イメージ画像

最新情報

2022年9月25日古書
似たりよったり
2022年9月24日古本
聴きたくない
2022年9月23日古本
お彼岸
2022年9月22日古本
混んでます
2022年9月21日古本
これが

似たりよったり

いろんな昔のものを整理していたら信用金庫に努めていた時の業務手帳が何冊か出てきました。1985~1987年あたりのものですから、かれこれ40年近く前のもの。まあ日誌みたいなものですから、何年何月何日の何時頃にお得意さんへ行く用件とか、預金の予約とか、会議の予定とかが汚い字で書き込まれています。ちなみに私は外交係でした。30代の頃ですからなかなか元気です。



ところが手帳に何度も出てくるお名前なのに、今読んでもお顔を全然覚えてない、場所も定かでないということがほとんどでした。去るもの日々に疎し。逆に、覚えていても、懐かしいでしょうが気になることにもなりかねない。



ただ、予定表に「夜間外交」の文字が頻繁に出てきます。つまり昼はご不在のお客様の御宅を夜に訪問して面談率を上げることです。よくこんなことを組織的にしていたな、と思います。まあ大抵はボーナス時期を狙ってのことですが、一日のお仕事が終わってやれやれ、とお寛ぎのところへ「定期預金はぜひとも我が信用金庫へ」などと言って飛び込んでくるのですから、かえって逆効果だったのでは、と思います。



当然、残業手当が付くべき仕事ですが、残業申請書は外交担当役席(課長クラス)が皆の分をしっかりと握っていますから、個人単位で申請できない。これはひどい労基法違反です。



まあ、昔の金融機関はどこも似たりよったりだったのでは、と思います。



高石市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



高石市の古本の出張買取サービスは、泉州が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にご連絡、ご用命ください。買取経験豊富な店主がお客様のご予定に合わせて無料出張、丁寧に無料査定いたします。約1時間でお伺いいたします。何も捨てずに量の多少にかかわらず、御用命ください。お捨てになったものにお宝があるものです。お引越しの整理や生前の整理、御遺品の整理もお任せ下さい。高価買取月間絶賛全身全力強力に推進中。千冊万冊単位の大量でも少量でもホントに大歓迎。誠心誠意買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて24時間承っております。p>



古本 買取 大阪

タグ

聴きたくない

昨日、9月23日は海王星の日だったそうです。発見された日なんでしょうね。この後の冥王星が太陽系の惑星になったり落選したりでややこしい。私が子供の頃は「すいきんちかもくどてんかいめい」と覚えていたのですが、「どてんめいかい」になってそれから冥王星が外れたのでした。



まあ海王星は安定しています。ホルスト作曲の組曲「惑星」も海王星まであります。冥王星はまだ発見されてなかったのです。その後、冥王星が発見されたのでホルストは作曲しかかったらしいですが、完成しなかったそうです。



おせっかいな作曲家が冥王星を勝手に作曲して、ちゃっかりと「惑星」と一緒にレコーディングしたりしていますが、いらぬお世話と思います。ホルストの「惑星」の最終曲は海王星で、女性コーラスが幻想的に遥か彼方の海王星のイメージを描きながら消え入るように全曲を閉じているのに、その後に変な曲を聞かされるのは迷惑を通り越して耳への暴力です。



堺市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



堺市の古本出張買い取りサービスはぜひとも大阪が地盤の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。高価買取月間好評絶賛全力推進中。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。できるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙の資料的なものは大切です。昔の車や家電製品のチラシやカタログなどはとても大切です。親切丁寧にそのままの状態で査定させていただきます。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用承ります。



古本 買取 大阪

タグ

2022年9月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 買取 音楽

お彼岸

お彼岸の中日です。各所の墓域は花で飾られていることでしょう。私は先日、彼岸の入り早々にお墓参りをしました。



墓所は大阪市内の北区ですから、周りはビルばかり。暑い盛り、お盆の時などはそのビル群の太陽の照り返しで、暑さも暑しでしたが、流石に過ごしやすくなっていました。



墓石の周りの草を抜き、花入れに水を満たし、水入れをきれいにして用意してきた花をいけると気持ち良いものです。普段のお礼をブツブツとつぶやいて、頭を下げる。これで良いのですね、ご先祖様。



大阪市西区の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



大阪市西区の古本出張買い取りサービスはぜひとも池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。高価買取月間好評絶賛全力推進中。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。できるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙の資料的なものは大切です。昔の車や家電製品のチラシやカタログなどはとても大切です。親切丁寧にそのままの状態で査定させていただきます。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用承ります。



古本 買取 大阪

タグ

混んでます

人間は現金なもので、ちょっと体の具合が悪いといそいそとお医者さんに行くが、少し良くなってくると予約していてもうっかり忘れたりします。私がまさにそうで、ふと気がつくと予約していた時間を1時間ほど過ぎています。



足の痛みもかなり良くなっていたのでうっかりです。整形外科のお医者さんは予約時間以外に行くととても待たされます。物療あり、リハビリあり、診察ありで、かなり広いクリニックが白髪頭の元気な人で一杯です。送迎バスが忙しそうに出たり入ったり。それに乗る人は黄色いプラスチックの番号札を渡されます。



これは良いですね、割り込みも防げるし、人数の確認ができます。保育所の送迎バスにも使えるかも。



大阪市東区の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



大阪市東区の古本出張買い取りサービスはぜひとも池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。高価買取月間好評絶賛全力推進中。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。できるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙の資料的なものは大切です。昔の車や家電製品のチラシやカタログなどはとても大切です。親切丁寧にそのままの状態で査定させていただきます。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用承ります。



古本 買取 大阪

タグ

これが

やはり何となく見てしまいました、エリザベス女王の葬儀。色彩が美しく、形が美しい。音楽も女王の生涯に関わりのある曲が選ばれ、形容は変ですが、いきいきと演奏されていました。



ウェストミンスター寺院から出た後の葬列の、カメラの追い方、構図も秀逸。何かの長いアーチの下を通る時、棺を引く葬列の人々の規則正しい足音が壁に反響して哀切。時々入るビッグ・ベンの重々しい弔鐘。沿道を埋める人々。



女王の愛犬である2匹のコーギー犬が待つウィンザー城に到着し、聖堂の地下に静かに降ろされる寸前、棺の上にずっと置かれていた王冠、錫杖、宝珠が取り除かれました。そしてバグパイプ奏者が一人、忍びやかな音色を響かせながら回廊の奥に消えてゆきます。



全てが相まって女王を送る国の悲しみを表現していました。これが国葬なのですね。



大阪市南区の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



大阪市南区の古本出張買い取りサービスは、ぜひとも池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。高価買取いたします。できるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙の資料は大切です。お高くなる可能性大です。そのままの状態で査定させていただきます。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用命下さいませ。大量でも少量でもホント、心から歓迎です。高価買取月間全身全力推進中。



古本 買取 大阪

タグ

2022年9月21日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 買取 雑感

このページの先頭へ