本は重い

昨日は参加している即売会組織の出張買取で堺市南区へお伺いしました。参加した5名が各自の車だったため、お家の前の道路がかなり窮屈になり恐縮でした。



1階と2階の4部屋にかなりの量の本や資料が積まれていました。それも本屋さんで購入された袋に入ったままの状態が多いため、剥がすのに時間がかかりましたが、新品みたいな姿の本が現れるのを見ると、タイムマシンさながらでした。



5人で手分けして階上からの下ろし、車への運び入れを手渡しでするとスムーズにハイエースが満杯になりました。しかし、本は重いです。



泉北郡忠岡町の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



泉北郡忠岡町の古本出張買い取りサービスは、泉州全域が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。量の多少にかかわらず、何も捨てずに、何はともあれ捨てる前に一度お気軽にご連絡ください。お引越し整理、生前整理、御遺品整理も御用命下さいませ。数万冊とか数千冊単位の大量でも少量でも心から大歓迎です。全身全力高価買取を絶賛実行致しております



古本 出張買取 大阪

タグ

2022年5月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 買取

私だけ?

今日はLPの日だそうです。1951年に30センチのLPレコードが日本で発売された日だとか。私がクラシック音楽を聞き始めた頃、1968年前後はもちろんLPレコードしかありません。オープンリールテープもあったみたいですが無縁の世界です。LPに関しては思い入れは深いです。



LP一枚国内盤で安くても2000円はしましたから、お小遣い程度では買えません。誕生日かお正月にターゲットを絞ってゲットする。それまでは中途半端な17センチLPレコードで渇を癒やしていました。コンパクト盤、コンパクトLPと言われていたらしいです。これは一枚500円ほどで買えました。でもベートーヴェンの第9交響曲なんてのは第4楽章しか収録されてませんでしたね。



序曲とか交響詩なんかが17センチ盤ではやたら豊富でしたからレパートリー的には偏っていました。また、大切にそればかりを聴き込みましたから、今でもそうした管弦楽曲は大好きです。刷り込みとは恐ろしいものです。室内楽や独奏の器楽曲に親しむのはCD時代に入ってからです。



高いお金を出して買うんだから、沢山の人、つまりオーケストラが派手に演奏してないと元が取れない、みたいな気持ちがどこかに育っていたのかもしれません。1人の演奏家なんて割に合わない。



大阪的ですね。悲しいですね。私だけか。



泉北郡忠岡町の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



泉北郡忠岡町の古本の出張買取サービスは、泉南全域が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にご連絡、ご用命ください。買取経験豊富な店主がお客様のご予定に合わせて無料出張、丁寧に無料査定いたします。約1時間でお伺いいたします。何も捨てずに量の多少にかかわらず、御用命ください。お捨てになったものにお宝があるものです。お引越しの整理や生前の整理、御遺品の整理もお任せ下さい。高価買取月間絶賛全身全力強力に推進中。千冊万冊単位の大量でも少量でもホントに大歓迎。誠心誠意買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて24時間承っております。p>



古本 出張買取 大阪

タグ

岡田さん

岡田睦(恩田陸ではありません)という小説家が静かなブームみたいです。芥川賞の候補にもなり、失踪という姿の消し方がドラマチックで、講談社の文芸文庫に収録されたりしています。マイナーな作家が突然もてはやされることはママあることで、一過性のものかどうかは時間が証明することになります。



「中上健次全発言」という対談本の中に、彼が出席している座談会がありました。「次代の書き手はどこにいるか」というテーマのもとに、岡田さんの他に岡松和夫、高橋昌男、高橋三千綱、立松和平、中上健次、秋山駿といった人たちが討論しています。全員が鬼籍に入っていることを思うと、時が経つのは早いものだとつくづく思います。



岡田さん、何となく静かな人かと思っていましたが、酒が入った中上健次の執拗なカラミみたいな発言にも臆せず結構カッコよく渡り合っていました。一本筋が通っている男らしい人みたいです。「俺、もう飲むよ」の発言の後も論旨に乱れのない発言をしていますから、酒も強いようです。最後のあたりでは岡田対中上で他の発言なし。中上健次はレロレロです。



岡田睦さんの小説、一度読んでみようかな。ご存命でしたら今年の1月18日で満90歳になられます。



なお、出席者の紹介欄で「立松和平」の本名が「横松和夫」となっていて、ちょっと微笑ましく思いました。



泉北郡忠岡町の古本出張買取は池崎書店にお任せ下さい。



泉北郡忠岡町の古本出張買い取りサービスはぜひとも泉州が地盤の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールをください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。ご整理の時はできるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙のものは大切です。そのままの状態で査定させていただきます。高価買取月間絶賛全力強化中。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用命下さいませ。万冊単位千冊単位の大量でも少量でもホントに大歓迎です。



古本 出張買取 大阪

タグ

ちょっとしたこと

昨日は大阪古書組合で市会でした。来月に大きな市会を控えているので、少し出品は少なめでした。しかし最終の開札台には美しい限定版がたくさん並んでいて、目を奪われました。



全く関連のない話題で恐縮ですが、先日来、電気カミソリで髭を剃ると皮膚がひりつくようになりました。おかしいな、とずっと思っていたのですが、よく見ると外刃が大きく欠けてそこから内刃が露出して、内刃で皮膚をこすっていました。ひりつくはずです。よく血が出なかったものです。



今まで買ったことがない3枚刃の新しいのに買い換えると、なんとも気持ちよく剃れます。くせヒゲも難なく剃れます。かたくなに1枚刃(だいたい安い)に固執していたのが馬鹿みたい。



何時間か、何十時間かの不愉快を感じてきたことが、もったいないことでした。ほんのちょっとのケチが大きな損になることがあります。



泉北郡忠岡町の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



泉北郡忠岡町の古本出張買取サービスは、どうか泉南が地盤の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、FAX、若しくはメールを下さい。只今買取強化中です。出張料、査定料など無料です。梱包資材なども勿論すべて無料でご用意します。できるだけ何も捨てずにご連絡ください。お捨てになるものにお値打ちがあることが多いです。お客様のご予定に柔軟対応します。生前整理、ご遺品整理、引っ越しの整理もお任せください。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて年中無休24時間体制で承っております。特別高価買取月間大絶賛全力推進中。大量でも少量でもとにかく誠心誠意、心から大歓迎。



古本 買取 大阪

タグ

洒落た名優

ジャンポール・ベルモンドさんが亡くなられました。私の世代より少し前のフランス映画を引っ張った名優です。ゴダール監督の作品で重用され、ヌーベルバーグの代名詞みたいな人でした。



ちょっと愛嬌のある顔で、同時代のアラン・ドロンと対照的でした。ところがフランス人から見るとベルモンドのほうがハンサムだということを何かで読んだことがあります。確かにアラン・ドロンの方が整っていますが、何となく暗く、突っ張っているという気が少しします。本人もそのイメージを隠そうとしなかったみたいです。



それに対して、ベルモンドは生粋のパリっ子らしい洒脱な陽気な感じ。ご両親ともに芸術家で、いわばのびのびと育った坊っちゃんという空気が漂っていました。そういうところが愛されたのでしょう。



「気狂いピエロ」のDVDがありますので見てみようと思います。



泉北郡忠岡町の古本買取は池崎書店にお任せください。



泉北郡忠岡町の古本出張買い取りサービスは、ぜひとも池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。高価買取いたします。できるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙の資料は大切です。お高くなる可能性大です。そのままの状態で査定させていただきます。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用命下さいませ。大量でも少量でもホント、心から歓迎です。高価買取月間全身全力推進中。



古本 買取 大阪

タグ

2021年9月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 映画 買取

このページの先頭へ