鱧の皮

大阪の古本屋は大阪をテーマにした本が好きです。特に小説類には目がありません。古くは井原西鶴から中島らもまで多彩な書き手に事欠きません。



織田作は大阪を舞台にした小説の誰もが認める第一人者ですが、その先輩に当たるのが上司小剣という小説家です。今は読む人も見かけなくなりましたが、欠かせない人であることは間違いありません。「鱧の皮」という不滅の短編小説があります。



道頓堀の料理屋の女将が主人公で、東京に出奔した入婿の亭主からの無心と復縁を懇願する手紙が届くところから始まり、叔父や母親とのやり取り、使用人の描写などを交えながら、流行っている店の差配をこなす気丈な女の心の揺れを、「鱧の皮」という言葉に収斂させた心憎い小説です。



ちょっと古風な大阪描写が秀逸です。この上司という人は一方では意外や意外、蓄音機とクラシック音楽鑑賞が趣味で、「蓄音機読本」という本まで書いているくらいです。



読みたくなりませんか。「鱧の皮」は岩波文庫や各社の日本文学全集で出ていました。古本屋で探してください。



泉佐野市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



泉佐野市の古本出張買い取りサービスはぜひとも泉佐野市の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールをください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。ご整理の時はできるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙のものは大切です。そのままの状態で査定させていただきます。高価買取月間絶賛全力強化中。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用命下さいませ。万冊単位千冊単位の大量でも少量でもホントに大歓迎です



古本 出張買取 大阪

タグ

あの二人が

やっぱり本を読むと色んなことを知ることができます。今日も今日とて、ふと手にとった猪木武徳著「社会思想としてのクラシック音楽」新潮選書という硬い題名の本の中に、チェコの作曲家ヤナーチェクと作家のフランツ・カフカが少なくとも2度会っていると、という事が書かれていてびっくりしました。



今まで、この二人の芸術に別々に親しんできましたが、まさか会っていたなんて、という思い、そして二人の仲立ちをしたのがカフカの友人、マックス・ブロートだった事も驚きでした。ご存知のようにブロートはカフカの原稿を託されて、死後はすべて廃棄してくれとのカフカの遺言を無視して、全集にして後世に残した人です。ブロートはヤナーチェクのオペラのいくつかの台本のドイツ語訳者だったほど、ヤナーチェクも信頼していたとのこと。



ヤナーチェクとカフカは一度はブロートのプラハのアパートで、もう一度は1924年、ベリン歌劇場でのオペラ「イェヌーファ」初演の時に会っているそうです。



これはもう一度、カフカ全集をひっくり返して、音楽に関わる記事を読み返してみたくなりました。



泉佐野市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



泉佐野市の古本出張買い取りサービスは、ぜひ、泉佐野市の池崎書店にお任せください。整理、売却をお考えの古本や雑誌、文庫本等がございましたら、何も捨てずに大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお電話、メールしてください。古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。お捨てになったものにお値打ちがあることがよくあります。経験豊富な店主が親切丁寧に査定、高価買取します。もちろん出張料無料、見積もり無料、梱包資材無料。お引越しや生前整理、ご遺品整理もお任せ下さい。お客様のご予定に合わせます。24時間受け付けています。千冊単位万冊単位の大量でも少量でもホントに心から大歓迎です。高価買取月間、絶賛全身全力推進中。お気軽にご連絡ください。



古本 出張買取 大阪

タグ

堺市南区で出張買取

堺市南区へ出張買取にお伺いしました。引っ越してこられて、本の整理をお考えになったということでした。引っ越す前にするか後にするか。悩ましいところですが、引越し先の本のキャパを誤らないためには、引越し後も良いかも知れませんね。



良質の新しい学術文庫や中公文庫、中国歴史関係書、文芸書など、盛りだくさんにお譲りいただきました。大切に引き継がせていただきます。搬出ではご家族総出でお手伝いいただき、大変助かりました。ありがとうございます。



色んな所から源泉徴収票が舞い込む時期になりました。そろそろかな、と思っていると郵便受けの中に何やら厚い大きな封筒が入っていました。毎年、たがわずにやってくるのが憎いですね。領収書の整理など、ぼちぼち初めますか。



泉佐野市の古本出張買取は池崎書店にお任せ下さい。



泉佐野市の古本出張買い取りサービスはぜひとも泉佐野市の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。高価買取月間好評絶賛全力推進中。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。できるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙の資料的なものは大切です。昔の車や家電製品のチラシやカタログなどはとても大切です。親切丁寧にそのままの状態で査定させていただきます。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用承ります。



古本 出張買取 大阪

タグ

2022年1月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 買取

奈良市へ出張買取

昨日は奈良市へ出張買取にお伺いしました。国分から川沿いに北に上がっていったのですが、木々の紅葉はあまり見られませんでした。奈良名産の柿も終わっているのでしょうか、目に付きませんでした。車の列は多かったです。そろそろ出始めていますね。12月までのこの時期が今年最後の観光チャンスですものね。



美術関係、一般向けの書道関係やアイドル関係、漫画など、沢山お譲りいただきました。2階からの下ろしや積み込みなどもお手伝いいただき、大変助かりました。ありがとうございました。帰りは道を変えて、生駒を越えての大阪の夜景が美しかったです。



泉佐野市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



泉佐野市の古本出張買い取りサービスは、泉佐野市が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。量の多少にかかわらず、何も捨てずに、何はともあれ捨てる前に一度お気軽にご連絡ください。お引越し整理、生前整理、御遺品整理も御用命下さいませ。数万冊とか数千冊単位の大量でも少量でも心から大歓迎です。全身全力高価買取を絶賛実行致しております。



古本 出張買取 泉佐野市

タグ

2021年11月15日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 買取

ランボーの商才

ランボーという詩人は現代の尺度で見てもかなり破天荒でグローバルでハチャメチャです。1875年21歳までに殆どの詩作を終え以後はヨーロッパ中を放浪し、1880年26歳の時にエチオピアのハラルに渡ってからは、商人としてコーヒー、象牙、麝香などの物産輸入に手を染めたり、武器商人として現地の土侯たちと取引したりしています。



かなりやばい取引が多く、資本の半分を掠め取られたり、契約不履行の憂き目にあったりしています。貿易を担当するフランス政府の上層部に手紙を通じて、便宜を図ってもらうべく精力的に折衝を繰り返すなど、実務者としての能力も大いに発揮しています。その経過は全集のほぼ1巻を占める書簡集に明らかです。



その書簡集には1887年8月23日付家族宛「(前略)仲間の男が死んだため(略)その男の借金を2倍にも支払わせられたりして、(略)苦労しました。いつも腹帯の中に1万6千フランの金貨を入れて歩いていますが(略)8キロも目方があって赤痢にでもとっつかれそうなのですよ。(略)ただ苦しんで死ぬという見通しだけで(略)のこる月日を送ることになるわけ。(略)多分ザンジバルに行くつもりです。(略)しかしそこから支那に行くか、あるいは日本に行くか、どこに行ってしまうかいったい誰にわかるでしょう。(後略)」というような、全くの風来坊丸出しの手紙が載っています。しかし寂しいですね。



流れ流れて明治20年の日本にランボーがやってきたら、どんなだったでしょう。案外、お雇い外人としてうまく立ち回ったかもしれませんね。



しかし残念ながら彼は1891年5月に右脚を切断した体でフランスに戻り、同年11月10日に37歳の生涯を終えます。37,450フランの清算手形が残ったそうです。つまり商才があったということです。



人文書院版「ランボー全集」全3巻を御覧ください。



泉佐野市の古本買取は池崎書店にお任せください。



泉佐野市の古本の出張買取サービスは、泉佐野市が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にご連絡、ご用命ください。買取経験豊富な店主がお客様のご予定に合わせて無料出張、丁寧に無料査定いたします。約1時間でお伺いいたします。何も捨てずに量の多少にかかわらず、御用命ください。お捨てになったものにお宝があるものです。お引越しの整理や生前の整理、御遺品の整理もお任せ下さい。高価買取月間絶賛全身全力強力に推進中。千冊万冊単位の大量でも少量でもホントに大歓迎。誠心誠意買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて24時間承っております。p>



古本 買取 大阪

タグ

このページの先頭へ