豪華な誕生日

今日5月22日は豪華な顔ぶれの誕生日です。リヒャルト・ワーグナー(1813年)、アーサー・コナン・ドイル、坪内逍遥(1859年)、中勘助(1885年)、ローレンス・オリヴィエ(1907年)、海原お浜(1916年)。どの人も私にとっては大切な人たちです。



ワーグナーは絶えずその音楽を聴いていますし、コナン・ドイルや坪内逍遥、中勘助は古本屋として親しんでいます。オリヴィエと海原お浜は小さい頃からテレビや映画館で好んでみていました。



オリヴィエは映画や演劇において、役者の力量を判定する原器として私の中で不動の地位を保ち続けています。「ハムレット」や「ヘンリー五世」「リチャード三世」「オセロ」などの映画の主役として不滅ですし、モンローと共演した「王子と踊子」ではコミカルに、ダスティン・ホフマンとの「マラソンマン」では不気味な悪役として、抜群の脇役ぶりを発揮していました。



お浜さん、あの帯をどんと叩いて小浜さんのツッコミをかわす呼吸、忘れられません。



この日に亡くなった人に吉田秀和さんがいます。彼も私の青年時代には欠かせない人でした。彼によって音楽の聴き方が変わったことは今でも多としています。



和泉市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



和泉市の古本出張買い取りサービスは、ぜひ、池崎書店にお任せください。整理、売却をお考えの古本や雑誌、文庫本等がございましたら、何も捨てずに大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお電話、メールしてください。古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。お捨てになったものにお値打ちがあることがよくあります。経験豊富な店主が親切丁寧に査定、高価買取します。もちろん出張料無料、見積もり無料、梱包資材無料。お引越しや生前整理、ご遺品整理もお任せ下さい。お客様のご予定に合わせます。24時間受け付けています。千冊単位万冊単位の大量でも少量でもホントに心から大歓迎です。高価買取月間、絶賛全身全力推進中。お気軽にご連絡ください。



古本 出張買取 大阪

タグ

2022年5月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 買取

武田もいい

大体からして大阪出身の物書きさんが好きです。小説家なら織田作之助や宇野浩二、開高健、筒井康隆氏など。評論家や詩人では谷沢永一(あくまで文芸批評や読書関係のみ好みですが)、小野十三郎、阪田寛夫、三好達治、折口信夫達のお歴々。



最近ここに武田麟太郎が加わりました。大阪を離れた時期が早かったので、また東京を中心とした文芸雑誌の編輯に深く関わったので、関東の作家みたいな印象があって手が出なかったのですが、ふとした拍子に読んでみたらなかなかよろしい。色濃く大阪カラーを持っています。しつこいようで意外にカラッとしたところがあります。



彼と対みたいに言われて、むしろ一般的な人気が高いのは織田作ですが、私の見たところでは、武田麟太郎も小説家として互角、そして随筆家としては織田作より完全に優れていると思います。文章が古びていません。



織田作同様、この人も戦後すぐに亡くなってしまいました。実に残念です。一読をおすすめします。



小説は講談社の文芸文庫で少しだけ手に入りますが、随筆は全集の復刻セットの中に収録されてますから、ハードルが高くて残念です。図書館ででもご覧ください。



和泉市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



和泉市の古本の出張買取サービスは、泉州が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にご連絡、ご用命ください。買取経験豊富な店主がお客様のご予定に合わせて無料出張、丁寧に無料査定いたします。約1時間でお伺いいたします。何も捨てずに量の多少にかかわらず、御用命ください。お捨てになったものにお宝があるものです。お引越しの整理や生前の整理、御遺品の整理もお任せ下さい。高価買取月間絶賛全身全力強力に推進中。千冊万冊単位の大量でも少量でもホントに大歓迎。誠心誠意買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて24時間承っております。p>



古本 出張買取 大阪

タグ

願う

娘が第2子を無事生んで退院してきました。女の子です。第1子はお姉ちゃんになりました。千葉に帰るまで1ヶ月ほど滞在してくれます。大変にぎやかで、可愛い声が絶えません。



幼児というのはしばらく会わないと成長の速さが実感できるそうです。娘は6日ほど入院しただけですが、その間の長女の成長に驚いていました。逆に、新生児がまた、小さくてとても可愛いのです。仕事は寝て母乳を飲むだけ。ひたすら飲んでひたすら寝ています。



でもその存在感は一人前ですね。健やかに育ってほしいと願うばかりです。



和泉市の古本出張買取は池崎書店にお任せ下さい。



和泉市の古本出張買い取りサービスは、泉南地域全域が重点エリアの池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。量の多少にかかわらず、何も捨てずに、何はともあれ捨てる前に一度お気軽にご連絡ください。お引越し整理、生前整理、御遺品整理も御用命下さいませ。数万冊とか数千冊単位の大量でも少量でも心から大歓迎です。全身全力高価買取を絶賛実行致しております。



古本 出張買取 和泉市

タグ

にくいカレンダー

そろそろ来年のことが話題になったりする季節になりました。来年というと、昔はカレンダーや日記帳を連想しました。今はスマホやパソコンなどでカレンダー的機能を使う人が増えていますから、以前ほどは注目されないかも。しかしながら、一度に見渡したり、さっと書き込めたりで、紙のカレンダーが便利だと思うことがあります。



金融機関が一枚物のカレンダーをお得意さんに配ったりしていたのは相当前の話ですね。私も大昔にその世界の端っこで働いていましたので、少し懐かしいです。ドサッと支店に運ばれてきたカレンダーのインクの匂いは良いものでした。それを一枚づつクルクル巻いてビニールの筒袋に入れてカレンダー完成。



ところがこれを巻く時にカレンダーで手を切ることがしばしばでした。紙は意外と鋭いので、ちょっと皮膚に斜めに擦るように当たると浅いですがぱっくり切れます。これが痛い。ナイフなどで切るのと少し違う痛さです。ギザついているみたいな痛みでした。それにもめげず大きな袋にカレンダーを一杯詰め込んで自転車のハンドルに引っ掛けて、寒風の中、自分の担当地区に走っていったものです。今でも、支店の裏の通用口から入って、薄暗い倉庫でカレンダーや粗品を袋に詰めている夢を時々見ます。



元気でけなげでしたね。



和泉市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



和泉市の古本出張買い取りサービスは経験豊富な、泉州が地元の池崎書店にお任せ下さい。お気軽に大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にご連絡、ご用命ください。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。24時間受け付けています。見積もり費用や出張費用、梱包資材費用など、勿論全て無料です。できるだけ何も捨てないで下さい。お捨てになるものに意外なお値打ちが。生前整理やご遺品整理、お引っ越しの際は、是非ともご連絡ください。高価買取強化月間全力で大絶賛実施中。高価買取いたします。万冊単位、千冊単位の大量でも少量でも心からホントに大歓迎。



古本 出張買取 大阪

タグ

文士村

「飄々録」という本は面白いです。「人生劇場」の作家、尾崎士郎の死後に出された非売の追悼文集です。



色んな人が尾崎士郎を懐かしむ文章を寄せています。榊山潤の文では、尾崎が住んでいた馬込の文士村のことが生き生きと書かれています。川端康成や広津和郎も住んでいて、彼らの家は夜中も明かりがついていたので用心が良かったと喜ばれた話や、反対に室生犀星が引っ越してきた家は過去に2度も泥棒に入られたので、それを知った犀星がブルドッグを飼って、目立つところにつないでいた話など、愉快です。



牧野信一も住んでいて、酒を飲むと、庭を隔てた向かいの大家に向かって「家賃が高いぞ!」と怒鳴った話などは傑作です。榊山によると牧野は一回だけ、前家賃を払っただけとのこと。昔はのんびりしていましたね。



落語などでも貧乏長屋で、大家が家賃のことを言い出すと、「いっぺんだけ払たことが昔あったな」とか「家賃だけは払うな、と親の遺言」とか「家賃て何?」などという手合が出てきますが、文士村もそれに近かったみたいです。



尾崎士郎の家はそんな中で「放送局」と言われていたようですから、珍談、エピソードに事欠きません。



おすすめ本です。古本屋で探してください。



和泉市の古本買取は池崎書店にお任せください



和泉市の古本出張買い取りサービスは、ぜひとも南大阪、泉州地方が地盤の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。高価買取いたします。できるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙の資料は大切です。お高くなる可能性大です。そのままの状態で査定させていただきます。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用命下さいませ。大量でも少量でもホント、心から歓迎です。高価買取月間全身全力推進中。



古本 買取 大阪

タグ

このページの先頭へ