ムズムズ

昨日は大阪古書組合での市会でした。ソーシャルディスタンスを踏まえた本の展示にも慣れてきました。ただ、知り合いの業者さんとは情報交換などで、つい話が弾んだりして、静寂を保てない瞬間もあります。そういう場合は外に出て、館内はあくまで会話も控えめにの気持ちが大事でしょう。



古本屋さんは概して話し好きの人が多いので、口がムズムズします。



豊能郡能勢町の古本出張買い取りサービスは、大阪府下全域が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。店主の池崎潔史がご自宅や書庫、会社、事務所等に無料出張、無料査定いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても年中無休、何時でも承っております。量の多少にかかわらず、何も捨てずに、何はともあれ捨てる前に一度お気軽にご連絡ください。高価買取月間全身全力絶賛推進中。お引越し整理、生前整理、御遺品整理も御用命下さいませ。何千冊、何万冊単位の大量でも少量でもホントに大歓迎です。



タグ

2020年6月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古本 大阪 市会 買取

夢疲れ

歳を取ると夜、眠れないとか眠りが浅くなるとか、目覚めるのが早くなるとか、時々聞きますね。ところが私は呑気なのでしょうか、実によく眠れます。この頃のように古書組合に出かける事がなくなると、油断すると目覚めるのが昼近い時がたまにあります。( まあ、夜ふかしもしてるんですけど )



基本ぐっすりですが、夢もよく見ます(矛盾してる?)。一眠りの中で何本か見る事もあったりして。流石にそういう時は寝覚めが少し悪い。疲れたみたいにちょっとボーッとしてしまいます。寝て疲れるはずはないので、これは夢のせいだと思います。



この状態を自分では「夢疲れ」と名付けたのですが、この言葉、無いみたいですね。ググっても出てこない。大きな国語辞典が手近にないのでわかりませんが、辞書にも載ってないかも。



「夢疲れ」、ちょっと良いでしょう。季語にするなら「春」でしょうね。春眠暁を覚えず。



と思ってたらこの俳句を発見してしまいました。



春雪に黒き足跡夢疲れ  小檜山繁子



うーん、すでに使われていたか。しかし良い句です。





豊能郡能勢町の古本出張買い取りサービスは、大阪府全域が地盤の、大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にどうかおまかせ下さい。量の多少にかかわらず、お気軽にお電話、メール、FAXなどでご連絡下さい。年中無休。24時間受け付けています。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ もせいぜいご利用ください。お客様のご都合に合わせます。何も捨てないでお見せ下さい。引っ越し整理もお任せ下さい。生前整理や御遺品の整理もさせていただきます。数万数千単位の大量でも少量でもホント、心から大歓迎。高価買取月間強力に絶賛推進中。

タグ

読まなくてよい

昔はよく読まれたのに近頃はさっぱりという著作家が沢山います。評論家に特に多い。亀井勝一郎や倉田百三、下村湖人、和辻哲郎なんかがすぐに思いつきます。小説作家などはある期間をおいて再評価や読み直しされることがママありますが、評論家はめったにありません。当時の入試問題などによく出されたので逆恨みを受けているのかもしれません。



その和辻哲郎の本をパラパラ眺めていると「犬の社会」という文に出くわしました。飼い犬や近所の犬などの生態を見ながらの感想なんですが、「犬の社会」と大風呂敷を広げるところが和辻らしい。時代を感じさせる内容でもあります。



娘のために犬を買いに行きテリアを買ったところ、店の人に「寒いですからお供をおつけしましよう」と雑種の子犬を一匹つけてくれたとあります。今では信じられませんね。そのテリアが死んだことは書かれていますがお供の犬のことは一切書かれていません。ちょっと腹が立ってきますよね。更に近所に雑種の嫌な感じの犬が出没するので、出入りの植木屋さんに遠い場所に捨てに行かせたとか、その犬がまた帰ってきたので「今度は帰ってくる恐れがないように、大学病院の実験犬に寄付した」とか平気で書いています。



そして菊判全集の15ページを費やする「犬の生活」が述べている事は、犬にはテリトリーがあるらしい、というただ一つのことだけなのです。アホらしい。



この偉そうなところが読まれないのも当然という気がします。



豊能郡能勢町の古本出張買取サービスは大阪全域が地盤の池崎書店にぜひお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、もしくはメール、FAXをしてください。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休で24時間受け付けています。本や雑誌の買取経験豊富な店主が、無料出張、丁寧に無料査定、適切にご相談に応じます。何も捨てないで下さい。捨てたものにえてしてお値打ちが。お引越しの本整理、生前整理や御遺品整理も承ります。高価買取強化月間。何万冊、何千冊の大量も少量も大歓迎。

タグ

今年最後の

昨日は大阪古書会館で阪神古書ノ市の出品荷物を協働してトラックに積み込み、十三の配送センターへ持ち込みました。その後ふたたび大阪古書会館での今年最後の市会へ。あっと驚く本が一冊、出品されて市会は静かにヒートアップ。今年の締めくくりに相応しい華やかさでした。



豊能郡能勢町の古本の出張買取サービスは、どうか大阪の全地域が地盤の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にご連絡、ご用命ください。買取経験豊富な店主がお客様のご予定に応じて無料出張、丁寧に無料査定いたします。何も捨てずに量の多少にかかわらず、御用命ください。お捨てになったものにお宝があるものです。お引越しの整理や生前の整理、御遺品の整理もお任せ下さい。万冊単位の大量でも少量でもホントに大歓迎。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にて24時間承っております。p>

タグ

2019年12月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古書 古本 大阪 買取

くれぐれも

また千葉をはじめとした関東、東北に集中的に大雨が降りました。千葉、埼玉や茨城、福島県などには親戚や友人たちが大勢住んでいます。ちょっとした地域のズレで浸水したり助かったりがあるようです。くれぐれも気をつけてください。



豊能郡能勢町の古本出張買い取りサービスはぜひとも大阪が地元の池崎書店にお任せ下さい。大阪府古書籍商業協同組合加盟店の池崎書店にお気軽にお電話、メールください。店主がご自宅やお勤め先、倉庫などに迅速に無料出張査定、無料出張買取いたします。お問い合わせは古本・古書買取直通ダイヤル090-3990-1086、または 買取のお問い合わせ にても承っております。年中無休24時間承っています。量の多少にかかわらず、お気軽にどうぞ。できるだけ何も捨てないでください。お捨てになったものに思わぬ値打ち物がよくあります。特に紙のものは大切です。そのままの状態で査定させていただきます。お引越し整理、生前整理、御遺品の整理も御用命下さいませ。大量でも少量でもホントに心から大歓迎。

タグ

2019年10月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:古書 古本 大阪 買取

このページの先頭へ