくはメールを下さい。只今買取強化中です。出張料、査定料など無料です。梱包資材なども勿論すべて無料でご用意します。できるだけ何も捨てずにご連絡ください。お捨てになるものにお値打ちがあることが多いです。お客様のご予定に柔軟対応します。生前整理、ご遺品整理、引っ越しの整理もお任せください。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて年中無休24時間体制で承っております。特別高価買取月間大絶賛全力推進中。大量でも少量でもとにかく誠心誠意、心から大歓迎。



古本 買取 大阪

タグ

このページの先頭へ