賢治巻き込まれる

宮沢賢治が順調だった花巻農業学校の教師生活を突然辞めて、羅須地人協会という不思議な組織を地元に作って無償の農民指導を生きがいにしはじめたのは、実に運命に導かれてとしか言いようがありません。



学校をやめる経緯はちょっと「坊っちゃん」みたいです。選挙があって、農学校校長だった人が賢治の父親(地元の名士)に投票すると言っておきながら、他の候補に投票したという話が広がり、それを聞いた賢治の同僚教師が義憤にかられて校長を張っ倒して大騒ぎになったのです。この騒ぎがきっかけの一つになって賢治は学校をやめたとのことです。



昔の地方選挙は誰が誰に入れたかということは筒抜けみたいなところがあり、宮沢賢治もそれに巻き込まれた格好です。まあ、これがなかったら宮沢賢治の運命も相当変わっていたでしょうね。



宝塚市の古本出張買い取りサービスはぜひとも池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。高価買取月間好評絶賛全力推進中。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。できるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙の資料的なものは大切です。昔の車や家電製品のチラシやカタログなどは大切です。親切丁寧にそのままの状態で査定させていただきます。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

このページの先頭へ