ツイン21古本フェア2日目です

昨日はツイン21古本フェア初日でした。生憎の空模様でしたが、11時の開場前から熱心なお客様にお越しいただきました。20時の閉場までお客様は途切れず、ありがとうございました。



早速補充に努めている業者さんも多く、毎日お越しくださっても楽しんでいただけると思います。



今日はお天気も良さそうです。ご来場のほど、よろしくお願いいたします。



泉佐野市の古本出張買い取りはぜひとも地元の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。何も捨てないでください。そのままの状態で査定させていただきます。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用命下さいませ。



タグ

市の後、岸和田市へ出張買取

古書組合での前回の市会はインフルエンザで行けませんでしたから、少し久しぶり感の市でした。レアな文芸ものや、写真集を中心にしたファインアート系の良質の一口物が目立っていました。私は全く別の口で少し落札。



夕方から岸和田市へ出張買取でした。時刻表や昔の男性ファッション関係などをお譲りいただきました。ありがとうございます。大切に引き継がせていただきます。



泉佐野市の古本の出張買取は、ぜひとも泉佐野市の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にご連絡、ご用命ください。買取経験豊富な店主が懇切丁寧に無料出張、無料査定いたします。量の多少にかかわらず、御用命ください。ご遺品整理やお引越しもお任せ下さい。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて年中無休で24時間承っております。p>

タグ

2019年2月5日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古書 古本 大阪 買取

ダラダラ温かい

信じられない気温が続いています。

昨日吹いていた風は気持ち悪いほど生暖かい。

庭の木の落葉がいつまでもダラダラと続いていますから、掃除が大変と家人も嘆いています。

寒いと動きにくいから、気分的にはありがたいんですけど。




泉佐野市での古本の出張買取はどうか池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお電話、メールして下さい。古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ でも承っております。年中無休24時間受け付けです。


タグ

2018年12月5日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古書 古本 大阪 買取

四天王寺4日目でした

昨日は四天王寺秋の大古本祭り第4日でした。

連休最終日で、どうかなと心配しましたが、大勢のお客様にお越しいただき安堵いたしました。

各店、棚の補充をしています。

今日も是非ともご来場ください。

天神さんの古本まつりは本日最終日です。

なにか良いことがあるかも。

お近くの天神橋筋3丁目界隈の古書店街にもおいでください。



泉佐野市の古本の出張買い取りはどうか地元の池崎書店にご用命ください。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の古本高価買取の池崎書店にお電話、メールなどでご連絡ください。お客様の準備は一切御無用です。今、そのままの状態で、本棚のまま、箱に入ったまま、床に置いたままで結構です。何も捨てないで下さい。えてして、捨てられたモノにお値打ち品があります。ご連絡心からお待ちしております。

タグ

2018年10月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古書 古本 大阪 買取

下鴨納涼古本まつり2日目

下鴨納涼古本まつり2日目でした。

午前10時の開場から少ししてから、全く突然のスコール的な雨が。

わりかし短時間だったのですが、本が濡れないように作業するために、店主達も、そしてお客様も濡れました。

昼からはぎりぎり降らずで、助かりましたが、お客様の出足には影響があったみたいです。

今日は、気分を切り替えて、晴天を祈りつつ頑張ります。

本の入れ替えも各店は積極的にしています。

何度もお越しくださると、きっと素晴らしい出会いがあると思います。


泉佐野市での古本の出張買取は地元の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお電話、メールして下さい。古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。まずはお気軽にどうぞ。


タグ

2018年8月13日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古書 古本 大阪 買取

このページの先頭へ