食べごろ

庭のイチジクの木が今年は生り年みたいで、まだ固い蕾のような実を沢山つけています。食べごろ近くまで大きくなった実もあるのですが、食べようと思っているとその矢先に鳥に突かれて、気がついた時には半分以上、実をえぐられています。



鳥たちにとっては死活問題。ギリギリの食べごろの判定は恐ろしいほど正確です。かくてはならじと家人が百円均一でネットを買ってきて実が大きくなりそうなところに掛け回していましたが、どちらが勝つやら。ちなみに私はイチジクが大好物なので家人を応援するのです。



神戸市の古本の出張買取サービスは、近畿地方が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にご連絡、ご用命ください。買取経験豊富な店主がお客様のご予定に合わせて無料出張、丁寧に無料査定いたします。何も捨てずに量の多少にかかわらず、御用命ください。お捨てになったものにお宝があるものです。お引越しの整理や生前の整理、御遺品の整理もお任せ下さい。高価買取月間絶賛全身全力強力に推進中。千冊万冊単位の大量でも少量でもホントに大歓迎。誠心誠意買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて24時間承っております。p>

タグ

ああ、あのお店が

づぼらやさんが今年の9月に閉店するとのニュース、ビックリしました。大阪生まれの人間にとって、



 新世界のづぼらやで づぼら連中集まって ふぐをさかなに花がさく(だったと思う)



このメロディーは、づぼらやと聞くと反射的に出てきます。子供の頃ですから、ふぐに憧れはしませんでしたが、このコマーシャルソングは懐かしい。



昭和が遠くなります。



門真市の古本の出張買取サービスは、大阪府が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にご連絡、ご用命ください。買取経験豊富な店主がお客様のご予定に合わせて無料出張、丁寧に無料査定いたします。何も捨てずに量の多少にかかわらず、御用命ください。お捨てになったものにお宝があるものです。お引越しの整理や生前の整理、御遺品の整理もお任せ下さい。高価買取月間絶賛全身全力強力に推進中。千冊万冊単位の大量でも少量でもホントに大歓迎。誠心誠意買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて24時間承っております。p>

タグ

アイスクリームの方へ

土曜日に河内長野市へ出向いたことは書きましたが、道中、外環状線の車が多いのに驚きました。道端の大型の店舗の駐車場は業種に関わらず適度に埋まっていました。



目立ったのは、有名なアイスクリーム・チェーン店に入ろうとしている車の長蛇の列でした。あれは何だったんでしょうか。特別なサービスでもやったのかな。まだアイスは食べたくないのですが気になりました。



柏原市の古本出張買い取りサービスは、南大阪地方全域が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。量の多少にかかわらず、何も捨てずに、何はともあれ捨てる前に一度お気軽にご連絡ください。高価買取月間全力推進中。お引越し整理、生前整理、御遺品整理も御用命下さいませ。何万冊単位の大量でも少量でもホントに大歓迎です。

タグ

やっぱり

気がつくと少し太っていました。普段食べない食べ物を何となくつまんだりしていると覿面です。



阪神古書ノ市が終わって組合へ運び込んだ帰り際にDさんから「正月、塩辛いものを調子に乗って食べ過ぎないように」と笑い顔で釘を差されたのも忘れて、数の子などをうっとりと食べています。でもそれも今日までです。明日からは平常に戻りますよってに。



神戸市の古本出張買い取りサービスは、関西全域が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。量の多少にかかわらず、何も捨てずに、何はともあれ捨てる前に一度お気軽にご連絡ください。お引越し整理、生前整理、御遺品整理も御用命下さいませ。数万冊数千冊単位の大量でも少量でも心から大歓迎です。





タグ

絶品

沖縄のお土産でいただいた「 豆腐餻(とうふよう) 」という発酵食品に魅せられました。大きめのサイコロ形にカットした豆腐を、米麹、紅麹、食塩、にがりと共に泡盛に漬け込んで寝かせたもので、いただいた会社の製品は漬け汁とともにプリンの容器みたいなのに1個ずつ入っています。



一見、量が少ないかなと思いますが、箸や爪楊枝で米粒大にへつって口に入れると、泡盛の香りとともに、クリーミーなフォアグラというか、チーズというか、アンコウの肝というか、雲丹というか、濃厚なネットリした複雑な旨さが舌から鼻にまで突き抜け広がります。とても豆腐と思えません。6ヶ月間ほど、現地沖縄の洞窟で熟成させているとのこと。



これで一杯飲めばたまらないでしょうね。コース料理の箸休めなんかにもうってつけでしょう。



柏原市の古本出張買い取りサービスは、南大阪全域が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。量の多少にかかわらず、何も捨てずに、何はともあれ捨てる前に一度お気軽にご連絡ください。お引越し整理、生前整理、御遺品整理も御用命下さいませ。大量でも少量でも心から大歓迎です。

タグ

このページの先頭へ