百科事典!

下中弥三郎が1914年の昨日、平凡社を設立したそうです。後々まで我々古本屋を潤わせてくれたり困らせてくれたりした原因がこの日にあるわけです。



昔は百科事典は、古本屋の扱う商品の中でも高額のものでした。普通のご家庭でもローンを組んだりして買ったものらしい。私が会社に努めていた時も、休み時間にセールスマンが来て、説明会などをしていました。



それが今や、買取相談のお電話などで、百科事典という言葉をお聞きすると、少し残念な気持ちになってしまいます。罰当たりなことです。



その時代のタイムカプセルでもあるわけですから、大切になさって、時々読むのが最も百科事典生きると思います。本当に。



大東市の古本買取は池崎書店にお任せください。



大東市の古本出張買い取りサービスは、南大阪全域が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。量の多少にかかわらず、何も捨てずに、何はともあれ捨てる前に一度お気軽にご連絡ください。お引越し整理、生前整理、御遺品整理も御用命下さいませ。数万冊とか数千冊単位の大量でも少量でも心から大歓迎です。全身全力高価買取を絶賛実行致しております。



古本 買取 大阪

タグ

憂鬱なお二人

昨日、4月9日はフランスと日本の有名詩人の誕生日でした。ボードレールと佐藤春夫です。ボードレールは生誕201年、佐藤春夫は生誕130年になります。



二人共、日本で完璧に近い全集が出されている幸福な詩人です。佐藤春夫は日本人ですから当然といえますが、ボードレールはよく出版されたものです。日本人の西洋崇拝、完全好みが現れたのでしょう。需要が見込まれるから出すのですから。



この二人の詩人(佐藤春夫は小説家でもありますが)、代表的作品に「憂鬱」という言葉を冠していることで共通しています。ボードレールは散文詩「パリの憂鬱」、佐藤春夫は小説「田園の憂鬱」「都会の憂鬱」を書いています。



両者の肖像写真を見ますと、どちらも憂鬱極まりない表情をしています。ボードレールは時代的にスナップ写真など無い頃ですから仕方ありませんが、それにしても睨みつけているようです。佐藤春夫のたくさん残っている写真もどれを見ても苦虫を噛み潰したような顔をしています。



二人共「憂鬱」にふさわしい人たちでした。



大東市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



大東市の古本出張買取サービスは大阪南部が地盤の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、FAX、若しくはメールを下さい。只今買取強化中です。出張料、査定料など無料です。梱包資材なども勿論すべて無料でご用意します。できるだけ何も捨てずにご連絡ください。お捨てになるものにお値打ちがあることが多いです。お客様のご予定に柔軟対応します。生前整理、ご遺品整理、引っ越しの整理もお任せください。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて年中無休24時間体制で承っております。特別高価買取月間大絶賛全力推進中。大量でも少量でもとにかく誠心誠意、心から大歓迎。



古本 出張買取 大阪

タグ

あの時は

1962年の今日、つまり60年前の今日、ケネディ大統領がキューバ全面輸出停止をした日だそうです。本当のキューバ危機はその年の秋に来るのですが、まあその前哨戦みたいなものでしょうか。



映画で「13デイズ」というのがあり、ケネディ兄弟と特別補佐官を中心に、その辺りから秋の一触即発の危機、そしてその回避までを映画にしたものです。補佐官役をケビン・コスナーが演じていい味です。ケネディ兄弟もよく似ています。



舞台はキューバですが本質はアメリカとソ連の核基地の問題で、ソ連はキューバの核基地を諦める代わりにアメリカはトルコ周辺の基地の縮小をしました。まあ、痛み分けという所です。この米ロ両国はこうしたギリギリの折衝をおおっぴらに、また水面下で、何度もいろんな場面で経験しています。ノウハウはお互いに積んでいます。



今回のウクライナ問題はどうなるのでしょうか。後で映画になって、あの時はね、などと言えるような、理性的な解決を見たいものです。



大東市の古本出張買取は池崎書店にお任せ下さい。



大東市の古本出張買い取りサービスはぜひとも南大阪が地盤の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールをください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。ご整理の時はできるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙のものは大切です。そのままの状態で査定させていただきます。高価買取月間絶賛全力強化中。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用命下さいませ。万冊単位千冊単位の大量でも少量でもホントに大歓迎です



古本 出張買取 大阪

タグ

「24」とオミクロン

ついに日本でもオミクロン株の感染者が確認されたそうです。入ってくるのは時間の問題でしたが、それを遅らせるのが大切ですから、厳重な隔離、管理をしてほしいところです。



オミクロン、というと私はどうしてもアメリカのTVドラマシリーズ「24」のジャック・バウアーを連想してしまいます。バウアーがドラマの舞台のCTU(テロ対策ユニット)に所属していた頃の上司が、CTUをやめさせられて副社長として迎えられていた会社がオミクロン社という社名で、シーズン5に登場してきます。



「24」全シーズンをDVDで何度も見ていますから、オミクロン、という変な語感の社名が頭の中に染み込んでいたのです。ただ、言葉の意味などは知らなかったので、適当に付けているのだろう程度にしか思っていませんでした。それが今回のオミクロン騒ぎです。思わぬ形でほんとうの意味を教えてもらいました。



アルファやベータ、ガンマ等と同じの、れっきとしたギリシャ文字だったんですね。「24」では悪者の会社でしたからイメージ的には違和感ありません。



あらためて「24」を見直そうかな。



大東市の古本出張買取は池崎書店にお任せください。



大東市の古本出張買取サービスは、南大阪が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、もしくはメール、FAXをしてください。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休で24時間受け付けています。本や雑誌の買取経験豊富な店主が、無料出張、丁寧に無料査定、適切にご相談に応じます。何も捨てないで下さい。捨てたものにえてしてお値打ちがございます。お引越しの本整理、生前整理や御遺品整理も承ります。高価買取強化月間全身全力で絶賛推進中。何万冊、何千冊の大量でも少量でもいつでも大歓迎。



古本 出張買取 大阪

タグ

2021年12月1日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 映画 買取

不思議と良いかも

有名な割に昔も今も、ちっとも読まれていない作家に、宮本百合子があります。以前は各文庫にも収録されていて、立派な完璧な全集も出ていますが、その全集は市に出ていても、今は殆ど見向きもされません。



プロレタリア作家と言われていますが、出自はかなりお嬢様です。父方の中条家はいわば地方の名望家でお祖父さんは湖から水を引いて安積の開拓地を作った名士で自治体を率いたり、地元の農民を育てた人です。母方のお祖父さんは岩波文庫に『日本道徳論』という著作を持つ西村茂樹で、明六雑誌の一員、皇族の教育掛り、貴族院議員、宮中顧問官などを努めた人物です。そしてそれぞれの長男長女の間に生まれた長女が中条百合子、つまり後の宮本百合子です。ちなみにお父さんは中条精一郎と言って建築家で、有名な会社のビルを多く手掛け、慶応大学のあのロマンチックな図書館も彼の作品です。



処女作が17歳の時の「貧しき人びとの群」で、大正5年9月号の「中央公論」に掲載されました。当時の「中央公論」の権威たるや、今では想像もできません。そこに載ることは、一流の著作家であることの証明だったわけです。それ以来、女流作家として先頭を走り続けてきたわけです。結婚したが5年で離婚、大正14年からの湯浅芳子との有名な共同生活(?)を続け、昭和7年に宮本顕治と再婚してからは闘士としての顔も全面に出して、昭和26年に、51歳で病で亡くなります。



私は彼女の生涯をみるとき、なぜか、三島由紀夫を思い出しました。華麗な祖父や父、早熟の天才としての文壇登場、そして創作に際し、母親が当初、過剰なほど干渉したこと、自らの性的性向へのこだわり、強烈な義務感を感じさせる意志の強さなど、共通点が多くあります。政治的には180度正反対ですが。



彼女の後半生の写真は和服姿がほとんどですが、その体型や着こなしを見るにつけて、エプロンおばさんを連想するのは私だけでしょうか。



一度読んでみても良いかも。



大東市の古本買取は池崎書店にお任せください。



大東市の古本出張買い取りサービスは、ぜひとも池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。高価買取いたします。できるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙の資料は大切です。お高くなる可能性大です。そのままの状態で査定させていただきます。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用命下さいませ。大量でも少量でもホント、心から歓迎です。高価買取月間全身全力推進中。



古本 買取 大阪

タグ

このページの先頭へ