不思議と良いかも

有名な割に昔も今も、ちっとも読まれていない作家に、宮本百合子があります。以前は各文庫にも収録されていて、立派な完璧な全集も出ていますが、その全集は市に出ていても、今は殆ど見向きもされません。



プロレタリア作家と言われていますが、出自はかなりお嬢様です。父方の中条家はいわば地方の名望家でお祖父さんは湖から水を引いて安積の開拓地を作った名士で自治体を率いたり、地元の農民を育てた人です。母方のお祖父さんは岩波文庫に『日本道徳論』という著作を持つ西村茂樹で、明六雑誌の一員、皇族の教育掛り、貴族院議員、宮中顧問官などを努めた人物です。そしてそれぞれの長男長女の間に生まれた長女が中条百合子、つまり後の宮本百合子です。ちなみにお父さんは中条精一郎と言って建築家で、有名な会社のビルを多く手掛け、慶応大学のあのロマンチックな図書館も彼の作品です。



処女作が17歳の時の「貧しき人びとの群」で、大正5年9月号の「中央公論」に掲載されました。当時の「中央公論」の権威たるや、今では想像もできません。そこに載ることは、一流の著作家であることの証明だったわけです。それ以来、女流作家として先頭を走り続けてきたわけです。結婚したが5年で離婚、大正14年からの湯浅芳子との有名な共同生活(?)を続け、昭和7年に宮本顕治と再婚してからは闘士としての顔も全面に出して、昭和26年に、51歳で病で亡くなります。



私は彼女の生涯をみるとき、なぜか、三島由紀夫を思い出しました。華麗な祖父や父、早熟の天才としての文壇登場、そして創作に際し、母親が当初、過剰なほど干渉したこと、自らの性的性向へのこだわり、強烈な義務感を感じさせる意志の強さなど、共通点が多くあります。政治的には180度正反対ですが。



彼女の後半生の写真は和服姿がほとんどですが、その体型や着こなしを見るにつけて、エプロンおばさんを連想するのは私だけでしょうか。



一度読んでみても良いかも。



大東市の古本買取は池崎書店にお任せください。



大東市の古本出張買い取りサービスは、ぜひとも池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。高価買取いたします。できるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙の資料は大切です。お高くなる可能性大です。そのままの状態で査定させていただきます。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用命下さいませ。大量でも少量でもホント、心から歓迎です。高価買取月間全身全力推進中。



古本 買取 大阪

タグ

さんちかでも

先日、ご案内予定とした神戸の古本即売会の情報です。即売会参加古書店さんのブログから、一部転載、加工させていただきました。





夏の「さんちか古書大即売会」開催が始まりました。



7月29日(木曜日)~8月3日(火曜日)までの5日間の開催になります。



コロナ対策もしておりますので、ご安心してご来場下さいませ。



多岐にわたる様々な良書を揃えてお待ちしております!



また、元町商店街の「こうべまちづくり会館」に有ります「神戸元町みなと古書店」も元気に営業中です!



神戸の元町にお越しの際にはお立ち寄り下さい!



概要



7月30日(木)~8月4日(火)まで三宮・さんちかホールにて。
10時~19時30分(最終日18時まで)
目録請求・お問い合わせ先 兵庫県古書籍商業協同組合 078-341-1569



大東市の古本買取は池崎書店にお任せください。



大東市の古本出張買い取りサービスはぜひとも大阪全域が地盤の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールをください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。ご整理の時はできるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙のものは大切です。そのままの状態で査定させていただきます。高価買取月間絶賛全力強化中。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用命下さいませ。万冊単位千冊単位の大量でも少量でもホントに大歓迎です。



古本 買取 大阪

タグ

パリッ

私みたいなチョコレート好きは、板チョコを噛むことで気温がわかります。



パリッと砕けると10度前後かそれ以下です。ネチッと歯が入ると20度くらい、グニャリと歯応えが無くなると25度から30度ほどの気温です。



チョコの包装紙などにも「保管は28℃以下で」などと表記されていますから、私の感覚も間違っていないでしょう。チョコレートに関しては失敗も多々あります。



まだまだ大丈夫と思って、ケース入りの未開封の「アルフォート」を車内に放置して、そのうちに思わぬ気温が高くなり、車に戻ってから箱を振っても音がしません。バラの10個入りですから、普通はかすかにカサカサ音がする筈です。封を切らなくても中身の惨状は目に浮かぶようです。



家に帰って冷蔵庫に入れて、何時間後かに開いてみると、見事にチョコがつながって一枚物に変身したアルフォートが完成していました。それはそれでなかなか乙でした。



ちなみに今日は、パリッ に近かったです。



大東市の古本買取は池崎書店にお任せください。



大東市の古本出張買い取りサービスは、大阪全域が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。量の多少にかかわらず、何も捨てずに、何はともあれ捨てる前に一度お気軽にご連絡ください。お引越し整理、生前整理、御遺品整理も御用命下さいませ。数万冊とか数千冊単位の大量でも少量でも心から大歓迎です。全身全力高価買取を絶賛実行致しております。



古本 買取 大阪

タグ

好きな分野を

昨日は「阪神 春の古書ノ市」に追加する本の用意に追われました。バランス良く売れていればバランスよく追加の準備をするのですが、なかなか筋が読めません。百貨店は本当に幅広いお客様がおいでになりますから、偏りは禁物です。かと言ってすべての分野を取り揃えるのは無理。やはり集中する分野を決めて、あとはバランス、が最も良いかと。



後半はちょっと軽めの本を選んで持ってゆきます。気軽に読んでいただける趣味の良い本というのでしょうか。コミック的なものも用意しました。ビジュアル系も欠かせません。何時もはレコード即売会と一緒の時が多かったので、クラシック音楽の本や楽譜などが売れることがあったのですが、今回はあまり動いてないみたいです。けれども持ってゆきましょう。好きな分野ですから。



大東市の古本買取は池崎書店にお任せください。



大東市の古本出張買取サービスはどうか南大阪所在の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、FAX、若しくはメールを下さい。只今買取強化中です。出張料、査定料など無料です。梱包資材なども勿論すべて無料でご用意します。できるだけ何も捨てずにご連絡ください。お捨てになるものにお値打ちがあることが多いです。お客様のご予定に柔軟対応します。生前整理、ご遺品整理、引っ越しの整理もお任せください。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて年中無休24時間体制で承っております。特別高価買取月間大絶賛全力推進中。大量でも少量でもとにかく誠心誠意、心から大歓迎。



古本 買取 大阪 大東市

タグ

はてなのカップ

仕事柄、在宅が多いので、どうしても口卑しくなって食べたり飲んだりが盛んになります。コーヒーなんかも好きですから何杯も飲むことになります。



手近にあったマグカップにインスタントコーヒーを入れて湯を注ぎ、パソコン近くのカップ置きにのせて作業の合間に飲んでいて、ふと気がつくと左膝が濡れています。さっきまで膝にカップをくっつけてぬくもりを楽しんでいたのでした。はて、カップが濡れていたのかと思ってカップ置きを見るとかなりのコーヒーが溜まっています。膝の濡れはコーヒーだったようです。



おかしいなと、カッブをよく拭ってテーブルに直に置くとしばらくたって、またもや濡れています。カップから漏れていたようです。残り少なくなったコーヒーを飲んでしまってカッブをよく調べても、割れやヒビなど見当たりません。水を注いでしばらくするとポタリ。



まるで落語みたいです。そう、「はてなの茶碗」です。あれは茶店の湯呑が傷もないのに漏れて、それがいつの間にか評判になり、尊いお方の耳に止まり宮中に運ばれます。やっぱり水が漏る、不思議である、「はてな」と銘が座り、漏るさまを詠んだ和歌が添えられて千両の値打ち物になるという噺。



私のコーヒーカップ、どなたか買いませんか。



大東市の古本買取は池崎書店にお任せ下さい。



大東市の古本出張買い取りサービスは、南大阪全域が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。量の多少にかかわらず、何も捨てずに、何はともあれ捨てる前に一度お気軽にご連絡ください。お引越し整理、生前整理、御遺品整理も御用命下さいませ。何千冊、何万冊という大量でもお任せ下さい。



古本 買取 大阪

タグ

2021年1月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 落語 買取

このページの先頭へ