半七さん

本好きの人はその内容だけでなく、装丁や挿絵などにも愉しみを見出します。さらに本自体、つまり印刷や製本にも好みが出たりします。

昔から精興社の活字印刷は細身の字体が美しいので愛好する人が多い事は、以前書いたかもしれません。

それと同様に、美術書などの印刷の美しさでは、半七写真印刷工業株式会社が有名です。

創業者の田中松太郎は美術印刷の草分けで、明治時代、ヨーロッパに十年余り滞在して、その技術を日本に伝えたと言います。

その十年という長い年月、奥さんが辛抱強く待ち続けたので、浄瑠璃の「艶容女舞衣(はですがたおんなまいぎぬ)」の女主人公お園の「今頃は、半七さん、どこでどうしてござろうぞ」と夫の半七を待ちわびる有名なクドキから、開業当初、田中半七製版所という社名にしたそうです。

何とも洒落た社名のつけ方です。



藤井寺市、千早赤阪村は当店の買取重点地域です。夏への御整理に向けて、古書、資料、雑誌、CDコレクション等の売却をお考えでしたら、ぜひ大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にご相談、ご命じ下さい。只今明治以前、明治の本や、大正の本、昭和の本、平成の新しい本、落語の本など、いろんな本を探しています。日曜祝日返上で日夜、無料出張買取、無料見積もりしています。夜間の買い取り大歓迎。早朝買取もいいですね。ご遠慮なく。買取実績多数。店主の池崎潔史が必ず訪問させて戴きます。(全集類、たとえば日本文学全集など、それのみでは買取できないときもあります。本の状態も、かなり大切な要素になります。切り取りや、ひどく書き込みのある本はどうしてもお安くなってしまいます。) 古書・古本出張買取を強化しております。適正な査定、誠実に買取。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて承っております。ご遠方からの宅配買取も大歓迎、メールでお問い合わせの上、何卒よろしくお願いします。送料着払い。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

このページの先頭へ