小泉VS河上

小泉信三が「河上肇博士の経済学の本は価値が無いが、自叙伝は後世に残る」と言ったと、小林勇の随筆集「彼岸花」に書かれています。

当の小泉博士の経済学の本も河上肇同様の運命を辿っていますが、さらには小泉さんは河上肇の自叙伝のような古典足りうる著作は残していません。小泉博士は現天皇の婚儀のお膳立てをした人として歴史に残るでしょう。もって瞑すべし。

確かに河上肇の「自叙伝」は一人の人間の赤裸々な記録として傑作です。同時に彼の日記や書簡も生き生きとした彼のポートレートとして貴重です。

日記を拾い読みしていると、巧まずしてユーモラスでおっちょこちょいの人柄が髣髴します。

昭和14年2月27日(月)

今日銭湯へ行ったら(略)番台の女が「(略)いつか下駄をお間違になりはしませんでせうか?」(略)「いや私はうちからはいて来たばかりですが」と云ふと「ちょっと見てください」といふ。番台の下に二足揃へてある下駄を見ると、ひどく古びた親指の跡のついてゐる、鼻緒の切れそうになつてゐる下駄が、新しいおろし立ての下駄と並べてある。そのおろし立ての下駄を自分は今日履いて来たのだが、しかし古びた方が明かに自分の下駄である。私は数日前から下駄のはなをが新しくなつて居るのには気づいてゐたが、それはうちの者がいつの間にかすげかへてくれたものとのみ思ひ込んで居たが、あに計らんや、私は銭湯でいつの間にか他人の新しい下駄を履き違へて帰つて居たのであつた。私は赤面しながら散々詫びを言つて帰つた。


富田林市、河内長野市は当店の買い取り推進地区でございます。梅雨半ば、御整理に古本、古書の売却や、コレクションの整理等を何とかなさいませんか。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店に是非ともご連絡、ご相談下さい。お出かけ御無用です。準備も御無用です。今そのままで良いのです。年中無休の無料出張買取体制で頑張っております。夜中でもご連絡ください。夜間買取多数。早朝買取もいたします。お客様のライフスタイルに柔軟に適応します。買取実績凄く多数です。只今昔の和本、明治の本や、大正の本、または昭和の本、平成の本、過去の本色々、絶版文庫、単行本、一般書、専門書、学術書、個人全集、全集、画集、雑誌など、多くの本や資料を求めています。何が価値あるか、とてもめまぐるしい時代です。なにも捨てず古本屋を読んでください。捨ててしまってからでは遅いです。(ごく一部の日本文学全集、世界文学全集等に買い取りできない本がございます。日焼け、ヤニ焼けなどは買取価格がかなり安くなることがあります。) 古書・古本出張買取を強化しております。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または適正に評価、誠実に買取がモットーです。 買取のお問い合わせ にて承っております。あらゆる地域からの宅配買取も送料当方負担で絶賛大歓迎中、ご連絡を。



このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

このページの先頭へ